RENOGY(レノジー)リチウムイオン サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先

サブバッテリー取付工事サブバッテリー
クルマ旅のプロが実践する、ワンランク上の車中泊
このサイトでは、既に車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、20年以上の歳月をかけて培ってきた、オリジナルの車中泊ノウハウとそのアイデアを紹介しています。
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィール
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィールと沿革です。
スポンサード・リンク

サブバッテリー搭載における最重要ポイントは、信頼できる製品と業者選び

リチウムイオンバッテリーシステム

RENOGY(レノジー)リチウムイオン サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先【目次】

RENOGYのリチウムイオン・バッテリーの評判は?

最初で最大の課題は、取付工事をしてくれる業者を見つけること

大阪で安心して設置を依頼できるのは、(有)育生モータース

師曰く、重要なのは充電器選び

スポンサード・リンク

RENOGYのリチウムイオン・バッテリーの評判は?

RENOGY

出典:RENOGY 公式サイト

もはや「流行」とも云えそうな勢いで進む、キャンピングカーを筆頭にした車中泊時に使うサブバッテリーのリチウムイオン・バッテリー化だが、関連業界の人間か、よほどのオタクでなければ、どのメーカーのどの製品を選べばいいかのか、普通は分かるわけがない(笑)。

確かなことは、RENOGYがアメリカに本社を構える企業で、ソーラーパネル・バッテリー・チャージコントローラー・インバーターなど、独立型ソーラー発電システムの構築に必要な機器を幅広く取り扱うほか、それぞれの接続に必要なケーブルやオプション品まで用意していること。

筆者が書いた「車中泊用サブバッテリー リチウムイオン載せ替え&新規搭載ガイド」を見てくれた人は別として、このページに直接アクセスしてくれた貴殿は、もう既に心の中でRENOGYのリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを使うことをほぼ決めているのかもしれない。

またそれを決定づけるために、ここへ来てくれた貴方には、もう既にご覧になったかもしれないが、その「背中を押してくれる動画」があるので、ここでそれを紹介しておこう。

ただこれはあくまでもバッテリーの性能に関する話で、我々にとって一番大事な、「それを車中泊でどううまく活用するか」は別問題。

それを考えるのは、他でもなく車中泊の世界にいるプロの仕事だ(笑)。

ということで、ここからはオタクが認める高性能なRENOGYのリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを、車中泊で活かすために必要な話を進めていこう。

スポンサード・リンク

 

最初で最大の課題は、取付工事をしてくれる業者を見つけること

RENOGYのリン酸鉄リチウムイオンバッテリーで、筆者がイチオシしている製品は、以下のページに行けば簡単に手に入る。

だが取り付け工事をしてくれる業者の紹介、あるいは斡旋ページは見当たらない。

業者はコスパがあわず、取り付け工事には消極的

オートバックス

たぶん、そのような「体制」を全国ネットで用意できるサブバッテリーの販売業者はないと思う。

言い換えればそれほど車載用のサブバッテリー・システムというのはマニアックで、そうでなければとっくに、あの「オートバックス」が参入している(笑)。

トイファクトリー

例えば同じハイエースベースのバンコンでも、内装が違えば配線方法が変わり、それに応じて工事費用は変わってくる。

またキャンピングカーの中には、トイファクトリーのクルマのように、電気系統をコンピューターで管理している車両もあり、ディーラー以外が手出しできない場合もあるという。

それが近所で、サブバッテリーの取付け業者を見つけるのが「至難の業」と云われる理由だ。

そう考えると、キャンピングカーの取り扱いがない業者が、軽々しく引き受けてくれるほうが怪しいかもしれない。

サブバッテリー配線工具

またSNSでは一部の器用な人が書いた、素人でも何とかなりそうに思える記事を見かけたりするので、セルフでの設置を試みる人も跡を絶たない。

だがコードをカシメるだけでも、このような専門用具が要るのが実情だけに、途中で頓挫してしまうケースも多いようだ。

大阪で安心して設置を依頼できるのは、(有)育生モータース

(有)育生モータース

そこで大阪にはなるが、筆者がRENOGYのリン酸鉄リチウムイオンバッテリーへのサブバッテリー積替えを依頼した、(有)育成モータースを紹介しよう。

育成モータースは、大阪市内の生野区にあるご覧の小さな町工場で、生野だけに行くのはちょっと大変だ(笑)。

(有)育生モータース

社長の肥田(ひだ)さんは、筆者と同じ62歳の熟練工で、自らもキャブコンに乗っており、キャンピングカーを熟知している。

また会員数1400余名を数える「車泊旅クラブ」を主催しており、様々なキャンピングカーに接しているのも安心材料。

メンバーからは「ペンギンさん」のニックネームで親しまれている。

サブバッテリー配線

筆者もクラブのメンバーで、肥田さんとは時々フィールドで「孫の話」を肴に、酒を酌み交わす旧知の仲だが、こういう「かかりつけ医」のような存在がいてくれるのは心強い。

筆者と同じく、もうバリバリ働くにはカラダがついていかず、かと云って今更スタッフを抱えてまでやるつもりはないようだが、よほどややこしい依頼でなければ、相談に乗ってくれる。

