スポンサーリンク

道の駅 伊豆ゲートウェイ函南 車中泊好適度チェック!

道の駅 伊豆ゲートウェイ函南 道の駅
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

「道の駅 伊豆ゲートウェイ函南(かんなみ)」は、2017年にオープンした新しい伊豆半島の玄関口

「道の駅 伊豆ゲートウェイ函南」のロケーション

伊豆半島の道の駅

道の駅伊豆ゲートウェイ函南」は、東名高速の「沼津インター」及び、新東名高速の「長泉沼津」に直結する、伊豆縦貫道「函南塚本インター」を降りてすぐのところにある道の駅。

道の駅伊豆のへそ

それまで”伊豆半島の玄関口”の役割を果たしてきた「道の駅 伊豆のへそ」より、世界遺産「韮山反射炉」を挟んで、約8キロ・10分ほど北にあがったところに2017年にオープンした。

車中泊旅行者目線に立ってロケーションから鑑みると、「いまさらここに道の駅は要らない」。同じ伊豆半島に作るなら、「道の駅くるら戸田」しかなく、慢性的に混雑している西伊豆の土肥か黄金岬あたりのほうが常識的だ。

とはいえ、「道の駅伊豆のへそ」の大規模なリニューアルと連動して作られた「道の駅伊豆ゲートウェイ函南」からは、”伊豆半島玄関口”としての機能をきちんと発揮させたいという意図はよく伝わる。

道の駅 伊豆ゲートウェイ函南」の施設

道の駅 伊豆ゲートウェイ函南

道の駅伊豆ゲートウェイ函南」のいちばん良いところは、バランスの取れた施設内容だ。

道の駅 伊豆ゲートウェイ函南

インフォメーション・ボードの筆頭に記されているように、駅舎の入口近くでわかりやすい場所に観光案内所がある。

道の駅 伊豆ゲートウェイ函南

レンタル自転車の置き方も、垢抜けていてかっこいい。

伊豆半島を初めて、あるいは久々に訪れた旅人が、「道の駅 伊豆月ヶ瀬」のように「さあさあ、飯食ってお土産買って帰ってや~」みたいなアプローチをされたら、どう感じるのだろう。

今の時代、インバウンドや農協のバスツアーでやってくる爺様婆様でも、もはやそういうのを歓迎してはいないはずだ(笑)。

道の駅 伊豆ゲートウェイ函南

次はコンビニ。

マイカーで訪れる旅行者の多くは、「食べログ」で地域のおいしい店を調べてくる。すなわち、道の駅のレストランにさほどの期待はしていない。

だが逆にのどが渇いていたり、小腹が空いていたりはするものだ。高速道路でのアプローチではなおさらだろう。そこに「24時間営業のコンビニ」があれば、ここで車中泊するのも悪くないと思うのは当たり前。

道の駅 伊豆ゲートウェイ函南

その延長線上にあるのが、ファストフード。ワンコイン以下のメニューを揃えられれば自ずと目が行く。

取材で訪ねた日は熱中症を警戒するほどの暑さで、ケチな筆者も思わずかき氷に釣られてしまった(笑)。

道の駅 伊豆ゲートウェイ函南

売店の品揃えもユニークだ。

道の駅 伊豆ゲートウェイ函南

伊豆の道の駅では、特産品のわさびを生やチューブで売るところが他にもあるが、「道の駅伊豆ゲートウェイ函南」では加工品に特化している。

ご当地商品でありながら、消費期限が長いうえにコンパクトなので、お土産にしやすく店でも場所を取らない、まさにWinWinの商品だ。

道の駅 伊豆ゲートウェイ函南

いっぽう、かたやではアジや金目鯛の干物まで売っており、まさに”伊豆ゲートウェイ”と呼ぶに相応しい品揃えになっている。

道の駅 伊豆ゲートウェイ函南

もちろん可燃物のゴミ箱は「当然」といわんばかりに置いてある(笑)。押し付けがましい張り紙もなく、旅人は気分良く利用できる。

道の駅 伊豆ゲートウェイ函南

今度は車中泊について。

駐車場は広く概ねフラットで、車中泊自体に支障は見当たらない。収容台数も98台と多く、よほどでなければ夜あぶれる心配もないと思うが、ひとつだけ気をつけたいことがある。

これだけの道の駅なので、夜間に大型トラックも利用する。ゆえに車中泊をする際は、その境界から離れた駅舎に近いスペースのほうがいい。

なお万が一道の駅が満車でも、道路の向かいに「川の駅」があり、そちらの駐車場を利用することができるようだ。

ついでに書くと、トイレは綺麗に決まっている(笑)。

変態・変人扱いされるリスクを犯してまで道の駅のトイレの写真を撮って、懇切丁寧に紹介している若いブロガーもいるようだが、道の駅のトイレはわざわざ紹介するまでもなく、綺麗で清掃もよく行き届いている。

20世紀にできた道の駅でも、大半がトイレだけは洋式に改築しているので、そうでない場合のみ教えてくれればいい。そのぶん、違うところに目を向けたほうが読者だけでなく自分のためにもなるだろう。

記事はグーグル・ロボットに読ませるのではなく、アクセスしてくれた人に読んで役立ててもらうもの。中身の薄い水増ししたテキストで、検索ランキングを上げようとする「浅はかな下心」など、百戦錬磨の中高年車中泊旅行者には通用しない。

伊豆わさびミュージアム

ちなみに道の駅の両サイドには、観光施設の「伊豆わさびミュージアム」と「めんたいパーク」がある。

めんたいパーク

筆者は両方立ち寄っていないが、いずれも道の駅から歩いていけるうえに入場無料だ。道の駅の中でお客を楽しませることに固執するより、こうした外部施設と共存共栄できる形態をとれば、建設コストも運営リスクも格段に下がる。

それでも赤字なら、補助金にも納得が行くというものだ。

「道の駅 伊豆ゲートウェイ函南」の車中泊好適度チェック!

【車中泊好適度!チェック】
1.駐車場の平坦性=○
2.駐車場のキャパシティー=○
普通車:98台
3.ゴミ箱の有無=○
4.旅行情報の充実度=○
5.付帯設備の充実度=○
6.周辺の車中泊環境=○

道の駅伊豆ゲートウェイ函南」 オフィシャルサイト

「道の駅 伊豆ゲートウェイ函南」の最寄りの温泉

ゆーとぴあ函南
道の駅から約3キロ
☎055-970-0001
おとな700円
10時~21時・火曜定休

「道の駅 伊豆ゲートウェイ函南」周辺の買物施設

コンビニ
場内に24時間営業のセブン・イレブンがある。

エブリィビッグデー 函南店

スーパーマーケット
約2キロのところに、エブリィビッグデー 函南店がある。

「道の駅 伊豆ゲートウェイ函南」のアクセスマップ

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
タイトルとURLをコピーしました