スポンサーリンク

梼原に今も残る、「坂本龍馬・脱藩の道」を歩く

坂本龍馬 脱藩の道 史跡

細かく見るなら、ガイドツアーへの参加がお勧め

龍馬の脱藩に同行した沢村惣之丞(さわむら そうのじょう)の口述記録によると、正式な「坂本龍馬・脱藩の道」は、土佐の高知から梼原、伊予の大洲・長浜、そして長州の下関に至る道のりだ。

ゴールは、後に龍馬が妻のおりょうと短い至福の時間を過ごす、「自然堂」のあった白石正一郎邸になる。

もちろん当時は船で最短距離に近いルートを辿ったと思うが、国道優先でナビゲーションすると、その距離はなんと500キロ弱。それにしても、龍馬は本当によく歩く(笑)。

梼原に残る「脱藩の道」の見どころ

モデルルートは以下の通り。

千枚田―(徒歩30分:3km)→道の駅ゆすはら―(徒歩20分:2km)→那須俊平・信吾邸跡―(徒歩10分:1km)→六志士の墓―(徒歩10分:0.5km)→旧掛橋和泉邸―(徒歩10分:1km)→神幸橋(みゆきばし)―(徒歩20分:2km)→ 維新の門群像 ―(徒歩40分:4km)→宮野々番所跡―(徒歩2時間:8.5km)→茶や谷の茶堂―(徒歩15分:0.5km)→松ヶ峠番所跡―(徒歩2時間10分:6km)→韮ヶ峠(愛媛県境)

脱藩の道

ただしこれを合計すると、片道28.5キロ、徒歩だと約7時間近くかかる計算になり、よほどの健脚でなければ完歩するのは難しい。

もちろん筆者はクルマで周った(笑)。

三嶋神社

ただ肉体のしんどさよりも、「脱藩の道」の見どころは深い知識を要するため、自力ではなかなか理解しにくいと思う。

そこでお勧めしたいのが、梼原町役場が実施している「坂本龍馬脱藩の道 ウォーキング」と題したガイドツアーだ。

坂本龍馬脱藩の道 ウォーキング

梼原町内中心部にある、坂本龍馬等ゆかりの史跡を約1時間半から2時間かけてガイドが案内して回るウォーキングガイド。

希望があれば、野越え(脱藩の道 梼原町の入口)から韮が峠(県境)までの案内も可能(別途料金が必要)。

料金 :ガイド1名につき3千円 (ガイド1名につき10名程度受け入れ)
期間・時間 :申し込みに応じて随時

<問合せ先>
坂本龍馬脱藩の郷 ゆすはらであいの会
TEL:0889-65-1187

 詳細は梼原町役場のオフィシャルサイトで確認を。

韮ヶ峠

ガイドツアーで行けなかった場所は、後からクルマで周ればいい。ちなみにガイドブックでよく見る韮ヶ峠は、梼原総合庁舎からクルマでも30分はかかる。

坂本龍馬・脱藩の道
車中泊旅行ガイド

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました