大人がワクワクする京都

観光ガイド
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、全国各地からセレクトした「クルマ旅にお勧めしたい100の旅先」の中のひとつです。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
テーマはディスカヴァー・ジャパン 「日本クルマ旅先100選」
クルマ旅専門家・稲垣朝則がセレクトした、国内で車中泊クルマ旅にお勧めの「ベスト100エリア」をご紹介。

中高年が感じる「京都の魅力」

筆者は「車中泊で旅する京都」というコンテンツをリリースしているのだが、中高年の車中泊と云うのは、宿泊手段であって目的じゃない。

つまり目的がなければする必要もない。

それがいい大人の車中泊というものだ(笑)。

筆者が京都に行く目的は、長きにわたって「仕事」だった。

それは現在進行形でもあるのだが、仕事でなくなれば、もう行かないのか?と聞かれると、そういう地域もあるが、京都は違うと答えてしまう(笑)。

そこで旅人として、改めて「京都に行く目的」を整理してみた。

今から40年ほど前…

京都市営 嵐山観光駐車場

筆者がまだ学生だった頃の京都は、修学旅行の中・高校生と、定年退職(当時はまだ55歳)したシニア世代が、現在のインバウンドのように、観光バスツアーで取っ替え引っ換えやってくる町だった。

そもそも働き盛りの20代・30代、そして思春期を迎える子供と、その学費に追われる40代が、古めいた京都の寺社仏閣に興味を示すほうが珍しい(笑)。

そしてそれは、今後もそう大きく変わることはあるまい。

つまり昔から京都は、日本人には「演歌」や「時代劇」のような町なのだ。

裏返して云えば、

さて、中高年をワクワクさせる京都のコンテンツの筆頭は、やはり「史跡」になると思う。

平安神宮

1000年の都と京都が呼ばれるのは、794年の平安京遷都から1868年の明治維新にいたる間、天皇が在住する朝廷があったからに他ならない。

ただその間でも、鎌倉時代と江戸時代の京都は政治の中心ではなかった。

ゆえに端境期を除けば、京都にはその時代の「これ!」と呼べるような史跡は禅寺くらいしか見当たらない。

わかりやすく云うと、京都の名だたる史跡は、平安時代・室町時代・安土桃山時代・幕末の4つの時代に集中している。
京都の歴史スポット 時代別リスト
京都の歴史スポットを時代別にまとめています。

ただ、それが「中高年をワクワクさせるコンテンツ」に化けるには、「触媒」になる何かが必要だった。

出典:NHK

その「触媒」が「大河ドラマ」だ。

我々は「平清盛」を通して平安時代を、そして「龍馬伝」からは、幕末の京都を学び直している。

歴史の授業と違い、大河ドラマは主人公の「生き様」とオーバーラックして、「時代」が描かれているから面白い。

坂本龍馬 材木商跡

実は中高年がワクワクする場所は、史跡というよりもむしろ、ドラマに登場する人々の「ゆかりの地」だと思う。

京都サイトマップ

そしてNHKと京都の観光協会は、「そのこと」に気づいている(笑)。

ということで、京都が主な舞台となった大河ドラマのゆかりの地を、以下のページにタイトル別に収録した。

その次は、やはり桜と紅葉だ。

醍醐寺

京都の桜と紅葉が美しい最大の理由は、「時の権力者たちに、愛でてもらうために植えられたもの」だからだ。

桜や紅葉が美しい場所は寺社仏閣に集中しているが、いずれも度重なる動乱に巻き込まれて一度は荒廃している。

それを再建したのは、時の「天下人」として莫大なお金を動かすことができた天皇であり武家だった。

それは他でも同じ。

上田城桜まつり

桜と紅葉の名所で最初に頭に浮かぶのは、お殿様がいた「お城」だ(笑)。

その話は世界遺産にも共通している。

1000年間にわたってスポンサーが入れ替わり立ち代わり現れた京都に、そういう名勝が集中しているのは「むしろ当然」ともいえる。

1県で17件もの世界遺産があるのは京都だけというのはその証だ。

ぜひ行く時は、見事な庭や建築を再建してくれたスポンサーにも注目しよう。

最後はグルメ。

仕事がら、有名店にも足を運んでいるが、どちらかと云えば食べることより料理が好きな筆者の関心は、「ソウルフード=郷土料理」のほうにある。

バスコンからハイエース・軽キャンパーまで勢揃い! 楽天のユーズド・キャンピングカー大特集! 
タイトルとURLをコピーしました