「白川郷」タグアーカイブ

「パーク&ライド」は、賢者の選択肢。

パーク&ライドという言葉は、伊勢神宮の初詣、白川郷のライトアップ、あるいは弘前公園の桜まつりのようなメジャーなシーズンイベントや、京都、鎌倉、長崎といった道の狭い観光地などでよく耳にする。
ただ、パーク&ライドには2つの方法があり、観光地で使われているのはパーク&バスライドがほとんどだ。

続きを読む

白川郷城山展望台

白川郷・城山展望台(荻町城跡展望台または城山天守閣展望台) マイカー・アクセスガイド

幾つか呼び名があるうえに、各社のガイドブックでも統一されていないため、最初は違うところではないのか?と戸惑うかもしれないが、白川郷の集落を見渡せる展望所は、唯一ここしかなく、つまりは全部同じ場所を指している。

白川郷ライトアップ

そして、白川郷の写真といえば、まずここから撮影されたものと言っても過言ではあるまい。

白川郷・城山展望台(荻町城跡展望台または城山天守閣展望台)

ちなみに荻町城は、約400年前、室町8代将軍足利義政の命令で信州松代から白川郷へ進出した、内ケ島為氏(うちがしまためうじ)の家臣、山下氏勝の居城であった。

 

 看板

さて、数多ある白川郷の資料を読むほどに「よーわからん!」となるのが、この展望台にあがる方法だ。
つまり、「展望台へはクルマで行けるのか、行って良いのか悪いのか?」という素朴な疑問である。

城山展望台

単刀直入にお答えしよう。答えはイエスである。
下の地図で説明すると、白川郷の道の駅は黄色い道である国道156号の上の彼方にあるのだが、そこから荻町方面に下り来て、「越中西街道」とも呼ばれる国道360号方向に曲がり(上の上の写真の表示が曲がり角にある。ただし道の駅方面からは「曲がらないと見えない」)、後は表示に従えば到着する。

地図では城跡が離れているように書かれているが、心配は無用。156号をゆっくり走れば見落とさずに済むはずだ。むしろカーナビの方が、怪しい道を表示する場合がある。

 

 

 ten07.jpg

城山展望台への道はこういう感じ。一部対向できない場所もあるが、観光バスが通れるのでキャブコンでもOKだ。

 駐車場2

バスが泊まっているのは、食事処の城山天守閣の駐車場なので利用者しか停められないが、実はその奥に筆者のハイエースを含めた数台のクルマが見える「無料駐車場」が存在する。上の上の写真もそうだが、ここだけが現存する白川郷内唯一の無料駐車場である。

この情報を知る人はまずリピーターだろう。ただ、もし貴方が筆者と同じ疑問を抱き、検索サイトからこのページに辿り着いたのなら、それはラッキーというよりも「頑張った貴方へ筆者が贈るご褒美」だこのサイトは、そういう努力をする人に「福」が届くよう、あれこれと手を施してある(笑)。

 ただし、ここは「展望台専用の駐車場」として利用しよう。集落を回ると長時間駐車となり、他の利用者の迷惑になる。村営せせらぎ駐車場は、普通車なら1日500円。そのくらいのお金が落とせないなら、旅はしないほうがいい。ここはあくまでも時間や体力のない人のためのスペースと考えるのが、オトナだ。

 

ten08.jpg

さて。次は徒歩でのアクセスだが、これには2つのルートがある。まずは国道156号から「越中西海道」(国道360号)に入ると、城山展望台と書かれた看板が見え、そこから、ほとんど山道に近い遊歩道が展望台まで通じている。30分ほどの道のりなので、気候の良い日は歩いてみるのも悪くない。

 ten04.jpg

最後は、集落の中から展望台に通じるルート。これはライトアップ時によく使われる。先ほどの遊歩道よりは、こちらが断然ラクである。ライトアップ時は、展望台の混雑具合を表示する看板が立てられる。

ten05.jpg

日没前には、もう渋滞で前に進めない。写真の右上に小さくアリのように見えるのは、展望台の最前列に陣取る人々の姿(ただし2016年からは、バリケードが立てられ最前線までは行けなくなった)。

とはいえ、このくらいの根性がないと、白川郷の夜景は撮れないのだろう(笑)。

もっとも、裏技がないわけではない… 

最後に…
ライトアップ行こうと思っている人には、現地で慌てないために、面倒でも下のページを見て行かれることをお勧めしておこう。

車中泊で訪ねる白川郷 ライトアップ撮影ガイド

 

世界遺産・白川郷に関する詳細ページはこちら。

白川郷ガイド

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

ザ・キャンピングカーライフ

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

 

神田家

白川郷の見学できる合掌造り 「神田家」

 

神田家は和田家(現国重文)の次男である和田佐治衛門が分家し、この地に居を構えたのが始まりで、合掌造りは江戸後期に石川県の宮大工により十年の歳月をかけて建造されたと伝えられる。

神田家/白川郷

それまでの合掌造りの構造を受け継ぎながらも、新しい技術を取り入れ改良された、完成度の高い作りだそうだ。

 

神田家/白川郷

 入ると最初に「おえ」と呼ばれる1階大広間に通される。ここは昔、居間や客間、農作業の場所として使われていた場所で、囲炉裏で暖をとったり煮炊きをしたりと家族団欒をする生活の中心の場であったという。その囲炉裏には、今も欠かさず火が入れられる。

合掌造り 神田家/白川郷

 神田家の合掌づくりは4階建て。その階段は、もはや住宅の域を超えている。ユニークなのは中二階の存在。そこでは独身の男兄弟や使用人が寝起きをし、火の安全を確かめる為の火見窓から、囲炉裏の様子が見られるようになっている。

合掌造り 神田家/白川郷

 養蚕に使われたという二階には当時の用具が展示され、上り口では日本昔ばなしの口調でガイドをしてくれるスタッフがいた。中央は囲炉裏の暖と煙を上げ、建築材を燻すための簀子状態になっていた。他にも随所に工夫が見られ、その合理性には舌を巻くばかりである。

これで300円は明らかに格安。行く価値大有り!である。ドドン!と太鼓判の音付きで…(笑)

 

神田家
岐阜県大野郡白川村荻町796 
☎05769-6-1072
営業:通年/9:00~17:00/不定期
料金:大人300円、小・中・高校生150円

なおクルマでは行けないので、「せせらぎ駐車場」から徒歩でお出かけを。

 

稲垣朝則の世界遺産・白川郷に関する詳細ページはこちら。

白川郷ガイド

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

ザ・キャンピングカーライフ

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

 

合掌造り民家園

白川郷の合掌造り博物館 「合掌造り民家園」 

 

合掌造り民家園は、白川郷の岐阜県重文9棟を含む25棟の合掌造りを保存・公開する博物館で、白川村が合掌造りの建築物・文化の保存のために1971年(昭和46年)に開業した施設である。

合掌造り民家園/白川郷

開業当初の名称は「白川郷合掌村」。その後、「白川郷合掌の里」と改称し、現在の「合掌造り民家園」となった。

 合掌造り

主屋(おもや)だけでなく、神社やお寺本堂、水車小屋等があり、主屋は屋根裏まで見学できる。中でも山下家は、白川村に現存する数少ない18世紀の合掌造りだ。

 

駐車場

 せせらぎ駐車場とも隣接しており、分かりやすいところにある。合掌造りの写真を撮りたい人には、入場料はかかるものの、人が少なく電線などの人工物のないこの民家園はお勧めゾーンだろう。ただ、人が住んでいないので、集落にある神田家や和田家のような生気は感じられない。

岐阜県大野郡白川村荻町2499
☎05769-6-1231
営業:通年/8:40~16:40(閉館17:00)、12~翌2月は9:00~15:40(閉館16:00)/無休(12~3月は木曜休、祝日の場合は前日休)
料金:大人500円、小・中・高校生300円

 

稲垣朝則の世界遺産・白川郷に関する詳細ページはこちら。

白川郷ガイド

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

ザ・キャンピングカーライフ

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅

 

白川郷の湯

世界遺産に湧く温泉 白川郷の湯

 

筆者は白川郷に既に10度は足を運んでおり、この温泉は2002年にオープンした当初に一度入っているのだが、今の仕事をする以前のことで記憶は全く残っていなかった(笑)。

白川郷の湯

 

2014年10月、12年ぶりにその「白川郷の湯」の暖簾をくぐった。場所は白川郷のメインストリート沿いで、すぐ近くにAコープがある。通りからは一段奥まった川沿いに建ち、集落を散策後、足の疲れを癒すには絶好の場所である。

白川郷の湯

お湯は笹緑で、露天風呂からは庄川が見渡せ、内風呂にはジェットバスやミストサウナもある。地方の日帰り温泉によくあるパターンだが、ここは宿泊もできるので、フリースポットになっている。今はその値打ちも薄くなったが、スマホが登場するまでは実にありがたいサービスだった。

 

 白川郷の湯

また狭いながらも無料駐車場があり、近くにある道の駅・白川郷で車中泊をする際はありがたい。ただしキャパは5.6台しかないので、週末や連休時はクルマを白川郷の駐車場に置いたまま、移動前に入浴するほうが無難だろう。

 白川郷のライトアップ

なお、ライトアップの日はアタマを使わないと、受付時間には間に合わない。そのあたりの事情は以下のページでご確認を。

車中泊で行く、白川郷ライトアップ 撮影ガイド

 

白川郷の湯 オフィシャルサイト

所在地 :岐阜県大野郡白川村荻町337 
☎05769-6-0026
入浴料:大人700円、小学生300円
営業時間 :7:00~21:30(受付終了21:00)・通年・無休

 

 

 

稲垣朝則の世界遺産・白川郷に関する詳細ページはこちら。

白川郷ガイド

【稲垣朝則のオリジナル・ウェブサイト】

ザ・キャンピングカーライフ

オートパッカー

大人の車中泊

サブバッテリー

クルマで旅する北海道

車中泊で温泉旅