リチウムイオンのサブバッテリーにすれば、ソーラーパネルはもう不要?

車載用ソーラーパネルキャンピングカー「あるある」
クルマ旅のプロが実践する、ワンランク上の車中泊
このサイトでは、既に車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、20年以上の歳月をかけて培ってきた、オリジナルの車中泊ノウハウとそのアイデアを紹介しています。
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィール
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィールと沿革です。
スポンサード・リンク

ソーラー発電は、サブバッテリーを充電するためのもの。

自宅の屋根にソーラーパネルがある人はよくご存知だと思うが、太陽光発電(ソーラー発電)で生まれた電気を、直接100ボルトの家電に使うことはできない。

インバーター

生まれた電気は一度サブバッテリーに蓄電され、バッテリーの12ボルトを家電の100ボルトに変換するインバータという機器を経由して、初めて炊飯器やテレビに使うことができる。

車中泊用サブバッテリーシステム

つまりソーラー発電を利用するには、クルマにサブバッテリー・システムが搭載されていることが大前提だ。

ソーラー発電の実力

さて。ソーラー発電システムの搭載をお考えの方の中には、旅行中の充電に期待している人が多いと思うが、ここではソーラー発電でどのくらいサブバッテリーに充電されるかを計算してみよう。

ソーラー コントローラー

筆者が搭載しているのは100W(ワット)のソーラーパネルだが、発電は天気次第になるため、1日あたりの平均発電時間を3.5時間と仮定する。その場合

100W(1時間あたりの発電量)×3.5時間=350W

それをサブバッテリーの12V(ボルト)に換算すると 350W÷12V=29.1Ah

これにソーラーパネルからコントローラー、さらにコントローラーからサブバッテリーへの移動ロス率を加味すると、約23.5Ahが1日あたりのサブバッテリーへの充電量になる。

サブバッテリー

筆者の場合、一晩に消費する電気は約60Ahなので、ソーラーから充電できるのはその半分弱。つまり使った分の半分しか戻せないのでジリ貧になる。

100%カバーするには、計算上250ワットクラスのソーラーパネルが好ましい計算になるが、残念なことにWizの場合は屋根のスペースの関係で、100ワット以上の大きさのソーラーパネルを搭載することができなかった。

スポンサード・リンク

リチウムイオン・サブバッテリーシステムへの変更で激変

リチウムイオン サブバッテリーシステム

2021年末にサブバッテリーをリチウムイオンに載せ替え、走行充電器を従来の5倍速の高性能機器に交換したため、現在は1日に1時間走れば、サブバッテリーを満充電に戻すことができるようになった。

これからの時代でソーラー発電が有効なのは、電源のない格安キャンプ場での長期滞在時。

マンション

リチウムイオンのサブバッテリーに載せ替えるまでは、ソーラー発電システム最大の魅力は、自宅での「満充電」にあった。

筆者はマンション暮らしで、近くの平面駐車場にクルマを置いているため、戸建てのように自宅のコンセントからサブバッテリーに外部充電することができない。

しかしソーラー発電システムのおかげで、次回の旅に出るまでにはサブバッテリーがフルチャージされていた。ちなみに必要日数は、完全放電したとして

(105ah×2本)÷23.5ah=8.9

単純計算でいうと、約9日間で満充電になっていたわけだが、前述したよう帰路でも走行充電されるので、現在は帰宅した時点で既に「満充電」になっている。

そのため、ソーラー発電はほとんど必要ではなくなった。

ただ旅先で連載の締切が迫った時には、たとえ少量でも充電できるほうがいいので、パネルは外さずにそのままにしている。

キャンピングカー
オリジナルコンテンツ

キャンピングカー入門

快適車中泊のための、キャンピングカー入門ガイド
快適車中泊のための、キャンピングカー入門ガイド
もっと車中泊クルマ旅を楽しみたい人に向けた、キャンピングカー乗り換えの入門ガイドです。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
アネックス社のハイエース・キャンピングカーWizの詳しい実使用レポートです。
キャンピングカー「あるある」 一覧
キャンピングカー「あるある」 一覧
キャンピングカーに関する、さらに深い「あるある話」をご紹介。
タイトルとURLをコピーしました