「淀城」と「淀古城」。淀君にゆかりがあるのはどっち?

淀城 1.近畿地方

車中泊旅行歴25年のクルマ旅専門家が、豊臣の淀城と徳川の淀城の違いとエピソードを紹介しています。

「正真正銘のプロ」がお届けする、リアル車中泊歴史旅行ガイド

巌流島

この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」がまとめた、「一度は訪ねてみたい日本の歴史舞台」を車中泊で旅するためのガイドです。

※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。

スポンサード・リンク

 

~ここから本編が始まります。~

淀君が鶴松を生んだのは「淀古城」

淀古城跡

淀城跡公園 DATA

淀城跡公園
〒613-0903
京都府京都市伏見区淀本町167
現地電話なし
開城時間:終日

入場料
無料

コンセプト淀城南コインパーキング

専用駐車場はないが、淀城の南側に「コンセプト淀城南コインパーキング」がある。
収容台数:18台
料金
8時~20時:200円/60分
20時~8時:100円/60分
平日・昼間最大料金:500円
土日祝・昼間最大料金:1500円
全日・夜間最大料金:300円

淀城跡公園の筆者の歴訪記録

※記録が残る2008年以降の取材日と訪問回数をご紹介。

2018.03.29

※「淀城跡」での現地調査は2018年3月が最新で、この記事は友人知人から得た情報及び、ネット上で確認できた情報を加筆し、2024年5月に更新しています。

「淀城」と「淀古城」 目次

淀城跡

今残る「淀城」は、江戸時代に徳川が建てた城

淀君が鶴松を生んだのは「淀古城」

「淀城」は、戊辰戦争のターニングポイント

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
スポンサード・リンク

 

今残る「淀城」は、江戸時代に徳川が建てた城

淀城跡

予習は旅を面白くする…

ことあるたびにそう書いてきた筆者が、伏見まで来たついでに”思いつき”で訪ねたのが「淀城」だった。

もちろん頭の中に浮かんでいたのは”「淀君」の「淀城」”だ。

だが写真の説明板には、まったく違う話が書かれていた。

淀城跡公園

実は現在見られる「淀城」本丸の石垣や内堀は、「豊臣」が滅んだ後に「徳川」によって築かれた「淀城」の遺構で、1623年に「徳川伏見城(木幡山伏見城)」の代わりとして造られたものだ。

西国に睨みを利かすために築城されたことから、江戸時代には「久松松平氏」「戸田氏」「稲葉氏」などの譜代大名が居城にしてきた。

ちなみに「淀城」の天守は、「秀吉」の異父弟にあたる「豊臣秀長」が築いた、「大和郡山城」の天守を移築したものだったとされているが、1624年に「家康」が「二条城」の天守にするため、再度移築された。

しかし「家光」が「二条城」の改修を行なった際に不要となり、再び「淀城」に戻されるが、1756年の落雷で焼失した。

それにしても、3度も移築できる技術が重機のない当時にあったというのは驚きだ!

このあたりの時代背景は、以下の記事にまとめているので、後ほどご覧いただければ、より深い理解が得られると思う。

淀君が鶴松を生んだのは「淀古城」

スマホナビ

では「秀吉」が側室「茶々」の産所として築かせた「淀城」はどこにあるんだ?

その答えは1.2分で、Google先生が教えてくれた。

今は「淀古城」と呼ばれる豊臣時代の「淀城」は、「秀吉」の「伏見城(指月伏見城)」の築城後に廃城となっていた。

もちろん「淀古城」のパーツは「指月伏見城」に転用されたと推測されるが、その巨大な名城は「慶長伏見地震」によって無残にも倒壊してしまった。

妙教寺

江戸時代になり、「淀古城」の跡地には「妙教寺」が建てられた。

そのため「淀古城」の遺構はことごとく消滅し、今は妙教寺境内にある石碑を見るしかない。

淀古城

「妙教寺」は「淀城」から北へ徒歩600m(約8分)のところにある。

「淀城」は、戊辰戦争のターニングポイント

ここから話は一気に幕末に飛ぶ。

「淀城」には、戊辰戦争に少なからずの影響を及ぼしたエピソードが残されている。

ガイドブックには、「妙教寺」の本堂が戊辰戦争で幕府側の大砲を被弾し、本堂東側の壁をつきやぶり、本堂内の柱も貫いた跡があるとよく記されている。

だがよく考えてみると、「淀城」を守る「淀藩」は幕府の味方で、砲弾を打ち込まれるはずがない。

この話のツボはここにある。

幕府軍は「鳥羽・伏見の戦い」で劣勢に立たされ、一度退却して難攻不落を誇る「淀城」で体制を立て直そうとしたのだが、なんと幕府の老中を務める「淀藩」稲葉氏の寝返りに遭って、入城を拒絶される。

その結果、拠点を失った幕府軍は淀の城下町や橋に火を放って、「大坂城」へ逃げ帰るしかなくなり、幕府軍の敗北が決定的となった。

この話は、2018年に放送されたNHK大河ドラマ「西郷どん」でも取り上げられていたので、ご存知の人も多いと思う。

冒頭に書いた通り、「淀城」は西国に睨みを利かすために築城された城だったが、皮肉にも最後は官軍の勝利に一役買うことになってしまった。

伏見にはその幕末にゆかりの深い場所がたくさん残されており、それをテーマにめぐってみるのも面白いだろう。

マップをグーグルナビに切り替える方法
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」をタップし、画面が切り替わったら下の「ナビ開始」をタップするとナビゲーションが始まります。 高速道路か国道にするかを選びたい場合は、「ナビ開始」ボタンの左にある「経路」をタップすると表示されます。
普通車で扇風機・電気毛布はもちろん、電子レンジも冷蔵庫も使える、現代の車中泊に最適なポータブル電源は、EcoFlow RIVER 2 Pro!
スポンサード・リンク

 

車中泊で旅する、京都・洛南

車中泊で旅する洛南

伏見の地酒
京都・洛南を楽しみ尽くす車中泊の旅
洛南エリアの見どころ・食べどころと車中泊事情を紹介している特集のトップページです。
京都市街
【平安京遷都のいきさつ】を知れば、京都は10倍楽しくなる!
1200年前に平安遷都が行われた理由と、それに深く携わった人物をご紹介。
平等院
「洛南」は、平安時代ゆかりの地
洛南に残る京都創世記の見どころとエピソードをご紹介。
伏見桃山城
「洛南」は、豊臣秀吉と徳川家康ゆかりの地
洛南と豊臣秀吉・徳川家康の関わりを詳しくご紹介。
寺田屋
「洛南」は、西郷隆盛と坂本龍馬ゆかりの地
洛南と西郷隆盛・坂本龍馬の関わりを詳しくご紹介。
洛南に関する記事の一覧
洛南に関する記事の一覧
これまで取材してきた京都・洛南エリアのすべての記事をご紹介。

クルマで旅する京都

車中泊で行く京都

蛤御門
京都車中泊旅行・パーフェクトガイド
京都の車中泊情報の概要をまとめたトップページです。
京都 車中泊旅行
京都を車中泊で、うまく旅するための秘訣と留意点
京都市内観光の秘訣と留意点を分かりやすくご紹介。
京都市内観光にお勧めの車中泊スポット11選
京都市内観光に適した車中泊スポットを、11ヶ所まとめて紹介しています。
清水寺
京都市内を車中泊で旅する、4つのお勧めコースガイド【クルマ旅のプロが解説】
車中泊クルマ旅で行く京都の厳選コースガイドを紹介しています。
世界文化遺産「古都京都の文化財」 登録理由と個別ガイド
世界文化遺産「古都京都の文化財」に登録された寺社仏閣へのマイカーアクセス他をご紹介。
京都市街
【平安京遷都のいきさつ】を知れば、京都は10倍楽しくなる!
1200年前に平安遷都が行われた理由と、それに深く携わった人物をご紹介。
伏見の地酒
京都・洛南を楽しみ尽くす車中泊の旅
京都の縮図とも呼べる洛南エリアの見どころ・食べどころと車中泊事情を詳しくご紹介。
平等院表参道
宇治のベスト観光ルートガイド
世界遺産の「平等院」と「宇治上神社」周辺を観光する際のベストルート&駐車場・車中泊情報です。
嵯峨野散策マップ
車中泊旅行者のための、嵐山・嵯峨野 モデル散策コースガイド
車中泊スポットがある亀岡から電車でアクセスして、嵐山と嵯峨野を徒歩でめぐる、とっておきの楽しみ方をご紹介。
龍馬と歩く京のまち
京都の「坂本龍馬ゆかりの地」めぐり モデルコースガイド
京都に残る「坂本龍馬ゆかりの地めぐり」のモデルコースをご紹介。
大原寂光院
京都・大原 車中泊の旅ガイド
三千院と寂光院で有名な大原の、見どころ・食べどころとマイカーアクセス及び車中泊事情をご紹介。
比叡山延暦寺
比叡山延暦寺の”くたびれない拝観方法”
世界遺産・比叡山延暦寺の「一般観光客にお勧めの拝観方法」をご紹介。
叡山電車
車中泊と叡山電車で行く、紅葉の貴船と鞍馬
車中泊で京都に泊まり、叡電の展望列車「きらら」で貴船と蔵馬を訪ねるモデルコースをご紹介。
天橋立
車中泊で旅する「海の京都」
京都・舞鶴と丹後半島の見どころと車中泊事情に関する解説です。
山陰海岸ジオパーク
丹後半島・山陰海岸 絶景スポットガイド
丹後半島の日本海沿岸部にある見どころを詳しくご紹介。
舞鶴湾
軍港都市・舞鶴 車中泊の旅ガイド
軍港都市・舞鶴の見どころと車中泊事情を詳しくご紹介。
京都府 全記事リスト
京都府 全記事リスト
これまで取材してきた京都の全ての記事の一覧です。

日本全国 車中泊旅行ガイド

車中泊でクルマ旅

大人のための車中泊入門サイト

フェイスブック
インスタグラム

この記事がよく読まれています。

車中泊のクルマ旅は、日本の新しい「旅のカタチ」
車中泊旅行歴25年のクルマ旅専門家が、車中泊で旅する魅力をご紹介しています。
車中泊で使える、クルマ・グッズ・スポットよりも大事な3つの話 2023年5月
この道25年の現役のクルマ旅専門家が提唱する、「車中泊の本質」「車中泊の流儀」「車中泊の定義」の3つの話を、分かりやすくまとめてご紹介。
道の駅での車中泊は、”禁止”ではなくルールを守れば可能です。【車中泊専門家が解説】
車中泊歴25年のクルマ旅専門家が、2024年1月現在の「道の駅での車中泊が許されるルールと理由」を詳しく解説しています。
RENOGY(レノジー)リチウムイオン・サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
この道25年の現役クルマ旅専門家がまとめた、RENOGY(レノジー)のリチウムイオン・サブバッテリーの、取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先の情報です。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
車中泊旅行歴25年の現役のクルマ旅専門家・稲垣朝則が実践している、車中泊旅行スタイル「Auto-Packer(オートパッカー)」の、”プロモデル”として使われているハイエース・キャンピングカーWizの実使用レポートです。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました