スポンサーリンク

車中泊の寒さ対策の基本は、「暖房」ではなく「防寒」

車中泊時の寒さ対策
クルマ旅のプロが実践する、ワンランク上の車中泊クルマ旅
このサイトでは、既に車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、20年以上の歳月をかけて培ってきた、オリジナルの車中泊クルマ旅スタイル「Auto-Packer」を紹介しています。

冬の車中泊は、アウトドア

スキーやスノーボード、あるいは登山や釣りなどのアウトドアをする人間からすれば、夏に比べると厳冬期の車中泊はラクなものだ。

暖かく眠る方策はいくつもある。夏の車中泊と同じように、冬の車中泊も考え方を変えればいいだけ…

答えは「暖房」ではなく「防寒」だ。

冬の車中泊に立ちはだかる「3つの壁」

「3つの壁」とは「冷え込み」「凍結」「積雪」を意味するが、残念ながら、今のところ車中泊でこのトリプルスリーを一気に解決できる名案はない。

ゆえに、それぞれに対して個別の方法で対処していくわけだが、一番の難敵は安眠を妨げる「冷え込み」だろう。

「冷え込み」は、雪国に限らず、日が落ちればどこでもすぐに襲ってくる。まずはその対策を万全にし、それから「凍結」「積雪」へと話のコマを進めていこう。

ただし、その前に理解しておくべきことがある。

車中泊の冷え込み対策は、装備によって大きく異なる。わかりやすく言えば、FFヒーターを搭載するキャンピングカーは「暖房」、ミニバンのような未改造車は「防寒」だ。

極端な話、同じ氷点下のゲレンデで車中泊をしていても、エンジンを切った状態でヒーターが使える左のキャンピングカーの中では、スウェット上下に毛布1枚で十分眠れる。
エンジンを切った状態で使える、ベバスト(Webasto)のFFヒーター
エンジンを切った状態で使える「ベバスト(Webasto)FFヒーター」の使い心地をご紹介。

いっぽう右のフレンディーでは、ダウンシュラフに首までもぐり、頭もフードで防寒しなければ髪の毛が凍る(笑)。

だが、悲観する必要はまったくない。

登山家はテントで雪山に向かい、防寒だけで氷点下の夜を切り抜けている。

そんな彼らを支えているのは、確かなアウトドアの知識と、信頼できるメーカーのキャンピングギアだ。それをクルマで真似ればいい。

車中泊の寒さ対策

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました