南禅寺の見どころ&駐車場事情【クルマ旅のプロが解説】

南禅寺 三門 京都府各地の車中泊旅行ガイド

車中泊旅行歴25年のクルマ旅専門家が、写真好きにお勧めしたい「南禅寺」の見どころ及び駐車場をご紹介。

「正真正銘のプロ」がお届けする、リアル車中泊旅行ガイド

この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、全国各地からセレクトした「クルマ旅にお勧めしたい100の旅先」の紹介です。

スポンサード・リンク

 

~ここから本編が始まります。~

”絶景かな、絶景かな”でお馴染みの「南禅寺」は、日本でもっとも格式の高い禅宗寺院

南禅寺 紅葉

南禅寺 DATA

南禅寺
〒606-8435
京都府京都市左京区南禅寺福地町
☎075-771-0365

営業時間
12月1日~2月28日:8時40分~16時30分
3月1日~11月30日:8時40分~17時

拝観料
境内:無料
三門:おとな600円
方丈:おとな600円
南禅院:おとな400円
天授庵:おとな500円
金地院:おとな500円

駐車場
駐車台数 50台
時間以内:1,000円
2時間以上1時間ごとに500円

南禅寺の筆者の歴訪記録

※記録が残る2005年以降の取材日と訪問回数をご紹介。

2005.11.21
2010.03.03
2011.04.06
2013.12.02
2024.05.20

※「南禅寺」での現地調査は2024年5月が最新です。

南禅寺 目次

南禅寺

南禅寺の歴史と概要

南禅寺の見どころ

南禅寺の駐車場事情

哲学の道を経て「銀閣寺」をめぐる、 上手な行き方と戻り方

周辺の見どころ

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
スポンサード・リンク

 

南禅寺の歴史と概要

南禅寺

創建は鎌倉時代後期の1291年。

亀山法皇がこの地にあった自らの離宮「禅林寺殿」を禅寺に改め、「無関普門禅師」を開山の住職に迎えたことが始まりで、「太平興国南禅禅寺」の正式名を持つ、日本で最初の勅願禅寺となった。

その後、室町時代に三代将軍「足利義満」により、京都五山の最高位の寺格である「五山之上」に昇格されると、以降は傑出した禅僧が住持となり、五山文化の中心地として隆盛を極めた。

五山とは…

建長寺 鎌倉

日本のルーツは「鎌倉五山」で、鎌倉幕府が禅宗寺院を重用することで、古い寺社勢力に対抗させようと用いた戦略的な寺格制度のこと。

京都に持ち込まれたのは、鎌倉幕府を滅ぼした「後醍醐天皇」によって始まった1334年の「建武の新政」以降だが、室町時代に入り、三代将軍「足利義満」によって、「南禅寺」「天龍寺」「建仁寺」「東福寺」「万寿寺」が京都五山に指定された。

ただその後、「足利義満」は自ら創建した「相国寺」を五山に列するため、「南禅寺」を別格に格上げしている。

五山を今さら六山にするわけにもいかず、さすがは普段から「一休さん」に鍛えられているだけあって、なかなか知恵がまわる将軍様だ(笑)。

もっとも、どうやらそれはアニメの世界の話らしい。

南禅寺

かような由緒を持つ「南禅寺」も、戦国時代の皮切りとなった「応仁の乱」で、御多分に洩れることなく、京都の他の寺院とともに伽藍のほとんどを焼失している。

しかし江戸時代に入り、「徳川家康」の側近として活躍し「黒衣の宰相」と呼ばれた、第270世住職「以心崇伝禅師(金地院崇伝)」によって復興され、徳川家の庇護のもとで現代に繋がる堂宇が再建された。

南禅寺

約4万5000坪の広大な境内では、秋になると300本の紅葉が色づく。

しかも「南禅寺」では、それを無料で楽しむことができることから、紅葉の名所として知られるようになった。

南禅寺 三門

江戸時代に初上演された歌舞伎「楼門五三桐(さんもんごさんのきり)」で、「石川五右衛門」が言い放った”絶景かな、絶景かな”でお馴染みの「三門」や、

南禅寺 水路閣

1888年に造られたレンガと花崗岩造りの洋風建造物でありながら、純和風の景観に溶け込むような佇まいを見せる「水路閣」も、見学だけなら無料で済む。

紅葉シーズンになると、拝観料1000円が当たり前のような今の京都では、写真がお目当ての人には貴重な古刹に違いない。

南禅寺 水路閣

もちろん新緑も美しく、空いている時期を狙うなら、梅雨前の5月下旬がお勧めだ。

南禅寺の見どころ

南禅寺 三門

三門 拝観料600円

筆頭は、何と云ってもこの三門だろう。

高さ22メートルと日本最大級の高さを誇り、「天下竜門」の異名で「知恩院」の三門、「仁和寺」の仁王門とともに、”京都三大門”のひとつに数えられている。

南禅寺 三門

寺院は山号を付けて呼ばれたことの名残りから、正門のことを一般に山門と称しているが、三門は仏教の修行で悟りを得るために通らなければならない「空門」「無相門」「無願門」の三解脱門を略した呼び方で、意味が異なる。

初代の三門は、1295年に「西園寺実兼」の寄進によって創立され、応安年間(1368~1375)に一度改築されたが、「応仁の乱」最中の1447年に焼失した。

南禅寺 三門

現在の三門は、1628年に「藤堂高虎」が大阪夏の陣で倒れた家来の菩提を弔うために再建したもので、禅宗様式独特の圧倒的な大きさと力強い列柱群が特徴だという。

南禅寺 三門

確かに近づけば大きさに圧倒され、見下ろせばその高さに息を呑む。

「南禅寺」の「五鳳楼(ごほうろう)」と呼ばれる三門の楼上には登ることが可能で、同じ形式の三門は他の寺院にもあるが、楼上に登って拝観できるのはここだけだと聞き、チャレンジした。

南禅寺 三門

三門の端にある受付で拝観料を支払い、靴を脱いで急な階段をあがれば、南禅寺の広い境内が見渡せる。

南禅寺 三門

ただ、筆者の感じた”絶景かな”は、「石川五右衛門」の感嘆符ではなく、最後に?がつく疑問符だった。

もっともそれは、桜が咲いていない時期だったからかもしれない。

とはいえ、

「南禅寺」の紹介サイトに”ここから京都の景観が見渡せる”と書いている君、本当は行ってないことがバレバレだよ(笑)。

業界ではそういうのを提灯記事という。

南禅寺

もうひとつ、これは南禅寺のトリビアと云ってもいいと思うが、

実は「石川五右衛門」が生きていた時代は、「南禅寺」の三門は焼失したままで、まだ再建されていなかった。

つまり「五右衛門」が、ここで「絶景かな、絶景かな」と云った話は、実話ではなく歌舞伎の中の作り話だ。

法堂 ※内部拝観不可

南禅寺

三門の奥に立つ法堂は、公式行事や法要が行われる場所で、「南禅寺」の中心と呼べる建物だ。

創建当時のものは「応仁の乱」で焼失したが、すぐ直後の1479年頃に復興し、その後「豊臣秀頼」の寄進によって大改築されたが、1895年(明治28年)の火災で焼失。現在の法堂は1909年(明治42)に再建された近世のものになる。

南禅寺

堂内には本尊の釈迦如来と文殊菩薩、普賢菩薩の三尊像が安置され、天井には明治から大正にかけて活躍した画家「今尾景年」による幡龍(とぐろを巻いた龍)の絵が掲げられている。

堂内に立ち入ることはできないが、金網越しからうっすらと中の様子は伺える。

水路閣 見学無料

水路閣

古代ローマの水道橋を思わせる「水路閣」は、琵琶湖と京都を結ぶ運河・琵琶湖疎水の一部を構成している建物だ。

南禅寺 水路閣

造られた年代からして「南禅寺」との直接的な関連がないのは明らかだが、そういうことを度外視して、ただインスタ映えを狙いたい人には、なかなかおもしろい写真が撮れるスペースだと思うし、何より無料というのがいい。

ただし、それは”万国共通”の価値観のようで、特に近隣諸国からお越しの観光客は、簡単には場所を空けてくれない(笑)。

水路閣 南禅寺

その点から云うと、ここは一瞬のスキを逃さず捉えられる一眼レフがいい。

琵琶湖疏水記念館

琵琶湖疏水については、近くにある「琵琶湖疏水記念館」に行けば詳しいことが分かるのだが、多くの人が気になるのは、”なぜそれが「南禅寺」の境内を通っているのか?ではないだろうか。

琵琶湖疏水

疏水関連施設の「インクライン」や「蹴上げ舟溜まり」が、「南禅寺」のかつての寺領に建設されている背景には、徳川幕府とつながりが深かった「南禅寺」が、一帯の広大な土地を寄進され、その所有を認められていたことがある。

しかし明治維新で一転、「南禅寺」の所有地は国に召し上げられてしまった。

それが良かったのか悪かったのかは、後の京都の発展を見れば明らかで、現在でも琵琶湖疏水は、水道用水・発電用水・灌漑用水・工業用水など、様々な都市活動を支える重要な都市基盤施設になっており、「日本遺産」にも登録されている。

南禅院

ちなみに「水路閣」の近くには、「南禅寺」発祥の地「南禅院(拝観料400円)」が残されている。

 

方丈 拝観料600円

南禅寺

さて。

ここから先は実際に見ておらず、所詮は”受け売り”だ(笑)。ということで月並みの紹介になる。

まず「方丈」とは禅宗寺院における住職の居室のことで、「南禅寺」の「方丈」は「大方丈」と、その背後に接続した「小方丈」の2つから構成されている。

1621年に御所の建物の下賜を受けて再建されたという「大方丈」と、伏見城の小書院を移行した「小方丈」は、いずれも国宝指定されている。

詳しくは公式サイトで。

天授庵 拝観料500円

天授庵

「天授庵」は、南禅寺の開山第一世「無関善門禅師」をお祀りする開山塔で、「三門」と同じく1447年の大火で一度焼失したが、その後「細川幽斎(細川藤孝)」により再興されている。

ちなみに「細川藤孝」は「明智光秀」の盟友で、息子「忠興」の妻は「光秀」の娘「玉」。そう、後の「細川ガラシャ」だ。

金地院 拝観料500円

金地院

10万石の格式を持ち「寺大名」とも呼ばれた「金地院(こんちいん)」は、1605年に「南禅寺」の270世住職となり、「黒衣の宰相」と呼ばれた「以心崇伝」が、自坊として再興した「南禅寺」の塔頭(たっちゅう)寺院のひとつ。

「以心崇伝」は「家康」からの信頼が厚く、「金地院」は江戸時代を通じて五山十刹以下全ての住職の任命権を持つ、事実上の最高機関とされていた。

その関係で、ここには「小堀遠州」によって建てられ、「家康」の遺髪と念持仏を祀っている東照宮もある。

南禅寺

総括として…

「南禅寺」を訪れる観光客の大半は「三門」までが目当てだと思うので、現在の拝観料体系はそのニーズにマッチしており、異論はない。

ただ願わくば共通券を用意して、トータルで1500円程度には抑えてほしいものだ。

世界遺産級の価値を持つ名刹とはいえ、総額2600円は敷居が高いように思えた。

南禅寺の駐車場事情

南禅寺 駐車場

「南禅寺」の駐車場とは、「中門」のすぐ外にある「第1駐車場」のことで、なぜか第1はあるが第2・第3はない(笑)。

第一駐車場
駐車台数 50台
2時間以内:1000円
2時間以上1時間ごとに500円

「拝観料に加えて駐車場代も要るのかよ」という気持ちは分かるが、それは京都ではもはや”常識”。

そのことを考慮すれば、まだこの料金は良心的かもしれない。

タイムズ南禅寺会館駐車場

ちなみに隣ある「タイムズ南禅寺会館駐車場」は、日中は1時間換算で1200円という京都でも最高値に相当する料金になる。

タイムズ南禅寺

またさらに白川通り方面に進んだところにも「タイムズ南禅寺」があるが、ここも同じく1時間換算すると1200円だ。

「南禅寺」の拝観を1時間位内に終わらせるのは、けっこう大変だと思うので、この2つは”長い距離は歩けない”という人向きの駐車場だろう。

ただこの3つを外すと、500メートル圏内にコインパーキングは見当たらない。

岡崎法勝寺前バス停

「第1駐車場」が満車の場合、「南禅寺」をじっくり観たい人にお勧めなのは、650メートルほど離れた、市バスの「岡崎法勝寺前」停留所の近くにある「エコロパーク岡崎動物園前」だ。

出典:京都パーキングマップ

ここは21台が停められるそこそこ大きなコインパーキングで、平日は8時から21時まで最大600円、土日祝は最大1500円で利用できるし、「平安神宮」にも近い。

写真を見る限り、背の高いキャンピングカーは難しいかもしれないのだが、残念ながら筆者は利用していないので、実際に試せていない。

なお「岡崎法勝寺前」停留所には、「銀閣寺」から「南禅寺」まで戻る際に乗るバスが停まるので、「南禅寺」から「哲学の道」を経て「銀閣寺」まで足を伸ばしたい人には、すこぶる好都合といえる。

マップをグーグルナビに切り替える方法
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」をタップし、画面が切り替わったら下の「ナビ開始」をタップするとナビゲーションが始まります。 高速道路か国道にするかを選びたい場合は、「ナビ開始」ボタンの左にある「経路」をタップすると表示されます。
普通車で扇風機・電気毛布はもちろん、電子レンジも冷蔵庫も使える、現代の車中泊に最適なポータブル電源は、EcoFlow RIVER 2 Pro!
スポンサード・リンク

 

哲学の道を経て「銀閣寺」をめぐる上手な行き方と戻り方

銀閣 観音殿

「南禅寺」と抱合せで観たいメジャーな観光スポットといえば、やはり世界遺産の「銀閣寺」が筆頭に挙がると思うが、「哲学の道」を歩けば、約2.5キロ・徒歩45分ほどで「銀閣寺」に到着できる。

マップに赤で記した、「若王子神社」の手前から「銀閣寺橋」まで、琵琶湖流水沿いに約1.5キロに渡って伸びる「哲学の道」の名は、明治・大正・昭和の”動乱の時代”に生きた哲学者「西田幾太郎」が、この道を歩きながら思想にふけったことに由来しており、路傍にある幾太郎の歌碑にはこう刻まれている。

西田幾太郎の歌碑 哲学の道

「人は人 吾はわれ也 とにかくに 吾行く道を 吾は行くなり」

哲学の道

紅葉期の「哲学の道」。

哲学の道

紅葉に負けず劣らず、春の景観も美しい。

「哲学の道」の桜は、大正から昭和にかけて活躍した日本画家の「橋本関雪」が、1922年(大正11年)に300本のソメイヨシノを寄贈したのが始まりだ。

そしてゴールの「銀閣寺」。

銀閣寺

その境内には、「金閣寺」に代表される華やかな北山文化とは対照的に、質素で剛健な東山文化を象徴する、侘び・寂びの精神が息づく光景が広がっている。

さて。

問題は帰りだが、往復歩けるならそれに越したことはないが、タクシーを拾うといっても、今は奇跡に近い話だろう。

京都市バス

そこで白河通りを走る市バスの、5番系統・京都駅行きを利用する。

乗車するバス停は「銀閣寺道」、下車は「南禅寺」の「第一駐車場」にクルマを置いている人は、下のマップの❶「南禅寺・永観堂道」が最寄りになる。

時刻表はこちら。

ただ「南禅寺・永観堂道」で降りて、白川通りを「南禅寺」に向かうのは、歩道が片側にしかない箇所があるので危険だ。

そのため住宅地を抜けて、「南禅寺」へとアクセスしよう。

筆者は、次のバス停にあたる❷「岡崎法勝寺前」で降りて、歩道が広い「疏水記念館」の前を通って「南禅寺」の駐車場まで戻っているが、前述したように「エコロパーク岡崎動物園前」にクルマを置いておけば、降りてから歩く必要はなくなる。

周辺の見どころ

蹴上インクライン

これは季節によって異なりそうだが、特に桜の季節は写真の「インクライン」がお勧めということになる。

いっぽう秋は、「南禅寺」の「大寂門」から出て東山高校を過ぎたところにある、紅葉で名高い「永観堂」になるだろう。

永観堂

「永観堂」は正式名を「禅林寺」といい、853年に「空海」の弟子「真紹」が開山した密教道場がルーツだが、平安時代に「永観」が浄土念仏を唱えて念仏道場となり、「永観堂」と呼ばれるようになった。

永観堂

現在は浄土宗西山禅林寺派の総本山で、秋には約3000本のイロハモミジやオオモミジが、放生池を囲う庭園に鮮やかな彩りを加え、多くの観光客が訪れる。

拝観料600円
※紅葉期の寺宝展期間中は1000円)

永観堂オフィシャルサイト

平安神宮 神通道

最後は「平安神宮」だが、「桓武天皇」が唐の都・長安を参考に築いた「平安京」の姿が、実はこの地に再現されている。

平安神宮

平安京大内裏の正庁を模した応天門など、朱塗りの建築が映える「平安神宮」は、1895年(明治28年)の平安遷都1100年祭の時に建立され、「桓武」「孝明」の両天皇を祀っている。

また毎年10月22日に催される「時代祭」も「平安神宮」の行事だ。

平安神宮オフィシャルサイト

南禅寺の湯豆腐

湯豆腐

最後は、「中門」の前に店が軒を連ねる「湯ゆどうふ」の話で締めくくろう。

元来、上質な地下水に恵まれた京都は、豆腐作りに適した土地だが、豆腐は禅寺の精進料理に欠かせない食品だったことから、京都五山の別格とされた「南禅寺」の周りでは、他の地域に見られないほど豆腐の文化が発達したという。

奥丹 南禅寺

昔から人気がある「奥丹」は、一軒だけ離れて「南禅寺」の「大寂門」の近くにあるが、2024年5月現在は店舗修復のため休業となっている。

順正 湯豆腐

いっぽう、こちらは口コミの評判が高い、「中門」の前の通りにある「順正」。

今はまだこのくらいで食べられるが、このまま円安が続けば、北海道の倶知安や東京の築地のようにゼロが一桁多い「インバウンどうふ」が登場するかも(笑)。

何もかもが高すぎて、日本人には行けない京都になる前に、ぜひ一度!(笑)。

スポンサード・リンク

 

クルマで旅する京都

車中泊で行く京都

京都 車中泊旅行
クルマで京都市内をうまく周るための秘訣と留意点
マイカーやレンタカーを使って京都市内観光をする際の、コツと注意事項を分かりやすくご紹介ています。
クルマでめぐる京都の神社仏閣
これが行く価値あり!といえる、京都の神社仏閣
京都市内をクルマでめぐりたい人に向けた、お勧めの神社仏閣の見どころとアクセス・駐車場等の詳細情報です。
クルマでめぐる京都の世界遺産
京都の世界遺産 お勧めベスト10【クルマで旅する京都】
世界文化遺産「古都京都の文化財」に登録された寺社仏閣へのマイカーアクセス他をご紹介。
京都が舞台の大河ドラマ
京都が舞台の大河ドラマと、そのゆかりの地
直近の大河ドラマの作品別に、そのゆかりの地を紹介しています。
清水寺
京都市内をクルマで旅する、4つのお勧めコース
車中泊クルマ旅で行く京都の厳選コースガイドを紹介しています。
京都市街
【平安京遷都のいきさつ】を知れば、京都は10倍楽しくなる!
1200年前に平安遷都が行われた理由と、それに深く携わった人物をご紹介。
伏見の地酒
京都・洛南を楽しみ尽くす車中泊クルマ旅
京都の縮図とも呼べる洛南エリアの見どころ・食べどころと車中泊事情を詳しくご紹介。
嵯峨野散策マップ
車中泊旅行者のための、嵐山・嵯峨野 モデル散策コースガイド
車中泊スポットがある亀岡から電車でアクセスして、嵐山と嵯峨野を徒歩でめぐる、とっておきの楽しみ方をご紹介。
龍馬と歩く京のまち
京都の「坂本龍馬ゆかりの地」めぐり モデルコースガイド
京都に残る「坂本龍馬ゆかりの地めぐり」のモデルコースをご紹介。
大原寂光院
京都・大原 車中泊クルマ旅
三千院と寂光院で有名な大原の、見どころ・食べどころとマイカーアクセス及び車中泊事情をご紹介。
比叡山延暦寺
比叡山延暦寺の”くたびれない拝観方法”
世界遺産・比叡山延暦寺の「一般観光客にお勧めの拝観方法」をご紹介。
叡山電車
車中泊と叡山電車で行く、紅葉の貴船と鞍馬
車中泊で京都に泊まり、叡電の展望列車「きらら」で貴船と蔵馬を訪ねるモデルコースをご紹介。
平等院表参道
宇治のベスト散策コースガイド
世界遺産の「平等院」と「宇治上神社」周辺を観光する際のベストルート&駐車場・車中泊情報です。
天橋立
宮津・伊根・舞鶴 車中泊クルマ旅
京都・舞鶴と丹後半島の見どころと車中泊事情に関する解説です。
山陰海岸ジオパーク
丹後半島・山陰海岸 絶景スポットガイド
丹後半島の日本海沿岸部にある見どころを詳しくご紹介。
京都府のグルメ紹介&食レポ 全記事リスト
京都府のグルメ紹介&食レポ 全記事リスト
これまで食してきた、京都府のグルメ情報と食レポの一覧です。
京都府 全記事リスト
京都府 全記事リスト
これまで取材してきた京都の全ての記事の一覧です。

日本全国 車中泊旅行ガイド

車中泊でクルマ旅

大人のための車中泊入門サイト

フェイスブック
インスタグラム

この記事がよく読まれています。

車中泊のクルマ旅は、日本の新しい「旅のカタチ」
車中泊旅行歴25年のクルマ旅専門家が、車中泊で旅する魅力をご紹介しています。
車中泊で使える、クルマ・グッズ・スポットよりも大事な3つの話
この道25年の現役のクルマ旅専門家が提唱する、「車中泊の本質」「車中泊の流儀」「車中泊の定義」の3つの話を、分かりやすくまとめてご紹介。
道の駅での車中泊は、”禁止”ではなくルールを守れば可能です。【車中泊専門家が解説】
車中泊歴25年のクルマ旅専門家が、2024年1月現在の「道の駅での車中泊が許されるルールと理由」を詳しく解説しています。
RENOGY(レノジー)リチウムイオン・サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
この道25年の現役クルマ旅専門家がまとめた、RENOGY(レノジー)のリチウムイオン・サブバッテリーの、取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先の情報です。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
車中泊旅行歴25年の現役のクルマ旅専門家・稲垣朝則が実践している、車中泊旅行スタイル「Auto-Packer(オートパッカー)」の、”プロモデル”として使われているハイエース・キャンピングカーWizの実使用レポートです。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました