これがお勧め! 四国ならではのコンテンツ 

阿波踊り 1.四国
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊ならではの旅」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

都会が忘れてしまったもの。

世界から見れば日本という国自体がそうなのだが、「島国」というのは、とかくユニークな「文化」が育まれる。それは狭い日本の中でも同じで、北海道・九州・四国のどこを見ても当てはまる。

道後温泉

日本列島を10往復した今の筆者は、本州以外を旅する妙味が、その地方に残る「文化」と触れ合うことにあると思っている。

「文化」というのは、世代を越えた多くの人たちが、長い時間を費やすことによって育つ樹木のようなものだが、それは「いかに少ない人手で、短期間に高い成果を生むか」を競う、現在の都会が失ってしまった価値観だ。

ゆえに「葉物」だらけのアスファルトのうえで生きる人の中には、それに違和感を覚え、そこを後にする人もいる。

だが橋やトンネルの向こうでは、都会が捨てた「手間暇のかかる生業」が昔も今も営まれている。

そこに在るのは「果実」。だだきれいなだけのヘナヘナした葉っぱではなく、少々見た目は悪くても、ずっしりとした重みのある世界だ。

本来、昨日まで良かったものは、明日になっても変わらない。そう信じてきた人たちの想いが「文化」であり、人を引きつける魅力の根源だと筆者は思う。

四国ならではのコンテンツ 一覧

※このコンテンツは書きかけです。

釜玉うどん

讃岐うどんの食べ方比べ

ニッポンの温泉館

皇室御用達の部屋があり、ジブリが「千と千尋の神隠し」制作のために訪れた「道後温泉本館」の魅力を知る。
道後温泉の概要と車中泊事情
クルマ旅専門家が、ガイドブックには出ていない、道後温泉の概要と車中泊事情を詳しく紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました