スポンサーリンク

道の駅 秋鹿なぎさ公園 車中泊好適度チェック!

道の駅
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

松江市街に近くて、宍道湖の湖畔にある道の駅

「道の駅 秋鹿なぎさ公園」は、宍道湖の北岸を走る国道431号、地元では「湖北線」と呼ばれる幹線道路沿いにある。

松江市街から近いと云っても、松江城から約10キロ・20分ほど離れており、利便性はさほど良くない。同じような距離に「道の駅 本庄」もあるが、いずれも歩いて夜の松江に繰り出すには遠すぎる。

ゆえに一番いい選択肢は、松江では車中泊をしなくてもいいように行動することだと思う(笑)。

それでもやむを得ず車中泊をしなければならない時に、筆者なら「道の駅 秋鹿なぎさ公園」を選ぶだろう。

車中泊好適度!チェック】
1.駐車場の平坦性=○
2.駐車場のキャパシティー=○
普通車:37台

3.ゴミ箱の有無=☓
4.旅行情報の充実度=○
5.付帯設備の充実度=△
6.周辺の車中泊環境=△
■最寄りの温泉

ちどり湯
☎0852-61-5526
10時〜22時(最終受付 21時20分)・水曜定休
大人350円
2017年5月オープン。COCO MATSUE1階にあり、立体駐車場130台を完備

近くにはコンビニやスーパーはないので、買い物は松江で済ませてから来るか、温泉に行くついでにするほうがいい。

さて。

たしかに、クルマ旅で松江を観光する人にとって、「道の駅 秋鹿なぎさ公園」は、さほど便利なところではない。

だが、アウトドアをする人は別だ。

この道の駅は裏が宍道湖につながっており、カヌーやヨットが楽しめる。またファミリー向けの足漕ぎボートのレンタルも行っている。

さらに、このような立派な炊事棟を構えたデイキャンプ場も併設している。ここと出雲郊外の「道の駅キララ多伎」を利用すれば、キャンピングカーでなくても、楽しい自炊の車中泊旅行をすることが可能だ。

料金等の詳細は、こちらのオフィシャルサイトで確認を。

なお、湖北線でも出雲大社に行くことができる。

途中までは車窓からご覧のような宍道湖の風光明媚な光景が見られ、またローカル列車の「一畑電車」とすれ違うこともある。

ドライブとしては、宍道湖南岸の国道9号を走るよりずっと面白い。島根半島のリピーターには、こちルートのほうがむしろお勧めだ。

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。

PS

ついでに「道の駅 本庄」についても触れておこう。

「松江だんだん道路」の川津ICから、国道431号を「道の駅 秋鹿なぎさ公園」と逆方向の境港方面に、約6キロほど進んだ中海(なかうみ)の湖畔にある。

敷地内に「ファミリーマート」があるのは助かるが、日帰り温泉やスーパーマーケットなどの「車中泊環境」は希薄で、いずれも松江か境港市街まで出る必要がある。それなら、いっそ境港で車中泊をするほうがいい。

安来・境港・美保関 Contents

グルメスポット 一覧

観光スポット 一覧

車中泊スポット 一覧 


境港・松江・出雲・雲南・奥出雲の総合ガイドはこちら

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました