北の国から 詳しいロケ地マップ

車中泊やオートキャンプなど、マイカーで北海道を旅する人に向けた情報発信サイトです。
■ホーム
■車中泊でクルマ旅トップ
■オフィシャル・ブログ
■お問い合わせ
オートパッカー
 
 
 
★ビギナーズ・サイド
北海道フォトギャラリー
北海道フェリー
PostScript
■なぜ人はリピートするのか
■筆者と北海道
■北海道に関する寄稿誌一覧
coleman特集
 
 
リアル車中泊
 
 
 
北の国から探訪マップ

富良野にある「北の国から」のロケ地を訪ねるのなら、まずはこのマップを手に入れよう。

かなりマニアックな場所まで網羅されたお勧めの資料である。
下のマップをクリックすると、ふらの観光協会の印刷可能なPDFが収録されたページが立ち上がるので、念の為にそれを持参すると良い。
実物は、現地のふらの観光協会や「北の国から」資料館に行けば手に入ると思うが、このマップは30周年を機会に平成23年5月に作られたものらしく、在庫がなくなれば配布を終える可能性がある。
 
北の国からロケ地マップ
 
「北の国から」を見ると、なぜ富良野に親しみが湧くのか… 
そこには、ちゃんとした理由がある。
 
通常ドラマには「架空」の場所や人物が登場する。
「北の国から」でも、黒板五郎を筆頭に登場人物は全て「架空」であり、中畑木材や草太の牧場などは、本物とは名前を変えてドラマに登場している。
 
しかし… 地名や公共施設は、そのまま使われた。
純と蛍が最初に降り立った布部駅、そして富良野駅、あるいは麓郷、八幡丘、空知川… 
つまり「北の国から」には、リアルとバーチャルが混在した世界が展開されている。
 
結果的には、それが良かった。
富良野に純や蛍がまるで実在したかのように思える一番の要因は、多分そこにあるのだろう。
ただ、本編24話が放映された当時は、ロケ地といえば富良野や麓郷の「景観」が主になる。
具体的なところといえば、富良野駅、ファーム富田、プリンスホテル、麓郷ではせいぜい中畑木材(麓郷木材)と小野田そば(当時は小野田旅館)くらいだ。
 
ニングルテラス
 
実は「北の国から」のロケ地が圧倒的に増えたのは、本編終了後のシリーズになってからだ。
丸太小屋のある麓郷の森が整備されたのは1984年、シリーズ2作目の「1984夏」が放映された年である。
 
察するところ… ドラマが始まった当初というのは、それなりに風当たりは強かったのだろう。特に行政は腰が重く、そうそう思惑通りには行かなかったのかもしれない。
それはロケ地として登場する多くの施設が、倉本氏と交流のある民間施設や個人商店であることからも汲み取れる。
華やかなファーム富田やプリンスホテルの協力もまた、倉本氏の人脈によるものだった。
ちなみに、西武鉄道グループオーナーの堤義明と倉本氏は、麻布中学・高校時代の同級生。それがあのニングルテラスを生むきっかけになったことも書き加えておこう。
 
はっきり言ってしまおう。
「北の国から」を見たことがない人にとって、そのロケ地はたいして面白いところではない。
麓郷の森は涼しい木陰に過ぎないし、ニングルテラスもコジャレたショッピングモールでしかないはずだ。そこにドラマのシーンがリンクしてこその「聖地」だけに、感慨が共有できなければ、ひたすら浮いた訪問者を演じなければならなくなる…
そのことを筆者は、身を持って学んだ。
 
初めて富良野を訪ねたのは、2000年の夏だった。
「北の国から」が放映された1981年当時は大学生で、偶然にも下宿先には富良野出身の仲間がいた。彼は毎週欠かさずこのドラマを見ていたようで、よくその話を聞かされたものだし、部屋にお邪魔して一緒に見たことも何度かあった。
しかし20年の歳月は、その記憶を脳の奥深くに沈めてしまい、麓郷まで来ても、幼い頃の純と蛍の面影と、丸太小屋があったことくらいしか浮かんではこなかった。
 
翌年の春… 我家に再び北海道ツアーの計画が持ちあがった。
家内と僕はTSUTAYAで「北の国から」全作をレンタルし、1ヶ月かけて20年分の「北の国から」を観た。別に誰にそうしろと言われたわけではない。
ただ、もう一度富良野に行くなら、絶対にそうしてから出かけたい… と純粋に思ったのだ。
今度は、富良野で異邦人にはなりたくない。きっと家内も同じ思いだったのだろう。
 
 
 
 
※こちらは「北の国から 一味違うロケ地ガイド」の「ロケ地マップと着目点」です。

北の国から 一味違うロケ地ガイド コンテンツ

■「北の国から」トップページ 
■その頃の日本
■その頃の富良野
■その頃の倉本聰
■ロケ地マップと着目点
■主なロケ地の紹介
■全作品のあらすじ(BSフジ)
 
 
★リピーターズ・サイド
北海道ガイド
■道東エリア 周遊ガイド
■道央エリア 周遊ガイド
■道北エリア 周遊ガイド
■道南エリア 周遊ガイド
富良野&美瑛
知床半島
礼文&利尻島
阿寒&摩周湖
釧路&根室
大雪山
ニセコ&積丹
日高&襟裳岬
大沼・函館
 
北の国から
 
サブバッテリー
キャンピングカー
アネックス

 ホーム  サイトマップ | プロフィール | 旅の空から | 車中泊見聞録 | フェイスブック  
写真及び文章の無断転用はご遠慮下さい。  Copyright(C)2015 稲垣朝則 All Rights Reserved.