スポンサーリンク

瀬戸大橋の途中で車中泊ができる「与島PA」

与島PA SA・PA・HWO

夕日と朝日が見られるビュースポット

瀬戸大橋が展望できる車中泊スポットは、岡山県の「鷲羽山展望台」、香川県の「道の駅 瀬戸大橋記念公園」、そして所在地は香川県だが、実質的にはその中間に位置する「与島PA」の3つだが、迫力においては、まさに膝下にあたるここに勝るところはない。

瀬戸大橋

また本州側に沈む夕日と、四国から昇る朝日が見られるビュースポットとしても有名で、それを目当てに車中泊する旅行者も多いようだ。

とはいえ、駐車スペースは300台以上あるので、夜間は満車までには至らないだろう。

ただし橋を通る車両の騒音は、通常のSAよりもかなり大きい。そのためポップアップルーフのフレンディーで車中泊をした時には寝付けなかった(笑)。

施設は上下線共通になっている。

第1駐車場に隣接する与島プラザには、フードコート、売店、うどん店、インフォメーションなどがあり、展望台からは瀬戸内海特有の多島美と、行き交う大小さまざまな船舶を見ることができる。

2017年夏にリニューアルオープンしたセルフうどん店「架け橋夢うどん」では、かけうどん、ぶっかけうどん、釜玉うどんなど、本場の讃岐うどんメニューを9種類用意しており、鳴門金時の天ぷらとともに好評を博している。

ただし営業時間は10時~ 16時(休日17時)。なおフードコートは21時まで営業している。

道の駅ガイド 中国・四国 (昭文社ムック)
昭文社 旅行ガイドブック 編集部
¥ 734(2019/05/08 06:30時点)

車中泊で旅する、初めての「四国」

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集  楽天市場の四国特産品 特集!
タイトルとURLをコピーしました