スポンサーリンク

淡路島に残る平清盛ゆかりの地 「絵島」 

平清盛
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊ならではの旅」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

道の駅あわじからクルマで約5分

淡路島の北端にある岩屋漁港の一角に位置する「絵島」は、別名「おのころ島」とも呼ばれている。

「記紀」の国生み神話に登場する「おのころ島」は、淡路島そのものを指すのかと思いきや、実は諸説諸々あるようで釈然としない。

それよりも、絵島に残る「平清盛の悲話」をご存知だろうか。

平清盛の野望と悲話

絵島

絵島の頂には、平清盛が「大輪田泊(おおわだのとまり)」を築造する際に、多くの若者の身代わりとして、自ら人柱となった小姓・松王丸を祀る社がある。

平家全盛を迎えた清盛は、日宋貿易を推進するため、海がある福原(神戸)に遷都する。そして現在の神戸市兵庫区に「大輪田泊」という港を築造したのだが、南東からの強風と大波に船の出入りを拒まれていた。

そのため港の沖に島を築いて防波堤にしようとするが、なかなかうまくいかない。そこで陰陽士に占わせたところ、海中の竜神の怒りを鎮めるために、30人の人柱を海に沈めよとのお告げが下る。

その時に清盛を諌め、自ら立ち上がったのが松王丸だ。

和田防

実はそれが、現在の神戸のチヌ釣りのメッカ「和田防」の元。大漁なのは、今でも龍神様が大人しくしてくれているおかげかもしれない(笑)。

清盛は淡路島、絵島の美しさについて松王丸とよく語り合ったことを思い出し、港の見える絵島の上に社を建て、心を込めて供養したと伝えられている。

絵島

ちなみに絵島は、地質学的にも珍しい約 2 千万年前の砂岩層が露出した小島で、岩肌の侵食模様が印象的。

それもあって昔から月見の名所として名高く、「平家物語」の「月見の巻」にも登場する。

西行法師の和歌

また清盛と親しかった西行法師も、「千鳥なく 絵島の浦に すむ月を 波にうつして 見るこよいかな」(山家集)と、この地で詠んでいる。

道の駅あわじ

「絵島」は「道の駅あわじ」からクルマで5分足らずのところなので、時間があれば合わせて訪ねてみるといい。ちなみに距離は片道約2キロ。気候の良い時期は行けないこともない。

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました