500円で食べられる間人のブランド松葉ガニ セコガニ(コッペ)

名物・特産品・地酒ほか
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊ならではの旅」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

「通」が好む、初冬の珍味

例年11月になると、大阪でもスーパーの店頭で見かけるセコガニ。この小粒な珍味の正体は雌のズワイガニで、間人(たいざ)では、コッペの名で広く親しまれ、地域によってはセイコガニあるいは香箱ガニとも呼ばれている。

オスに比べると漁の解禁時期が短く、捕獲量も少ないので、大半は地産地消されてしまう。そのため都会では12月後半には姿を消すことが多い。

気になるのは味と食べ方だが、セコガニは浜茹で食べるのが基本だ。

プチプチした外子は独特の酸味がかった味わいで、人によって好き嫌いがあるようだが、筆者は気にせず三杯酢につけて食べしまう。味はあるようなないような… だが、独特の食感が楽しめる(笑)。

セコガニで一番美味い部分は、甲羅を剥がした中にある内子と味噌。

自宅で茹でるなら、ここが固茹でになるくらいの時間が必要だ。狙い目は1匹500円ほどの中間サイズ。特に酒の肴でいただくなら、大きめのセコ蟹を1匹1000円で買うより、2匹食べるくらいがちょうどいい…

ちなみに間人から少し離れれば、三杯1000円くらいで手に入る。

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました