淡路島名物「干たこ」で作る、極上のたこ飯レシピ

郷土料理
スポンサーリンク
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊ならではの旅」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

天日干しで、タコに「旨味成分」を凝縮

明石海峡で捕れる魚介で、鯛と人気を二分するのがタコだ。

瀬戸内海は潮の速さや流れが激しく、海底の砂が巻き上げられる。その砂に含まれるたくさんの栄養によってプランクトンが発生し、そのプランクトンをエビやカニが食べに来る。

明石のタコ

それらを餌にしているタコは、潮流に揉まれて身がひきしまり、エビやカニを食するために、噛めば噛むほどに香ばしい旨味と独特の食感が味わえる…

これが「明石のタコ」がうまいとされる「原理」である。

干たこ

その「明石のたこ」をさらに極めた食べ方が、昔から淡路島に伝わる「干たこ」らしい。

海産物は天日干しすることでタンパク質の一部がアミノ酸に分解され、旨味成分が凝縮されることは知られているが、こんなタコの干物は初めてみた(笑)。

また「干たこ」をたこ飯に使うと、ご飯が炊き上がって時間が経っても生臭くならないメリットもあるという。

「干たこ」のたこ飯 レシピ

①「干たこ」一枚を水洗いして、はさみで適当に切り、できれば一晩(最低2~3時間)、「干たこ」が漬かる量の水につける。

時間が経つと、漬け汁に旨味が染み出してくるのが分かる

②戻し汁に昆布を加え、さらにしょうゆ、みりん、酒を入れてダシを作る。
③炊飯器に3合の米と、ダシ・「干たこ」・土しょうがの千切りを加えてご飯を炊く。なお、「干たこ」を入れても水加減はいつも通りでOK。

干タコのたこ飯

炊き込みご飯とは違い、あまり具材を加えずシンプルに作るほうが、「干たこ」特有の旨みが際立つ。「干たこ」には驚くほどの柔らかさが戻っていた。

なお、この「干たこ」は、淡路島の「道の駅 福良」で買える。

クルマ旅のプロが解説する、車中泊で行く淡路島の旅行ガイドは、こちらかご覧いただけます。
車中泊で行く淡路島。
淡路島の車中泊スポットと見どころをクルマ旅のプロが分かりやすく紹介します。
タイトルとURLをコピーしました