スポンサーリンク

車中泊クルマ旅で、日本の歴史舞台を訪ねてまわる

川中島古戦場
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊ならではの旅」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。

3つの切り口から歴史舞台に迫る

関ヶ原

旅を面白く、また有意義なものにするには「テーマ」が必要だ。

ある人にはそれが「温泉」であったり、「食べ歩き」だったりするわけだが、「歴史舞台」もそのひとつになりうる題材だと思う。

ただ、歴史舞台の範疇は広い。

そこで3つの切り口から、日本の歴史舞台を訪ねる旅を考えてみた。

一番のお勧めは「大河ドラマ」ゆかりの地めぐり。

茶臼山 大阪

歴史舞台には「お城」や「寺社仏閣」もちろん、「古戦場」から「生家」や「寓居」まで含まれるわけだが、それらを結びつけている大元は、後世に名を残した「偉人」だ。

基本的に「歴史舞台」を追うというのは、「偉人」の足跡を辿ることであり、「大河ドラマ」は、それを専門家が入念にリサーチして制作されている。

つまり「大河ドラマ」には、個人では到底調べられないような、マニアックなゆかりの地までが盛り込まれており、それを旅に活用しない手はあるまい。

もちろん一番良いのは、その偉人のドラマを放送している年に、ゆかりの地をめぐることだが、たとえ旅が後年になったとしても、歴史は変わらないし、風化するものでもない。

それにヒーローは、何度でも蘇る(笑)。

歴代大河ドラマ 一覧

寺田屋

さて、問題はここから。

筆者が取り組んでいるのは、その大河ドラマに描かれた歴史舞台を、どう「車中泊のクルマ旅」に仕立てあげるかだ。

たとえば、坂本龍馬にゆかりの深い京都や長崎では、確かに車中泊は難しいのだが、現地を実際に見てまわれば、できる場所はちゃんと見つかる(笑)。

「日帰り温泉」しかり「食事処」しかり… 

それらが歴史舞台にリンクされてこそ、「車中泊旅行ガイド」といえる。

塩浸温泉

なお地域をキーにする「日本クルマ旅先100選」と違い、偉人の歴史舞台は全国各地に飛び火している。

それを好きに追えるのも、「車中泊クルマ旅」ならではの妙味だろう。

エリア別 大河ドラマゆかりの地リスト

お城をまわれば、戦国時代の日本が見える。

中津城

大河ドラマでは戦国時代の武将がよく取り上げられる。

すなわち、歴史舞台には「お城」が付き物。

「大河ドラマ」に描かれない歴史コンテンツ

吉野ヶ里

それは日本の古代史だ。

最古の古文書である「古事記」と「日本書紀」は奈良時代に編纂されているのだが、そこに記された内容と実際の史実には数多くの矛盾がある。

だが1300余年の歳月を経た現代は、飛躍的な科学技術の進歩と、インターネットによる情報の拡散により、閉ざされてきた古代の扉が徐々に開きつつある。

それは「ディスカヴァー・ジャパン」を極めたい旅人にとって、何よりの「朗報」といえる。

特に九州と出雲を旅する人には、お勧めしたい内容だ。

エリア別 古代遺跡リスト

タイトルとURLをコピーしました