スポンサーリンク

「函館発展の恩人」高田屋嘉兵衛が眠る、ウェルネスパーク五色・高田屋嘉兵衛公園

ミュージアム
高田屋顕彰館・歴史文化資料館

北海道を旅する人にお勧めしたい資料館

「ウェルネスパーク五色」は、淡路島西岸にある島内指折りの大型レジャー施設だが、同時に洲本市五色町出身の江戸時代を代表する海運豪商・高田屋嘉兵衛が眠る公園でもある。

函館の高田屋嘉兵衛 銅像

高田屋嘉兵衛
※オフィシャルサイトより転記

高田屋嘉兵衛は1769年(明和6年)、淡路島五色町の貧しい農家の長男として生まれた。 幼い頃から海に親しみ、船を愛した嘉兵衛は、やがて優秀な船乗りとなり、大坂から蝦夷地へ至る西廻り航路で交易する廻船問屋として活躍を始める。

28歳で1500石積の大船辰悦丸を建造して独立。当時はまだ寒村に過ぎなかった箱館を拠点に、単なる商人としてだけではなく、幕府の要請を受けてエトロフ島とクナシリ島間の航路を拓くなど、北方の開拓者としても優れた功績を残した。

その生涯の絶頂期に、不運にも巻き込まれた「ゴローニン事件」では、自らが囚われの身となりながら、その英知と勇気と人間愛に貫かれた「高田屋外交」で、日露両国の和解を成し遂げている。

「ウェルネスパーク五色」の一画には、嘉兵衛の生涯をわかりやすく紹介している「高田屋顕彰館・歴史文化資料館」がある。

高田屋顕彰館・歴史文化資料館

高田屋顕彰館・歴史文化資料館
☎0799-33-0354
入場料:大人500円
開館時間:10:00~17:00
休館日:火曜日
これを見ておくと、函館が面白くなる。北海道に行く予定がある人は、日帰り温泉に行くついでに、ぜひ足を運んでみていただきたい。

箱館高田屋嘉兵衛資料館

函館の「金森倉庫」の一画にある箱館高田屋嘉兵衛資料館

資料館は淡路島のほうが立派だが、高田屋嘉兵衛の業績は、函館のほうが広く認知されているように感じた。

なお「ウェルネスパーク五色」には、高規格オートキャンプ場が併設されており、サブバッテリーの充電が必要な人にはお勧めだ。
「高田屋顕彰館・歴史文化資料館」の見学は、退屈しのぎにちょうどいい(笑)。
ウェルネスパーク五色オートキャンプ場 車中泊好適度をクルマ旅のプロがチェック!
淡路島で釣りと車中泊キャンプが楽しみたい人にお勧めの、「ウェルネスパーク五色オートキャンプ場」に関する記述です。

最後に。

高田屋嘉兵衛の生涯を描いた司馬遼太郎の作品が「菜の花の沖」。1985年度の大河ドラマの候補にも挙がったというが、2019年は高田屋嘉兵衛生誕250周年ということで、このチャンネルで2000年に放送されたドラマが見られる。

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました