スポンサーリンク

劇的進化、週末旅はこれで十分! 車中泊用ポータブルバッテリー 

サブバッテリー
クルマ旅のプロが実践する、ワンランク上の車中泊クルマ旅
このサイトでは、既に車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、20年以上の歳月をかけて培ってきた、オリジナルの車中泊クルマ旅スタイル「Auto-Packer」を紹介しています。

劇的進化。乗用車の週末クルマ旅は、ポータブルバッテリーで十分足りる。

もちろん車内でどのような家電を使うかによるが、筆者が使用していた時代の「ポータブルバッテリー」の基本的な用途は、セルブーストと携帯電話やデジカメの充電程度のものだった。

10年ほど前に車中泊がブームとなり、脚光を浴びたポータブル電源だが、結論から云うと、キャンピングカーのサブバッテリーシステムの前では赤子同然。同じ目的で利用するには「お話にならない代物」だった。

しかしそれは平成までの話。令和のそれは、サイン波インバータ内蔵の大容量リチウムバッテリーに様変わりしている。

スペックほか 

194400mAh
サイン波
ACコンセント(500W 瞬間最大1000W)

商品重量 6.3 Kg
梱包サイズ 30 x 19.3 x 19.2 cm

ノートパソコン、扇風機、電気毛布、ポータブル冷蔵庫などに使用可能

ACアダプター・シガ-ソケット・ソーラーパネルの3way充電

詳細はJackeryのオフィシャルサイトで確認を。

使用時間の目安

容量は194.4Ahで、ロスを加味しても、60Wの家庭用電気毛布なら24時間程度使える。

とはいえ、大容量のバッテリーはそれだけ充電にも時間を要するため、長旅では途中で満充電状態に戻すことは不可能に近い。

そのため、車中泊では2泊3日が限度だろう。ただ、配線を入れると20万円以上はかかるサブバッテリーシステムとのコスト差を考えれば、まったく悪くない選択肢だと思う。

なお1泊2日なら容量の少ない下のサイズでも容量は十分に思えるが、ポイントは内蔵しているインバータの最大ワット数の違いにある。

上の「ポータブル電源 700」は500Wの家電まで対応しているので、1.5合炊きの炊飯器なら問題なく使えるが、下の「ポータブル電源 400」だと微妙かもしれない。また同時に複数家電の使用を想定するなら、価格差を鑑みても筆者なら「ポータブル電源 700」を選ぶだろう。

楽天市場のポータブル電源 大特集! 

ちなみにキャンピングカーは、走行充電・ソーラー発電・外部充電の3つの充電方法を駆使して長旅に対応している。またインバータは1500Wまで対応できるものが大半だ。

最後に、電気を希望するなら、ハイブリッドや電気自動車にも注目しよう。

現在もっともフィールドで実用性が高いのは、三菱自動車のアウトランダーPHEVだ。

クルマのバッテリーの電気を、最大1500Wまで100Vに変換できるため、電子レンジやヘアドライヤーなどの家電も使え、ガソリン満タンなら、なんとエンジンを切ったまま10時間以上カーエアコンを稼働できるという。

キャンピングカーのサブバッテリーも、まったく太刀打ちできない大容量は、もはや驚くしかない。しかも、既にアウトランダーPHEVの車中泊仕様モデルは発売されている。

西尾張自動車販売 E:POP

サブバッテリー 目次

バスコンからハイエース・軽キャンパーまで勢揃い! 楽天のユーズド・キャンピングカー大特集! 
タイトルとURLをコピーしました