ただしご覧の通り、クルマは1台づつしか工場に入らないので、予約順の作業になることをご了承願いたい。

(有)育生モータース
〒544-0005 大阪府大阪市生野区中川3丁目6−9
☎06-6752-1126

このサイトを見たと云えば、邪険にはされないと思う(笑)。

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
スポンサード・リンク

師曰く、重要なのは充電器選び

DCC 走行充電器12V 50A MPPT

筆者が肥田さんからアドバイスを受けたのは、RENOGYのリン酸鉄リチウムイオンバッテリーへの充電方法の見直しだ。

一般的にサブバッテリーへの充電方法は、❶コンセントからの外部充電❷走行充電❸ソーラー充電の3つがある。

ミルクロード

だが、同じ車中泊で旅をしている人でも、筆者のように団地住まいで旅でも移動が多い人もあれば、戸建てで家でも❶の外部充電ができ、旅先でもお気に入りの場所に長く滞在するのが好きな人もいる。

電源サイト

鉛のディープサイクル・バッテリーでは、❶から❸をうまくミックスして充電するのが当たり前だったが、能力の高い充電器が使える「リチウムイオン・バッテリー」では、一番自分のスタイルに合う充電方法に傾注し、そこに高性能な充電器を充てるのが、コスト削減の秘訣だという。

事実、現在の筆者はこの走行充電だけを載せて外部充電器は外し、ソーラー充電も自宅に駐車している時にしか使っていない。

Next-Page

サブバッテリー入門 

サブバッテリー入門

車中泊用サブバッテリー リチウムイオン載せ替え&新規搭載ガイド
車中泊用サブバッテリー リチウムイオン載せ替え&新規搭載ガイド
実体験に基づく車中泊用サブバッテリーのリチウムイオン積替え&新規搭載のためのアドバイスです。
サブバッテリーの取付けと載せ替える際の留意点と依頼先
サブバッテリーの取付けと載せ替える際の留意点と依頼先
サブバッテリーにリチウムイオン・バッテリーを載せ替え、新規搭載する際の留意点をご紹介。
車中泊で使いたい主な家電のサブバッテリーでの稼働時間
車中泊で使いたい主な家電のサブバッテリーでの稼働時間
車中泊で使いたい、主な家電のサブバッテリーでの稼働時間の目安です。
サブバッテリー リチウムイオン載せ替えレポート
サブバッテリー リチウムイオン載せ替えレポート
サブバッテリーを、満充電にするのに必要な時間に関する記述です。

車中泊の位置づけは「手段」。 「目的」は生活ではなく、クルマ旅やアウトドアを愉しむこと。

車中泊でクルマ旅プロの車中泊クルマ旅をご紹介。
車中泊でクルマ旅 オフィシャルサイト
クルマ旅専門家・稲垣朝則が、日本全国を車中泊で旅するために役立つ情報をお届けしています。
目指しているのは、景勝・グルメ・温泉などの情報に車中泊スポットをリンクした、実践的で役立つ「アラ還・車中泊旅行者」のための「るるぶ」。子育てから開放され、定年後の人生を意識し始める、筆者と同世代の車中泊旅行者に向けたコンテンツです。

この記事がよく読まれています。

車中泊クルマ旅は、日本の新しい「旅のカタチ」
自由奔放。行きたいところに、行きたい時に、居たいだけ。そんな車中泊でクルマ旅の紹介です。
「ワンランク上の車中泊」お勧めグッズ&アイデア集
「ワンランク上の車中泊」 グッズ・バイヤーズガイド 流通企業で10年間のバイヤー経験を持つ筆者が、実際に使用している車中泊グッズを、実践しているアイデアを含めて具体的にご紹介しています。 スポンサード・リンク (a...
車中泊旅行者が道の駅で捨てるゴミは、「家庭ゴミ」ではなく「旅行ゴミ」
クルマ旅のプロがまとめた、家庭ゴミと道の駅のゴミ箱設置の有無に関する記載です。
RENOGY(レノジー)リチウムイオン サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
車中泊で使用するサブバッテリーに、リチウムイオン・バッテリーを載せ替え、また新規搭載する際の留意点をご紹介。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
クルマ旅のプロが解説する、アネックス社のハイエース・キャンピングカーWizの詳しい実使用レポートです。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました