高山観光の概要&車中泊スポットガイド

ロケ地ほか
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊ならではの旅」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。
スポンサード・リンク

まちなかに残る「日本の原風景」。

高山

高山のロケーション

高山観光の話を始める前に、まずはそのロケーションを確認しよう。

高山の町は「奥飛騨温泉郷」と「白川郷」のほぼ中間に位置している。

「奥飛騨温泉郷」の「平湯バスターミナル」から「高山駅」までは約35キロ・50分、いっぽう「道の駅白川郷」からは46キロ・高速道路で50分。

高山

高山は小さな町で、普通に市街を見て歩くだけなら半日あれば楽しめる。

つまり白川郷と高山を抱き合わせる場合は、午前中に白川郷を見て昼頃に高山に到着する、もしくはその逆が理想的なスケジュールになるし、それは奥飛騨温泉との抱合せでも変わらない。

高山ラーメン

いずれにしても昼食には、飛騨牛から高山ラーメンまでいろいろ揃う高山のほうがお勧めだろう。
高山ラーメン「桔梗屋」の中高年食レポ
中高年のクルマ旅のプロが記した、高山ラーメン「桔梗屋」の食レポです。
スポンサード・リンク

高山の主な見どころ

高山

江戸時代以来の城下町・商家町の姿を残した高山は、その景観から「飛騨の小京都」と呼ばれ、これまでに二度「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で3つ星を獲得してきた。

とりわけ人気なのは、高山市の中心部に位置し、俗に「さんまち」と呼ばれる「重要伝統的建造物群保存地区」だが、ここで気になるのが高山の歴史だ。

城下町・高山の基礎を築いた武将は、「金森長近(かなもり ながちか)」

出典:岐阜県観光連盟

戦国時代の武将「金森長近」は、織田信長に仕え、斎藤氏攻略戦などで活躍した人物だ。

その後柴田勝家の与力となるが、勝家が滅ぼされたのちは羽柴秀吉に従い、天正13年(1585年)に飛騨国を与えられる。

だが、慶長5年(1600年)の関ヶ原の合戦では徳川家康に味方し、戦後は飛騨高山の藩主となって、高山城の築城と、京の町並みを手本にした碁盤状の城下町や、寺社の建築を進めていった。

それが、高山が「飛騨の小京都」と呼ばれる所以である。

また「金森長近」は茶の道に通じ、千利休らに茶の湯を習うなど、文武を両立した賢い武将としても知られている。

出典:飛騨高山の郷土料理「京や」

さて。その当時の町割りが残る「さんまち」は、上一之町・上二之町・上三之町・下一之町・下二之町・下三之町の6つの町から構成されていて、「さんまち通り」というのは、「上三之町」に面した通りを指している。

高山 さんまち

だが今は、日によってメインストリートの「さんまち通り」が原宿化する。

そこで若者達が求めているのは、クレープではなくコレ。

飛騨牛握り寿司

いやはや「食べログ」恐るべし(笑)。

高山

だが同じ「重要伝統的建造物群保存地区」でも、下一之町・下二之町・下三之町は、見どころが地味なせいか、若者が少なく比較的静かだ。

ここには、本当の日本を愛する外人さんもやってくる。

おとなの高山観光のテーマは「匠」。

高山

高山の観光資料をみると、「町屋建築」「民芸品」あるいは「グルメ」のように、その見どころを「縦割り」で紹介しているものが大半を占めている。

だが、旅行者は同じ類のものばかりを見て歩くわけじゃない。

つまり、それらを串刺しにする「横割りのテーマ」を見つけなければ、観光に厚みが出てこない。

高山

高山には名工建築を筆頭にした、「匠」という素晴らしいテーマがある。

そして「匠」をテーマにすれば、伝統建築だけでなく、現代のアートな雑貨や、高山ラーメンのようなソウルフードも、その対象に加えられる。

スポンサード・リンク

高山の車中泊事情と車中泊スポット

道の駅ななもり清見

続いて車中泊のお話。

高山の市街地から10 キロほど離れた、中部縦貫自動車道「高山西インター」のそばに「道の駅ななもり清見」がある。

市営天満駐車場

いっぽう、高山の市街地には観光駐車場がいくつかあるが、どれも全部有料だ。その中で車中泊に適しているのは、写真の市営天満駐車場だろう。

高山市内のベスト車中泊スポット 市営天満駐車場

市営天満駐車場

市営天満駐車場はトイレ付きの平面駐車場で、ゲートの屋根が出っ張っておらず、キャブコンでも利用できる。

料金は8時から20時まで30 分150円、それ以外は1時間50 円。

市営天満駐車場

市営天満駐車場からは、近くのローソンと天満湯まで歩いて行ける。

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。

白川郷 車中泊旅行ガイド

車中泊で行く白川郷

白川郷 その歴史と世界遺産ストーリー
白川郷 その歴史と世界遺産ストーリー
「白川郷の合掌造り」の歴史と、世界遺産に至るまでのストーリーを紹介しています。
「合掌造り」と、白川郷にある3つの見学施設
「合掌造り」と、白川郷にある3つの見学施設
日本の伝統建築技法「合掌造り」と、白川郷にある3つの見学施設を紹介しています。
マイカー&車中泊で行く「白川郷ライトアップ」ガイド 
マイカー&車中泊で行く「白川郷ライトアップ」ガイド 
マイカー&車中泊で行く「白川郷ライトアップ」の見どころと駐車場事情に関する記述です。
白川郷・荻町集落の絵になるフォトスポット ベスト3
白川郷・荻町集落の絵になるフォトスポット ベスト3
世界遺産「白川郷・荻町集落」のとっておきのフォトスポットを紹介します。
白川郷・城山展望台 マイカー・アクセスガイド
白川郷・城山展望台 マイカー・アクセスガイド
白川郷の荻町集落にある、城山展望台へのマイカー・アクセスに関する記述です。
白川郷関連記事 一覧
白川郷関連記事 一覧
取材してきた白川郷に関連する記事の一覧です。

奥飛騨温泉郷 車中泊旅行ガイド

奥飛騨温泉郷の「車中泊・居心地度」チェック!
奥飛騨温泉郷の「車中泊・居心地度」チェック!
車中泊旅行者にとっての、奥飛騨温泉郷の居心地度を独自の観点からチェックしています。
奥飛騨温泉郷の概要と車中泊事情
奥飛騨温泉郷の概要と車中泊事情
個人旅行客が知りたい奥飛騨温泉郷の情報を詳しく紹介しています。
奥飛騨温泉郷の入湯レポート 一覧
奥飛騨温泉郷の入湯レポート 一覧
これまでに奥飛騨温泉郷で入湯した共同温泉ほかのレポートです。
奥飛騨温泉郷の車中泊事情&車中泊スポット
奥飛騨温泉郷の車中泊事情&車中泊スポット
クルマ旅のプロが解説する、奥飛騨温泉郷の車中泊事情と車中泊スポット情報です。
自然に恵まれた奥飛騨温泉郷の見どころ
自然に恵まれた奥飛騨温泉郷の見どころ
自然に恵まれた奥飛騨温泉郷の見どころを、クルマ旅のプロが解説しています。
奥飛騨温泉郷 全記事リスト
奥飛騨温泉郷 全記事リスト
これまで取材してきた、奥飛騨温泉郷に関するすべての記事の一覧です。
タイトルとURLをコピーしました