道の駅 丹後王国「食のみやこ」 車中泊好適度をクルマ旅のプロがチェック! 

道の駅 丹後王国「食のみやこ」 京都府の道の駅
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。
スポンサード・リンク

道の駅 丹後王国「食のみやこ」は、丹後半島にあるテーマパーク型のグルメな道の駅

道の駅 丹後王国「食のみやこ」

道の駅 丹後王国「食のみやこ」の登録日

※これを知ることで、施設の古さやリニューアルの有無などがわかります。

登録回 /第19回
登録日/ 2003年8月8日

筆者の歴訪記録

※記録が残る2008年以降の取材日と訪問回数をご紹介。

2010.02.20
2020.04.03

道の駅 丹後王国「食のみやこ」【目次】

道の駅 丹後王国「食のみやこ」

道の駅 丹後王国「食のみやこ」のロケーション

道の駅 丹後王国「食のみやこ」 道の駅登録の経緯

道の駅 丹後王国「食のみやこ」の施設

道の駅 丹後王国「食のみやこ」の車中泊好適度チェック!

道の駅 丹後王国「食のみやこ」の最寄りの温泉&買物施設

道の駅 丹後王国「食のみやこ」のアクセスマップ

スポンサード・リンク

道の駅 丹後王国「食のみやこ」のロケーション

道の駅 丹後王国「食のみやこ」

道の駅 丹後王国「食のみやこ」は、丹後半島の鳴砂で有名な琴引浜から約4キロ、クルマで10分足らずの好立地にある。

琴引浜

琴引浜は丹後半島でも1.2を争う美しいビーチだけに、ここを訪ねた人の多くは道の駅 丹後王国「食のみやこ」にも足を運んでいると思う。

だが、車中泊目的でこの道の駅に行った人は、たぶん施設を見る気にもならず、来た道を引き返しているはずだ(笑)。

日本を旅していると、車中泊の旅人には到底理解できない「道の駅」があるものだが、この道の駅 丹後王国「食のみやこ」もそのひとつといえる。

道の駅 丹後王国「食のみやこ」 道の駅登録の経緯

道の駅 丹後王国「食のみやこ」

道路利用者がけして休憩に訪れることのない場所にある、この「道の駅」の前身は、京都府が主体となって1998年4月に開業したテーマパーク「丹後あじわいの郷」。

おおかたの予想通り、経営不振の助け舟として道の駅に認可された過去を持ち、2003年のリニューアル時に現在の道の駅 丹後王国「食のみやこ」に改称されている。

道の駅 丹後王国「食のみやこ」

とはいえ、どう見たってここは公園だ(笑)。

道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク大沢

そう書くと「道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク大沢」と似たような氏素性になるわけだが、まだ道の駅としての自覚は感じられた。

道の駅 丹後王国「食のみやこ」の施設

道の駅 丹後王国「食のみやこ」

まずゲートの前には、観光パンフレットが置かれたインフォメーションセンターとトイレ、そして売店がある。

そして可燃物のゴミ箱も。

道の駅 丹後王国「食のみやこ」

中央に置かれた意味のわからないオブジェは、ないほうがいいかもしれない(笑)。

丹後地方は日本海側屈指の巨大古墳が点在しており、そのことからヤマト王権成立前に、独自の文化を持つ「王国」があったとされている。

それを引っかけての「丹後王国」なのだろうが、来場する大半の人はそんなことを知る由もないと思う。

道の駅 丹後王国「食のみやこ」

ただ売店内は思いのほかグッドで、とりわけお酒のコーナーの品揃えは充実しており、「食のみやこ」の片鱗を感じされるものだった。

道の駅 丹後王国「食のみやこ」

さて。

いったい「どんだけ~」の来場者数を想定していたの?

と聞きたくなるくらい広大な駐車場には、実に534台の普通車が停められるのだが、残念なことに写真の奥に向かって、ひたすら傾斜している(笑)。

道の駅 丹後王国「食のみやこ」

そのため車中泊に適しているといえるのは、このわずか5.6台のスペースで、実に全体の1/100ほどしかない。

そりゃYOUTUBERたちが、道の駅 丹後王国「食のみやこ」を取り上げないのも頷ける(笑)。

道の駅 丹後王国「食のみやこ」が車中泊に適していないのは確かだが、この道の駅には他にはない魅力がある。

道の駅 丹後王国「食のみやこ」

道の駅 丹後王国「食のみやこ」のゲートの向こうには、ご覧のような広大な芝生広場が広がっている。

考えてみれば、駐車場も入場料もなしで、存分に子どもたちを遊ばせられる公園というのは、もう都会にはないと云っても過言ではない。

道の駅 丹後王国「食のみやこ」

もちろんテーマパークなので、お金を出せばいろいろ楽しめるが(笑)、ファミリーなら、こういう施設を賢く使って終日遊ぶこともできるだろうし、釣りやサーフィンをしないシニアの旅人が、日中をのんびり過ごすのにも適している。

丹後半島で時間を持て余した時は、この道の駅 丹後王国「食のみやこ」を思い出すといい(笑)。

道の駅 丹後王国「食のみやこ」 車中泊好適度チェック!

営業時間
9時~21時((1/7〜3/15は17時まで)・火曜定休
☎0772-65-4193
駐車場の平坦性=☓に近い△

駐車場のキャパシティー=普通車:534台
ゴミ箱の有無=あり
ウォシュレットの有無=あり

旅行情報の充実度=○
付帯設備の充実度=○
周辺の車中泊環境=△
道の駅 丹後王国「食のみやこ」 オフィシャルサイト

道の駅 丹後王国「食のみやこ」 最寄りの温泉&周辺買い物施設

弥栄あしぎぬ温泉
☎0772-65-2000
約2.5キロ クルマで5分
大人600円
10:00~22:00(最終受付21:30)・水曜定休

コンビニ
ローソンまで約4キロ。

スーパーマーケット
約4キロのところに「にしがき弥栄店」がある。

道の駅 丹後王国「食のみやこ」 アクセスマップ

マップをグーグルナビに切り替える方法
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」をタップし、画面が切り替わったら下の「ナビ開始」をタップするとナビゲーションが始まります。 高速道路か国道にするかを選びたい場合は、「ナビ開始」ボタンの左にある「経路」をタップすると表示されます。
スポンサード・リンク

丹後半島 車中泊旅行ガイド

丹後半島

丹後半島の車中泊スポット 一覧
丹後半島の車中泊スポット 一覧
これまでに取材してきた、丹後半島にある車中泊スポットの一覧です。
丹後半島 全記事リスト
丹後半島 全記事リスト
これまでに取材してきた、丹後半島に関連するすべての記事一覧です。

この記事がよく読まれています。

車中泊クルマ旅は、日本の新しい「旅のカタチ」
自由奔放。行きたいところに、行きたい時に、居たいだけ。そんな車中泊でクルマ旅の紹介です。
道の駅で車中泊旅行中に出るゴミを捨ててもいいの? もちろん、答えはYes you do!
車中泊旅行歴25年のクルマ旅のプロがまとめた、道の駅での旅行ゴミの処分に関する記述です。
「ワンランク上の車中泊」お勧めグッズ&アイデア集
「ワンランク上の車中泊」 グッズ・バイヤーズガイド 流通企業で10年間のバイヤー経験を持つ筆者が、実際に使用している車中泊グッズを、実践しているアイデアを含めて具体的にご紹介しています。 スポンサード・リンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).p...
RENOGY(レノジー)リチウムイオン サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
車中泊で使用するサブバッテリーに、リチウムイオン・バッテリーを載せ替え、また新規搭載する際の留意点をご紹介。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
クルマ旅のプロが解説する、アネックス社のハイエース・キャンピングカーWizの詳しい実使用レポートです。
タイトルとURLをコピーしました