「ノーフォーク広場」 門司港に近い穴場の無料車中泊スポットを、クルマ旅のプロがチェック! 2023年1月更新 

ノーフォーク広場福岡県のお勧め車中泊スポット

【2023年1月更新】
車中泊旅行歴25年のクルマ旅専門家がまとめた、北九州市門司区にある「ノーフォーク広場」の無料駐車場における、車中泊に関する情報です。

「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。
なお、道の駅での車中泊の可否については以下の記事を参照に。もちろん結論は「可能」です。
道の駅での車中泊は、”禁止”ではなくルールを守れば可能です。【車中泊専門家が解説】
車中泊歴25年のクルマ旅専門家が、2024年1月現在の「道の駅での車中泊が許されるルールと理由」を詳しく解説しています。
スポンサード・リンク

「ノーフォーク広場」は、門司港レトロから5分で行ける、車中泊可能な関門海峡の絶景スポット。

ノーフォーク公園

「ノーフォーク広場」の筆者の歴訪記録

※記録が残る2008年以降の取材日と訪問回数をご紹介。

2010.10.30
2011.04.26
2022.01.01

※「ノーフォーク広場」での現地調査は2022年1月が最終で、この記事は友人知人から得た情報及び、ネット上で確認できた情報を加筆し、2023年1月に更新しています。

ノーフォーク広場【目次】

門司港レトロ

「門司港レトロ」の展望室から約1.5キロ、クルマなら5分ほどで到着できる「ノーフォーク広場」は、北九州市と姉妹都市の米国バージニア州ノーフォーク市にちなんでその名前がつけられたという、関門海峡に面した風光明媚な海浜公園だ。

ノーフォーク広場

ここからは下関の町の彼方に沈む夕日と、目前に迫る関門橋の下を様々な船が行き交う、港町ならではの景色が楽しめる。

めかり観潮遊歩道

また広場からは海峡沿いに、和布刈神社まで「めかり観潮遊歩道」が通じている。

和布刈公園マップ

さらに「ノーフォーク広場」の前の道から、古城山に向かって登ったところにも、「和布刈(めかり)公園」がある。

和布刈公園

ここは関門海峡の景色もさることながら、第2展望台にある「壇の浦合戦壁画(有田焼の陶板)」が素晴らしい。

「ノーフォーク広場」の施設

「ノーフォーク広場」は思っているより広く、中央に食事処の「港屋千兵衛」を挟み、右が無料駐車場、左は「撮影スポット」とマップに印した広場になっている。

ノーフォーク広場

こちらが無料駐車場で、奥の入口の近くに24時間トイレがあり、左手前のスペースが、イベント会場等に使われる「舗装広場」になる。

駐車場は平坦で、車中泊に支障はない。

ノーフォーク広場

ただ「ノーフォーク広場」の護岸や、北側にある遊歩道は、ルアーによるシーバスや、エギングでのアオリイカが人気の釣り場になっているようなので、シーズンを迎える春と秋は、出入りするクルマが多いかもしれない。

ノーフォーク広場 トイレ

マップの①24時間トイレ。

ノーフォーク広場 トイレ

中は多目的トイレが洋式になっている。

ただし、トイレットペーパーは用意されていないので持参が必要だ。

ノーフォーク広場

いっぽう、こちらがマップに「撮影スポット」と記した広場で、夕日が見られる時間帯は人の数も多い。

ノーフォーク広場 トイレ

広場にある②の24時間トイレ。

ノーフォーク広場 トイレ

施設としては新しそうだが、①と同様に多目的トイレが洋式で、ペーパーは設置されていなかった。

トイレットペーパーホルダー

こういうケースに備えて、ひとつはトイレットペーパーを持参しよう。

周知の通り、ティッシュペーパーは水に溶けないので、大量に使用するとトイレ詰まりの要因になる。

「ノーフォーク広場」の最寄りの温泉&周辺の買い物施設

きく湯(銭湯)
「ノーフォーク広場」から約1.5キロ・クルマで5分
☎093-321-6511
おとな450円
16時〜23時・木曜定休

コンビニ
ローソンまで約1.2キロ。

スーパーマーケット
「ゆめマート 東門司店」まで約1.2キロ。

「ノーフォーク広場」のアクセスマップ

マップをグーグルナビに切り替える方法
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」をタップし、画面が切り替わったら下の「ナビ開始」をタップするとナビゲーションが始まります。 高速道路か国道にするかを選びたい場合は、「ナビ開始」ボタンの左にある「経路」をタップすると表示されます。
スポンサード・リンク

関門海峡 車中泊旅行ガイド

車中泊で旅する関門海峡

関門海峡
関門海峡 展望・観光・グルメ&車中泊ガイド【クルマ旅のプロが徹底解説!】 2023年1月更新
関門海峡の展望・観光・グルメ&車中泊スポットをまとめて紹介しています。
ノーフォーク広場
「ノーフォーク広場」 門司港に近い穴場の無料車中泊スポットを、クルマ旅のプロがチェック! 2023年1月更新 
門司港レトロに最寄りの無料車中泊スポットをご紹介。
門司 関連記事一覧
門司 関連記事一覧
これまでに取材してきた、門司に関連するすべての記事の一覧です。

福岡 車中泊旅行ガイド

車中泊で旅する福岡

関門海峡
関門海峡 展望・観光・グルメ&車中泊ガイド
関門海峡を挟んだ門司と下関を満喫する、車中泊の旅行ガイドです。
博多の屋台
博多の車中泊事情&車中泊スポット
博多の屋台を車中泊で攻略するために知っておきたい話を収録。
太宰府天満宮の見どころと、駐車場&車中泊ガイド
どこより詳しい大宰府と太宰府天満宮の情報です。
福岡県 関連記事一覧
福岡県 関連記事一覧
これまでに取材してきた、福岡県に関連するすべての記事の一覧です。
フェイスブック
インスタグラム
1必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 楽天市場の四国特産品 特集!楽天市場の九州特産品 特集!1

「アラ還」からの車中泊

この記事がよく読まれています。

車中泊クルマ旅は、日本の新しい「旅のカタチ」
自由奔放。行きたいところに、行きたい時に、居たいだけ。そんな車中泊でクルマ旅の紹介です。
車中泊のお勧めグッズ&アイデア 一覧
これまで取材してきた、車中泊のお勧めグッズとアイデアの一覧です。
【車中泊のゴミ対策】道の駅で車中泊旅行中に出るゴミを捨てるのはOK!<クルマ旅のプロが解説 2022年12月更新> 
【2022年12月更新】車中泊旅行歴25年のクルマ旅のプロがまとめた、道の駅での旅行ゴミの処分に関する記述です。
車中泊用サブバッテリー リチウムイオン載せ替え&新規搭載ガイド【クルマ旅のプロが解説!】
クルマ旅のプロがまとめた、実体験に基づく車中泊用サブバッテリーのリチウムイオン積替え&新規搭載のためのアドバイスです。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
車中泊旅行歴25年の現役のクルマ旅専門家・稲垣朝則が実践している、車中泊旅行スタイル「Auto-Packer(オートパッカー)」の、”プロモデル”として使われているハイエース・キャンピングカーWizの実使用レポートです。
タイトルとURLをコピーしました