スポンサーリンク

京都の夜桜ベストスポット 祇園白川

祇園白川 京都市内
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、全国各地からセレクトした「クルマ旅にお勧めしたい100の旅先」の中のひとつです。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
テーマはディスカヴァー・ジャパン 「日本クルマ旅先100選」
クルマ旅専門家・稲垣朝則がセレクトした、国内で車中泊クルマ旅にお勧めの「ベスト100エリア」をご紹介。

もっとも桜のライトアップが似合う町

祇園白川

「祇園」の代名詞とも云える花街とは、芸妓遊びのできる店を中心に形成された区域のこと。

京都では「かがい」と呼び、江戸時代から親しまれてきた。

現在市内には、6つの花街が残っているそうだが、そのうちの4つは京阪電車の祇園四条駅周辺に集中している。

幕末から明治初期にかけての祇園には、約500軒ものお茶屋が立ち並び、京都きっての歓楽街だったそうだ。

祇園

ちなみに「お茶屋」は芸舞妓を呼び、宴席を設けてお客さんを遊ばせるところで、「置屋」は芸舞妓を抱え、料亭やお茶屋さんにうかがわせるところのこと。

花見小路

祇園一帯は、京都の伝統的建造物群保存地区に指定されており、戦前の町並みが残る数少ない場所として人気を博している。

かと思えば、花見小路の突き当りには、京都五山の第三位にランクされる建仁寺がある。ちなみに北政所(ねね)が秀吉を弔うために建立した高台寺は、この建仁寺派の禅寺だ。

有名な俵屋宗達の「風神雷神図」があるのもここ。

建仁寺オフィシャルサイト

京都ゑびす神社

さらに近くには、西宮神社・今宮戎神社と並んで日本三大えびすと呼ばれ、京都では「えべっさん」の名で親しまれる「京都ゑびす神社」もある。

八坂神社

祇園祭を主宰する八坂神社を含めて、ちょっと歩けば有名な寺社仏閣があるだけに、桜の時期でなくても祇園はそれなりに楽しめる。

だが、この風情はやはり別格(笑)。

祇園白川 夜桜

しかも見学にはお金が要らない!

祇園白川 お茶屋

「一見客」が芸舞妓を呼ぶことは難しいと聞くが、日没後に通りを歩けば、運のいい人にはその様子が垣間見れるかもしれない。

ただ祇園があるのは、京都の中でも屈指といえる繁華街で、安い駐車場などあろうわけもなく(笑)、車中泊の旅人に筆者が勧めるのは、以下の駐車場から徒歩でアクセスすることだ。

「徒歩でも使える」グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
タイトルとURLをコピーしました