旅行者のための「お城めぐり入門講座」 

丸亀城
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊ならではの旅」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。

名城&寺社仏閣クルマ旅ガイド 執筆秘話
クルマ旅専門家・稲垣朝則の著書「名城&寺社仏閣クルマ旅ガイド」の執筆秘話をご紹介。

注目すべきは、天守ではなく「城郭」

このコーナーには、特に「お城が大好き!」というわけではない旅人でも、「知っておいて損はないレベルの知識」をまとめている。

その中で筆者が「プロローグ」として取り上げたいのが、「城郭(じょうかく)」という耳慣れない言葉だ。

国宝 彦根城

ウィキペディアには、「城」とは敵を防ぐために土や石で堅固に築いた建物・設備と説明されている。

たしかに「天守がある大きな城」には、外堀・内堀があって、さらに石垣の上に櫓(やぐら)が建てられ、簡単には「本丸」に近づくことができない。

「城郭」というのは、こういう「フルセットのお城」を指して云う。

しかしそれとは別に、日本各地には「砦(とりで)」あるいは「出城」と呼ばれる、小規模な城が多数存在した。

小田原 一夜城跡

写真は秀吉が難攻不落の「小田原城」を攻略するために築いた、通称「一夜城」跡。こちらはまさしく「砦」だが、本城を守る衛星のような「出城」を含めると、その数は「城郭」よりも圧倒的に多かった。

さて。江戸時代には「城郭」が200ほど存在していたようだ。

真田昌幸 上田城

しかし、明治維新後の新政府による「廃城令」と、太平洋戦争の戦禍により、その大半は「原型」を失い、当時からの天守を残す城は全国でわずか12ヶ所、「城郭」まで残っているといえるのは、たったの2城になってしまった。

そのため「城郭」を失った多くの城跡は、「天守」もしくは「櫓」、あるいは「堀と石垣」を残した「城跡公園」にするしかなかった。
つまり、その2城以外では「城郭」の残骸しか見ることができない。

世界遺産 姫路城

ゆえに願わくば最初か、できれば早いうちに「城郭」をほぼそのまま現在に伝える世界遺産の「姫路城」か、同じく世界文化遺産の登録候補に名を連ねる、琵琶湖東岸の「彦根城」に足を運んでみていただきたい。

さて、大事なのはここからだ。

お城マニアなら、このあとすぐに「現存十二天守と日本100名城」のページに進んでもかまわないが、旅人にはその前に見てほしい記事がある。
行ってみたくなるお城選びの秘訣
エピソードをテーマにした独自のお城めぐりのススメです。

『車中泊旅行者のための「お城めぐり入門講座」』インデックス

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました