坂本龍馬、立志の地・萩

坂本龍馬 花燃ゆ
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、全国各地からセレクトした「クルマ旅にお勧めしたい100の旅先」の中のひとつです。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
テーマはディスカヴァー・ジャパン 「日本クルマ旅先100選」
クルマ旅専門家・稲垣朝則がセレクトした、国内で車中泊クルマ旅にお勧めの「ベスト100エリア」をご紹介。
スポンサード・リンク

龍馬が「脱藩」を決意する引き金となった出来事

坂本龍馬が初めて長州藩の城下町・萩を訪れたのは、1862年(文久2年)の1月。28歳の時だった。

土佐勤王党の党首、武市半平太の使いとして、久坂玄瑞に親書を届けにやってきたのだが、そこで龍馬は、久坂玄瑞を通じて吉田松陰が唱えた「草莽崛起(そうもうくっき)」の思想を知る。

吉田松陰

ちなみに松蔭は、1859年(安政6年)に「安政の大獄」で斬刑となっており、既にこの世にはいなかった。

草莽崛起とは…

草莽は「一市民」とか「在野の民衆」、崛起は「立ち上がれ」という意味。久坂玄瑞が武市への返事として、坂本龍馬に託した有名な書簡の中でも、以下の表現で用いられている。

竟(つい)に諸侯(諸大名)恃(たの)むに足らず。公卿恃むに足らず。在野の草莽糾合、義挙の外には迚(とて)も策これ無き事と、私共同志中申し含みおり候事にござ候

現代文にすると
もはや今の権力者たちでは本当の改革は出来ない。「身分を問わず志の高い者が立ち上がり、新しい時代を築く以外に方策はない」との考えで、我々は結束している… といったような内容であろうか…

血気盛んな萩に9日間滞在した後、土佐藩に戻った龍馬は、その後ふた月足らずで故郷を後にする。萩での経験は、まさに龍馬が「脱藩」を決意する引き金になったといえそうだ。

スポンサード・リンク

薩長土連合密議之處(さっちょうどれんごうみつぎのところ)

薩長土連合密議之處

久坂の日記には、「土州坂本龍馬、武市書翰を携え来訪」との記録がある。その夜、龍馬が宿泊したのは鈴木勘蔵宅だが、薩摩藩士の田上藤七も久坂に用があって宿泊していた。

現在、鈴木勘蔵宅跡は松陰神社駐車場の一部になっているが、そこに立つ「薩長土連合密議之處」の碑には、久坂・田上と並び龍馬の名前が刻まれている。

久坂玄瑞(くさかげんずい)

久坂玄瑞

久坂は藩医の家に生まれたが、時世に強い関心を抱き、松下村塾に学び、師である吉田松陰から「防長年少中第一流」と絶賛された秀才。

安政の大獄で松陰を失って以降、師の「志」を継ごうと、尊王攘夷運動に奔走するが、京都で勃発した蛤御門の変の直後、若くして無念の死を遂げた。

享年25歳。長州史に名を残す志士として、道の駅・萩往還の敷地内にある松陰記念館前に、師を挟むように盟友、高杉晋作と並んだ銅像が建てられている(久坂玄瑞は一番右)。

ちなみに久坂は、2015年に放送されたNHK大河ドラマ「花燃ゆ」のヒロイン・文(吉田松陰の実妹)の最初の夫。東出昌大が演じていたのを覚えている人も多いだろう。

明倫館

文武修行館

1月15日の久坂の日記には、「午後文武修行館へ遣はす」とある。

龍馬が移った「文武修行館」は、長州藩が幕末に設けた他国者のための無料宿泊施設で、現在の萩裁判所の西側にあった。

藩校明倫館

そのすぐ近くには、「西日本一」の教育施設と称えられていた藩校明倫館があり、宿泊者はここで学問を講じたり、武道の試合を行っていた。龍馬は、ここで久坂ら松下村塾生とワラ束を斬ったり、少年剣士と試合をしたという。

藩校明倫館

このように、萩における坂本龍馬の足跡は僅かしかない。

しかし、龍馬と深く関わった桂小五郎や高杉晋作などの長州藩士は、この町で生まれ育っており、その長州のルーツを知ることは、龍馬が駆け抜けた幕末を理解する上では、不可欠といえるだろう。

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました