道の駅 ふれあいパークみの 車中泊好適度チェック!

道の駅ふれあいパークみの道の駅
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

2019年4月から、入浴料1500円を実質900円に値下げ

地方の道の駅に併設する温泉の相場と云えば、高くても700円ほど。と油断して事前に調べずやってくると、目を丸くする(笑)。

そのせいか、2019年4月からは実質900円になったようだ。

だが、それもいろいろとサイトを調べてようやくわかった話。これもまた香川県らしいといえばそれまでだが、とにかく「香川県には道の駅の常識は通用しない」と思っておいたほうがいい。

ふれあいパークみの

そもそもここは、道の駅というより宿泊レジャー施設「ふれあいパークみの」の駐車場の色彩が強く、あのウィキペディアでさえ説明コメントが記載されていないほど、書くことがない(笑)。

道の駅 ふれあいパークみの

奥にある物産館が「道の駅」の駅舎だが、17時に閉店する。

物産館の中は簡素な土産物売場と喫茶コーナーがあり、その奥に情報スペースがある。

24時間使える野外トイレは、物産館から駐車場をはさんだ反対側の端にある。

道の駅 ふれあいパークみの

駐車場は温泉利用者でなくても利用できるが、夜間は警察がよく巡回しているようだ。ここは主要幹線道路から離れており、静かな反面、人の出入りも少ない。

ただ気になったのは野犬だ。この時はノーリードの飼い犬かと思ったが、帰宅後この道の駅を調べてみると、どうやら付近には野犬がいるらしい。

香川県の道の駅は、概ねどこも公園と隣接しているが、それからして道の駅の在り方が偏っている。

国交省が整備する「24時間使える駐車場とトイレを備えた道の駅部分」は、道路利用者の休憩施設を主たる目的にしたものであって、そこにプラスアルファで自治体が何を付加しようが自由だが、本来の「道の駅」が機能していることが前提になる。

つまり「一丁目一番地」の認識が間違っているから、代わりに暴走族や野犬がやってくるようなことになる。

【車中泊好適度!チェック】
1.駐車場の平坦性=○
2.駐車場のキャパシティー=○
普通車:187台
3.ゴミ箱の有無=☓
4.旅行情報の充実度=○
5.付帯設備の充実度=○
6.周辺の車中泊環境=△

【最寄りの温泉】

いやだに温泉大師の湯 併設

最寄りのスーパーは、クルマで15分ほどの「マルナカ高瀬店」。

Ps

「父母ヶ浜」を見てから車中泊をするなら、ここよりも「道の駅ことひら」のほうがいいと思う。正確な情報をあげているので、ぜひ参考に。

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
タイトルとURLをコピーしました