坂本龍馬・脱藩の地 梼原の見どころと車中泊事情

坂本龍馬 脱藩の道 史跡
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、原稿作成のためのメモ代わりに書き残してきた「忘備録」を、後日リライトしたものです。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

行けば分かる。龍馬が梼原を脱藩の道に選んだ理由

龍馬が土佐を脱藩したのは28歳の時。

その事を聞いた武市半平太が、龍馬は「土佐の国にはあだたぬ奴だ」と語った話は有名で、「あだたぬ」とは土佐弁で包容しきれぬ人という意味を持つ。

坂本龍馬 脱藩の道

龍馬が脱藩を決意した理由は、武市半平太を軽視する吉田東洋暗殺に反対だったからとする説と、長州主導の急進的な改革を目指す攘夷派の、京都挙兵計画に魅力を感じ、郷里に見切りをつけたとする説などがあるようだが、いずれにしても土佐藩の旧態然とした体質への嫌気が、その背景にあったことは確かだろう。

龍馬の脱藩については、他にも面白い逸話が残されている。

坂本龍馬 脱藩の道

それは松ケ峠の番所で、「坂本龍馬、まかり通る」と言い残し、堂々と番人の前を過ぎ去ったという伝承だ。

同時にその話は、ある疑問へと我々を導いてくれる。

そもそも、なぜ龍馬は梼原(ゆすはら)を脱藩の道に選んだのだろう。

龍馬伝ドラマ館

実はこの道を通り、龍馬より先に土佐藩を脱藩した人物がいた。

それは「龍馬伝」で、要潤が好演した澤村惣之丞(さわむらそうのじょう)。惣之丞は京都挙兵計画に参加すべく、吉村寅太郎と共に既に脱藩を果たしており、同志を募るために再び土佐に戻っていた。その誘いに乗ったのが龍馬だ。

二人は土佐勤王党を通じた旧知の仲で、この後、惣之丞は龍馬の右腕として海援隊でも大いに手腕を発揮する。

梼原の見どころ

維新の門群像

梼原に残る坂本龍馬関連の見どころといえば、まずは「維新の門」だろう。

中には梼原町にゆかりのある六志士に、坂本龍馬、澤村惣之丞を加えた8名のリアルな群像がある。

韮ヶ峠

そして「脱藩の道」の梼原最終地、土佐と伊予の国境がある「韮ヶ峠」。龍馬もここを抜けて行ったが、現在でも韮ヶ峠は高知県と愛媛県の県境である。

四国カルスト

時間があれば、そのまま高知県と愛媛県の県境に広がる、日本最大級のカルスト高原「四国カルスト」にも足を伸ばそう。晴れていれば、素晴らしい山の景観が見られる。

梼原の車中泊事情

道の駅ゆすはら-温泉前駐車場

市街地から3キロほど離れたところに、温泉が隣接する「道の駅 ゆすはら」がある。梼原は他の観光地から孤立しているため、最初からここで1泊するつもりで行くほうがいいと思う。

大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD-BOX1+2+3+4 全48話 25枚組全巻
福山雅治 (出演), 香川照之 (出演) 形式: DVD
¥ 14,500(2019/10/30 08:49時点)
タイトルとURLをコピーしました