大阪市内観光のベスト車中泊スポットは、温泉が併設するJR岸辺駅前駐車場【クルマ旅のプロが解説】

JR岸辺駅前 大阪府の有料駐車場
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。
スポンサード・リンク

大阪駅まで約10分のJR岸辺駅前には、トイレも温泉もスーパーにも歩いて行ける超穴場の車中泊スポットがある。

アットパーク・フレンドマート岸辺店

JR岸辺駅前駐車場【目次】

正式名は、アットパーク・フレンドマート岸辺店第2

JR岸辺駅南口の車中泊環境

「アットパーク・フレンドマート岸辺店第2」のアクセスマップ

スポンサード・リンク

正式名は、アットパーク・フレンドマート岸辺店第2

アットパーク・フレンドマート岸辺店

まずここは、普通では見つけることができない車中泊スポットだと思う。

それを筆者が知っているのは、クルマ旅のプロだからではなく、普段から極楽湯に通い、フレンドマートで買い物をしている、この町の住民だからにほかならない(笑)。

ここでは、利用する前に覚えておくといいことがある。

実はJR岸辺駅の南口には、2つの大きなコインパーキングが並んでいる。

いずれも「アットパーク・フレンドマート岸辺店」なのだが、第1は1200円、第2は800円と、なぜか1日最大料金が違う。

アットパーク・フレンドマート岸辺店

しかも料金精算機の屋根も第2のほうが高い。

ただし最大料金があるのは「平日だけ」。

料金は30分100円(8時~22時)・60分100円(22時~翌朝8時)
平日最大料金800円(10時~24時、ただし24時~10時は適用外)。

最大料金は24時でその効力が消滅するので、仮に午前10時に入庫して翌朝7時に出庫したとすると、800円プラス700円の1500円が必要になる。

それでも車中泊の三大必要施設といえるトイレ・風呂・スーパーマーケットが揃っているうえに、運賃が安いJR駅に隣接する車中泊スポットは、大阪のどこを探してもたぶんここ以外には見つからないだろう。

スポンサード・リンク

JR岸辺駅南口の車中泊環境

JR岸辺駅

まずこちらが、「アットパーク・フレンドマート岸辺店第1」の隣にある「JR岸辺駅・南口」。

JRの操車場跡にできた国立循環器センターの移設に伴い、驚くほど近代的な駅舎に変貌を遂げた。

でも、なぜか今も各駅停車しか停まらない(笑)。

JR

ちなみに岸辺駅からUSJまでは約30分。お一人様片道310円で行ける。

USJ

また梅と桜の名所でも知られる大坂城までは約20分。こちらはお一人様片道220円で行ける。

大坂城

もちろん夜まで遊んで帰ってきても駐車場は800円。そのうえ風呂にも入れるのだから驚きだ。

公衆トイレはエスカレーターの乗降口前にある。

JR岸辺駅 公衆トイレ

さすがにウォシュレットまでは備えていないが、改札の外なので24時間利用できるというのはありがたい。

どうしてもという人には、すぐそばにローソンがある(笑)。

平和堂フレンドマート 岸辺店

「アットパーク・フレンドマート岸辺店第1」の敷地内にあるフレンドマートは、平和堂の食品スーパー業態で夜10時まで営業しており、冷えたビールも飲みきれないほど置いてある(笑)。

またここで買物をすると、90分の駐車料金が割引されるので、駐車券をお忘れなく。

JR岸辺駅前

そしてこちらが「アットパーク・フレンドマート岸辺店第2」。

敷地の中には、スーパー銭湯の極楽湯、カラオケルームのエコー、ほか何件かの食事処とドラッグストアがある。

JR岸辺駅 極楽湯

極楽湯に行く時は、3時間分の駐車料金が無料になるので、平和堂と同じく駐車券を持参しよう。

フレンドマートと合算すると4時間30分まで無料になる。

極楽湯吹田店

☎06-6382-9926
大人平日750 円、土日祝800 円
午前9時~24時(最終受付23時30分)
土日祝は午前6時から

「アットパーク・フレンドマート岸辺店第2」のアクセスマップ

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。

この記事がよく読まれています。

車中泊クルマ旅は、日本の新しい「旅のカタチ」
自由奔放。行きたいところに、行きたい時に、居たいだけ。そんな車中泊でクルマ旅の紹介です。
【車中泊のゴミ対策】道の駅で車中泊旅行中に出るゴミを捨てるのはOK!<クルマ旅のプロが解説 2022年12月更新> 
【2022年12月更新】車中泊旅行歴25年のクルマ旅のプロがまとめた、道の駅での旅行ゴミの処分に関する記述です。
車中泊のお勧めグッズ&アイデア 一覧
これまで取材してきた、車中泊のお勧めグッズとアイデアの一覧です。
RENOGY(レノジー)リチウムイオン・サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
この道25年の現役クルマ旅専門家がまとめた、RENOGY(レノジー)のリチウムイオン・サブバッテリーの、取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先の情報です。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
車中泊旅行歴25年の現役のクルマ旅専門家・稲垣朝則が実践している、車中泊旅行スタイル「Auto-Packer(オートパッカー)」の、”プロモデル”として使われているハイエース・キャンピングカーWizの実使用レポートです。
タイトルとURLをコピーしました