災害避難のために知っておきたい車中泊の知識【クルマ旅のプロが解説】

車中泊避難のための車中泊

25年以上の車中泊経験を持つクルマ旅のプロが、災害避難のために知っておきたい車中泊の知識をご紹介。

「正真正銘のプロ」がお届けする、リアル車中泊入門ガイド

この記事では、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、既に1000泊を超える車中泊旅行を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、四半世紀に及ぶ経験を元に、日本各地を車中泊でめぐるための「know-how」を紹介しています。

スポンサード・リンク

 

~ここから本編が始まります。~

いま国民が求めているのは、「避難」のための車中泊環境

出典:毎日新聞

現代は「災害」が車中泊をする理由になる時代

注目すべき、熊本地震の結果

高層住宅が停電したら、ライフラインは全滅と同じ

「避難のための車中泊」は、生活様式の副産物

「避難のための車中泊」は、現代社会の盲点

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
スポンサード・リンク

現代は「災害」が車中泊をする理由になる時代

ファミリー車中泊

長きにわたって、これまで筆者が模索してきた車中泊は、趣味やレジャーを楽しむための宿泊手段だった。

そのため、快適に寝られるクルマ選び、DIYを含めたベッドメイキングや収納のアイデア、さらに車中泊にマッチする旅先の紹介といった情報をメインに発信してきた

もちろんそれはライフワークとして、今後もずっと続けていくつもりだ。

しかし最近は…

ミニバン車中泊

地震や土砂災害で、自宅で寝ることができなくなった…

旅先や出先で道路が不通になり、自宅に帰れなくなった…

などの理由から、自らの意志とは別に車中泊を必要とする人々が増えてきた。

巨大地震、巨大台風、さらにはゲリラ豪雨による土砂崩れ等々、「災害時の緊急宿泊手段」としての車中泊が、今にわかに注目を集めている。

注目すべき、熊本地震の結果

熊本地震

熊本地震後の興味深いデータがあるので、紹介しよう。

2023年10月に内閣府が開催した「避難生活の環境変化に対応した支援の実施に関する検討会(第4回)」にて使われた、「車中泊避難者への支援について」という資料には、『2016年に発生した熊本地震において、避難者が避難先とした場所(複数選択可)について、回答者全体の74.5%が車中泊を経験したと回答している』との記載がある。

この数値を見るかぎり、「避難のための車中泊」は、もはや社会現象ではなく、国民のニーズと考える段階に来ている。

実際に上記の資料には、災害時にテント泊や車中泊の避難者を想定した対応策を検討している、全体の45.2%にあたる自治体の、具体的な対策内容も紹介されている。

高層住宅が停電したら、ライフラインは全滅と同じ

停電

大阪在住の筆者は、1995年の「阪神淡路大震災」と、2019年に起きた「大阪北部地震」、さらに9月4日に大阪を直撃した台風21号による暴風の、3つの大きな災害に見舞われてきた。

とはいえ、避難所生活の経験はない。

ただ台風21号では、停電で丸3日間「車上生活」を強いられた。

電気が止まれば高層住宅は給水もできず、お風呂を沸かすこともできない。つまり事実上、日常生活は不可能になる。

幸いにも秋だったため、同じ団地で暮らす大半の人は自宅で夜を過ごしていたが、これが真夏なら、エアコンを求めて多くの人が車中泊をしたに違いない。

「避難のための車中泊」は、生活様式の副産物

ペット

前述した筆者の例のように、停電でエアコンが使えないため、自宅の駐車場で車中泊するといった軽いものから、半壊した自宅からペットとともに脱出し、駆け込んだ避難所の駐車場で車中泊をしている人まで、実際はさまざまな人が「避難のための車中泊」を選択している。

その理由を整理して見ると、高層住宅・高齢化社会・ペット同伴等々、日本人の生活洋式に起因している場合が多く、もはや「車中泊という選択肢」を否定することは難しい。

「避難のための車中泊」は、現代社会の盲点

避難所

しかし「車中泊を前提にしたクルマによる避難」は、そもそも多くの行政が避難所へクルマで来ることを禁じているため、つい最近までノーマークだった。

ゆえに有事に備えた対策が急務だが、今は土地のない都会に新たな車中泊を想定した避難所を作るというのは不可能に近い話だと思う。

ただここへきて、少し風向きが変わってきた。

Next-Contents

「避難」のための車中泊 目次

避難のための車中泊

災害避難のために知っておきたい車中泊の知識【クルマ旅のプロが解説】
災害避難のために知っておきたい車中泊の知識【クルマ旅のプロが解説】
「災害時の緊急宿泊手段」としての車中泊について記載しています。
”日産でやってみよう車中泊!”で、「避難」のための車中泊を講演
”日産でやってみよう車中泊!”で、「避難」のための車中泊を講演
日産自動車からオファーを受け、講師をつとめた時のお話です。
避難時に車中泊を選ぶ人たちとは…
避難時に車中泊を選ぶ人たちとは…
災害時の避難に車中泊を選択する人たちについてまとめています。
「避難のための車中泊」の実情
「避難のための車中泊」の実情
「避難のための車中泊」を取り巻く現実に関する記述です。
レジャーのための車中泊は、避難の車中泊の「予行演習」になる【クルマ旅専門家が解説】
レジャーのための車中泊は、避難の車中泊の「予行演習」になる【クルマ旅専門家が解説】
避難のための車中泊に適するコンパクトなオートキャンプスタイルの紹介です。
フルフラットにならないクルマで、とりあえず車中泊ができるようにする方法
フルフラットにならないクルマで、とりあえず車中泊ができるようにする方法
フルフラットにならないコンパクトカーのようなクルマでも、とりあえず車中泊ができるようにする方法をご紹介。
車中泊における、エコノミークラス症候群対策の「3つの基本」【クルマ旅専門家が解説】
車中泊における、エコノミークラス症候群対策の「3つの基本」【クルマ旅専門家が解説】
災害避難で発症しやすい、車中泊時の「エコノミークラス症候群」対策に関する記述です。
災害後、すぐに売り切れてしまう商品リスト
災害後、すぐに売り切れてしまう商品リスト
地震や台風などの災害時に、すぐに売れて店頭から無くなる商品をリストアップしています。
普通車で扇風機・電気毛布はもちろん、電子レンジも冷蔵庫も使える、現代の車中泊に最適なポータブル電源は、EcoFlow RIVER 2 Pro!

「車中泊旅行者」のための”るるぶ”

車中泊でクルマ旅北海道から九州まで、日本全国の車中泊による旅行情報を収録。
車中泊でクルマ旅 【クルマ旅専門家・稲垣朝則オフィシャルサイト Since1999】
車中泊旅行歴25年のクルマ旅専門家・稲垣朝則がまとめた、「車中泊クルマ旅」に特化した、2023年9月現在の旅行情報サイトです。
目指しているのは、景勝・グルメ・温泉などの情報に車中泊スポットをリンクした、実践的で役立つ「車中泊旅行者」のための”るるぶ”。子育てから開放され、定年後の人生を意識し始める世代の車中泊旅行者に向けたコンテンツです。

この記事がよく読まれています。

404 NOT FOUND | 車中泊でクルマ旅 オフィシャルサイト
クルマ旅のプロが贈る、北海道から九州までの主な観光地で役立つ「車中泊クルマ旅」情報です。
車中泊のお勧めグッズ&アイデア 一覧
これまで取材してきた、車中泊のお勧めグッズとアイデアの一覧です。
【車中泊のゴミ対策】道の駅で車中泊旅行中に出るゴミを捨てるのはOK!<クルマ旅のプロが解説 2022年12月更新> 
【2022年12月更新】車中泊旅行歴25年のクルマ旅のプロがまとめた、道の駅での旅行ゴミの処分に関する記述です。
RENOGY(レノジー)リチウムイオン・サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
この道25年の現役クルマ旅専門家がまとめた、RENOGY(レノジー)のリチウムイオン・サブバッテリーの、取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先の情報です。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
車中泊旅行歴25年の現役のクルマ旅専門家・稲垣朝則が実践している、車中泊旅行スタイル「Auto-Packer(オートパッカー)」の、”プロモデル”として使われているハイエース・キャンピングカーWizの実使用レポートです。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました