丹後半島のベスト車中泊スポット 夕日ヶ浦・浜詰園地

夕日ヶ浦 無料駐車場
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。
スポンサード・リンク

丹後半島の夕日ヶ浦は、サーファーと釣人御用達の無料駐車場

浜詰海岸

丹後半島の海岸線には適度に道の駅が設けられているので、旅人の大半はもうそこで満足しているのかもしれないが、筆者のイチオシはご覧のように夕陽が本当に美しい、この「夕日ヶ浦」にある無料の駐車場だ。

夕日ヶ浦の車中泊環境

夕日ヶ浦は鳴砂で有名な琴引浜と、大きな湖のような久美浜のちょうど中間にある温泉町で、夏は海水浴、冬はカニ目当ての旅行客で潤っている。

しかも、その狭間をサーファーと釣人が埋めてくれるのだから、多少は「太っ腹」になるのも頷ける(笑)。

浜詰海岸

遠浅でいい波が立つ浜詰海岸には、なんとクルマが乗り入れられる。

浜詰海岸

その浜に歩いて降りられるところには、トイレ付きの駐車場がある。

夏は有料だが、シーズンオフになれば無料になるため、まさに「サーフ天国」状態。ただし、ここのトイレはそんなにキレイじゃない。

浜詰海岸

秋になると同じ海岸で、落ちキスが釣れる。

キス

筆者は波には乗らないが、釣りはするので昔からここに足を運んできた。

花ゆうみ

浜詰海岸からクルマで2.3分のところには、日帰り温泉「花ゆうみ」がある。

2006年にできたということで、施設はまだ新しい感じ。

ぬるつるのお湯に加え、男女共に滝の見える露天風呂(岩風呂・寝湯)があって、実にゆったりとした気分に浸れる。

花ゆうみ

中には食事処もあるので、車中泊の強い味方になっている。

花ゆうみ

駐車場は広々としていて野外トイレもある。

ただ「夜間閉鎖」の看板があるので、さすがにここでは車中泊をしたことはない。もしここが24時間利用できたら素晴らしいね!

花ゆうみ オフィシャルサイト

スポンサード・リンク

ベスト車中泊スポット 浜詰園地

浜詰園地

さて。筆者が現時点でベストに挙げるのは、この「浜詰園地(夕日公園)」の無料駐車場だ。

国道178号沿いにある浜詰園地は、夏は海水浴、冬はカニツアーで賑わう浜詰地区の慢性的な駐車場不足を解消するために作られた施設で、200台近い収容台数を誇る駐車場を備えている。

浜詰園地

トイレと空き缶に加えて可燃物も捨てられるゴミ箱。

ただし消費電力の多くを太陽光発電で賄っているらしく、たしか夜間はトイレの電気がつかなかったように記憶している。

海水浴後の砂を洗い落とせるよう水場もある。

こうなると「長期滞在する車上生活者」が居着きそうだが、ここは毎日ゴミとトイレを清掃に来る人がいるので、そういう存在はすぐにバレる。

10年以上にわたって「車中泊禁止」になっていないのは、町を挙げて利用者に目を光らせているからなのだろう。

なお、駐車場から400メートルほどのところに、スーパーマケットの「にしがき浜詰店」がある。

浜詰園地 アクセスマップ

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
タイトルとURLをコピーしました