道の駅 くるくるなると 車中泊好適度をクルマ旅のプロがチェック!

道の駅くるくるなると道の駅
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。
スポンサード・リンク

「道の駅 くるくるなると」は、徳島側の大鳴門橋に一番近い道の駅

道の駅くるくるなると

道の駅 くるくるなると【目次】

「道の駅 くるくるなると」のロケーション

大鳴門橋

2022年4月29日に、徳島県鳴門市を走る国道11号沿いにオープンした「道の駅 くるくるなると」は、まさに徳島県のゲートウェイと呼ぶにふさわしい立地に誕生した待望の道の駅だ。

淡路島を結ぶ「大鳴門橋」を渡るには、高速道路の「神戸淡路鳴門自動車道」を通る必要があるが、「道の駅 くるくるなると」は「鳴門インター」から約3キロ・5分ほどのところにある。

鳴門のうずしお

云うまでもなく近隣の見どころの筆頭は「鳴門のうずしお」だが、それついては以下の記事に詳しくまとめているので参考していただきたい。

ただ「道の駅 くるくるなると」は、淡路島を結ぶ「大鳴門橋」から約15キロ・クルマで15分ほど離れているため、道の駅からその姿は望めない。

鳴門海峡の眺望を楽しみたいなら、淡路島側の「大鳴門橋」の袂にある「道の駅 うずしお」がオススメだが、風が強い日が多いのと駐車場に傾斜があるため、あまり車中泊には適していない。

そのため「道の駅 くるくるなると」は、淡路方面から来るなら「鳴門海峡」を見た後、逆に徳島方面からは鳴門観光をする前に車中泊で利用するのがいいだろう。

阿波おどりミュージアム

「道の駅 くるくるなると」の近くには、阿波踊り会館や日本100名城に名を連ねる徳島城跡などの見どころも揃っている。

「道の駅くるくるなると」の施設

道の駅くるくるなると

取材したのがオープン日だったため、混雑していて細かいところまでは見られなかったが、収容台数150台以上を誇る「道の駅 くるくるなると」の駐車場は、2ヶ所に分かれている。

場所によっては傾斜もあるようだが、車中泊に大きな支障はなさそうだ。

道の駅くるくるなると

こちらが普通車専用の駐車場。メインの駐車場より静かそうだが、トイレ棟からは離れている。

道の駅くるくるなると

もちろんトイレはウォシュレット(笑)。

道の駅くるくるなると

「体験型食のテーマパーク」をキャッチフレーズにしている「道の駅 くるくるなると」の特徴は、圧倒的な品揃えを誇る物販スペースだろう。

道の駅くるくるなると

本格的な調理場を構えた鮮魚コーナー。

道の駅くるくるなると

さらには阿波牛の精肉売り場も。

ここまで来ると、もはや道の駅というより、食品スーパーも通り越して、「デパ地下」に近い。

道の駅くるくるなると

トドメは「最後尾こちら」のプラカード。

開店初日とはいえ、その用意の良さには驚いた(笑)。

道の駅くるくるなると

さて。

関係者は年間50万人の来場を目論んでいるというが、その主力となりそうな京阪神の観光客は、既に「この手の店」は見慣れている。

しかも大阪は今でも「天下の台所」だ。

道の駅くるくるなると

となると、地元客だけでこの値段の商品を継続的にさばいていけるのか…

道の駅いたの

さらにクルマで15分ほどのところに、同じように食をテーマにしている「道の駅いたの」がある。

それらを考えると、むしろ時代のトレンドともいえるSDGsとは逆の方向性を感じさせる「道の駅 くるくるなると」を、手放しで「これは素晴らしい」と思えないのが正直な感想だ。

道の駅くるくるなると

ただテイクアウトが増えることを予想してか、可燃物のゴミ箱が分かりやすい場所に置かれていたのが救い。

しかし「ゲートウェイ」的視点で云うなら、観光案内所くらいはあってもまったくおかしくはないだろう。

同じような環境にある、この「道の駅 伊豆ゲートウェイ函南」と較べてみてほしい。

端的に云うなら、これが地方と首都圏との違い。全部コンサルまかせではなく、こういうところは積極的に学んだほうがいい。

「道の駅くるくるなると」の車中泊好適度

1.駐車場の平坦性=○
2.駐車場のキャパシティー=○
普通車:152台

3.ゴミ箱の有無=○
4.旅行情報の充実度=○
5.付帯設備の充実度=○
6.周辺の車中泊環境=◯

道の駅くるくるなると」 オフィシャルサイト

「道の駅くるくるなると」の最寄りの温泉&周辺の買い物施設

鳴門天然温泉 あらたえの湯
道の駅から約5キロ
☎088-676-2611
大人平日700円・土日祝850円
8時~24時(受付最終23時)・不定休

コンビニ
ローソンまで約140メートル(徒歩圏内)。

スーパーマーケット
「エムアンドエムマルナカマート」が約1.7キロのところにある。

「道の駅くるくるなると」のアクセスマップ

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。

「アラ還」からの車中泊

この記事がよく読まれています。

RENOGY(レノジー)リチウムイオン サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
車中泊で使用するサブバッテリーに、リチウムイオン・バッテリーを載せ替え、また新規搭載する際の留意点をご紹介。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
クルマ旅のプロが解説する、アネックス社のハイエース・キャンピングカーWizの詳しい実使用レポートです。
車中泊時に、アンテナなしでもBS放送が見られる「SLING BOX(スリングボックス)」
クルマ旅のプロが愛用している、車中泊地でアンテナなしでも地デジとBS放送が見られる「SLING BOX(スリングボックス)」をご紹介。
車中泊クルマ旅は、日本の新しい「旅のカタチ」
自由奔放。行きたいところに、行きたい時に、居たいだけ。そんな車中泊でクルマ旅の紹介です。
車中泊の達人
本当の車中泊の達人とは… についてのお話です。
タイトルとURLをコピーしました