スポンサーリンク

温泉の美肌成分「メタけい酸」

車中泊で温泉旅
美肌成分
「クルマ旅のプロ」がお届けする車中泊温泉旅行ガイド
「クルマ旅専門家」・稲垣朝則が、10年以上かけてめぐってきた全国の温泉地を、「車中泊旅行者の目線」から再評価。車中泊事情や温泉情緒、さらに観光・グルメにいたる「各温泉地の魅力」を、主観を交えてご紹介します。
温泉車中泊コースガイド 執筆秘話
車中泊の旅行者が、本当に知りたい温泉地の情報をまとめた本の紹介です。

特に女性はご注目!

美肌成分と聞いて、ビビットに反応しない女性は少ないと思うが、「メタけい酸」はうちの家内にも大いなる変化をもたらした。

見事、美肌になったかどうかは別として(笑)… ほとんど興味のなかった「温泉分析書」を、自ら進んで読むようになった。

「メタけい酸」は水と結びつきたがる性質が強く、皮膚の角質層以下に多く含まれるほど保水力が高まり、乾燥肌を予防してくれる。
潤い肌用の化粧品や入浴剤に配合されているのはそのためだ。また胃の粘膜を修復する薬にも使用されているという。

メタケイ酸

白い袋の中に入っているのが、乾燥した「メタけい酸」で、実はお菓子などに入っている「シリカゲル」と同じものだ。

これは長野県の渋温泉にある老舗の温泉館「金具屋」に泊まった際に、館内イベントの「自家源泉見学ツアー」のお土産としていただいたもので、これを自宅のお風呂に溶かせば、たちまち美肌の湯に変わるという、なかなか粋な「はからい」だ。

メタけい酸
含有量50mg以上=温泉として認められる数値。
含有量100mg以上=「美肌のお湯」と呼べる目安。
なお、含有量は温泉分析書の「非解離成分の欄」に記載されている。

温泉分析書

中山平温泉

ちなみに、「メタけい酸」の含有量の多い温泉で有名なのは、宮城県鳴子温泉郷の「中山平(なかやまだいら)温泉」。中でも「しんとろの湯」という日帰り温泉施設の湯は、メタけい酸が500ミリグラム近く含まれており、そのトロトロ感は際立っている。

大丸温泉旅館

また栃木県の「那須湯本温泉」にある「鹿の湯」と、さらにそれより高い場所に建つ「大丸温泉旅館」という秘湯の一軒宿にも、「メタけい酸」を300ミリグラム以上含む温泉がある。

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました