道の駅 桜の郷荘川 車中泊好適度チェック!

道の駅 桜の郷荘川 道の駅
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。
スポンサード・リンク

「道の駅 桜の郷荘川」は、名木「荘川桜」の近くにある温泉併設の道の駅。

東海北陸自動車道

「道の駅 桜の郷荘川」のロケーション

道の駅 桜の郷荘川」は、東海北陸自動車道「荘川インター」のほぼ真下にある国道158号沿いの道の駅で、荘川は「しょうかわ」と発音する。

温泉併設で敷地も広く、昔から車中泊環境には恵まれているのだが、高速道路が白川郷まで延伸したことで、現在はスルーしてしまうことがずいぶん増えた。

だが春先には、荘川インター」で高速を降りる「用事」が生まれる。

荘川桜

道の駅 桜の郷荘川の名前の由来になっているのは、御母衣ダムを見渡すようにたたずむ、樹齢450年の「荘川桜」だ。

「荘川桜」はダム建設の際に移植された老木で、毎年4月下旬から5月上旬に見事な花を咲かせている。

道の駅 桜の郷荘川」から白川郷方面に5分ほど走った場所にあるのだが、その時ばかりは、今でも観光バスなどでごったがえしている。
「荘川桜」の歴史と、アクセス&見学ガイド
クルマ旅のプロがまとめた、飛騨の名木「荘川桜」に関する記述です。
スポンサード・リンク

「道の駅 桜の郷荘川」の施設

道の駅 桜の郷荘川」は、収容台数156台とかなり大型の施設で、車中泊の場合はクルマをできるだけ奥に停める方が静かだ。国道沿いは通行量も多く騒々しい。

売店では春は山菜、夏は高冷地野菜などの旬のものと、荘川村の特産品を販売している。このあたりは蕎麦が有名らしい。

荘川

道の駅は水のきれいな荘川に面しており、その脇にはデッキテラスも設けられている。

風呂上がりにビール休憩するには最高のロケーションかも(笑)。

時代に逆行するゴミの対応。岐阜県自体がゴミの回収に関しては遅れている。

「道の駅 桜の郷荘川」の車中泊好適度

1.駐車場の平坦性=○
2.駐車場のキャパシティー=○
普通車:156台
3.ゴミ箱の有無=なし
4.旅行情報の充実度=未確認
5.付帯設備の充実度=○
6.周辺の車中泊環境=△

「道の駅 桜の郷荘川」の温泉

道の駅 桜の郷荘川

 併設する「桜香の湯」は、高温・自噴の温泉。良質のナトリウム炭酸水素塩泉で、効能は、神経痛、筋肉痛、関節痛等。

桜香の湯
10:00~20:30(営業時間)季節により変動。
定休日:木曜日(祝日の場合、翌日)
入浴料 大人700円・小人(小学生)300円 障害者630円 幼児無料 JAF割引あり

「道の駅 桜の郷荘川」周辺の買い物施設

コンビニ
約11キロのところにデイリーヤマザキがある。

スーパーマーケット
約1.5キロのところに小さなAコープがある。

「道の駅 桜の郷荘川」のアクセスマップ

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました