「サービスエリア」タグアーカイブ

北海道旅におけるガソリン給油の原則/北海道・車中泊&クルマ旅 スタートガイド

半分まで減ったら、ガソリンスタンドを探す

北海道を旅する際にはガス欠に気をつける必要がある。広さに対してガソリンスタンドの数が少ないのは仕方がないが、問題はその少ない数が都市部に集中しているため、牧場や森林地域に入れば100キロ近く走っても見つからない場合があることだ。

%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%96

続きを読む

初心者が安心して車中泊ができる施設はどこ?

結論から先に云うと、車中泊のビギナーにお勧めなのは、道の駅よりもサービスエリアだ。

足柄SA

ただし、サービスエリアを運営するNEXCOは、2009年に導入された「1000円高速」こと「休日特別割引」による利用者の増大以降、サービスエリアでの車中泊については「推奨しない」というスタンスを崩していない。

そのため車中泊には、道の駅と同様、移動の途中で日が暮れ、睡魔や疲労感に襲われた場合の「休憩」というスタンスが求められる(笑)。もっとも… そのあたりは「建前」であって、サービスエリアも本気でお客を減らそうとは思ってはいないようである。

続きを読む

車中泊の飲食時に役立つトレー

実際の車中泊の旅では、そううまくサービスエリアや道の駅ばかりを選んで動けるわけではない。特に釣りや写真撮影を目的に車中泊をする人の場合、冬はベッドメイキングしたクルマの中で、レトルトやインスタント食品を食べる機会が多くなる。

車内食

続きを読む

クルマ旅にお勧めしたい、THERMOS(サーモス) 真空保温調理器 「シャトルシェフ」

シャトルシェフは加熱調理した内鍋を、魔法びんと同じ真空断熱構造の外鍋に入れて保温調理することにより、時間とエネルギーを大幅に節約できる、まさにクルマ旅に最適なクッカーである。

続きを読む

ポップアップルーフ車の使い心地

 

ポップアップルーフ車とは、「屋根裏部屋」を搭載しているクルマのことで、必要に応じて自在にそれを立ち上げる事ができる。かつてはヘッダー写真のボンゴ・フレンディーがマツダ自動車で製造されていたが、2006年に生産・販売が終了している。

ホワイトハウス

代わりに現在は、キャンピングカーディーラーがステップワゴンやセレナをベースに改造したキャンピングカー仕様車が市場投入されている。

続きを読む