「Auto-Packer」の車中泊スポットは、値頃で居心地のいいキャンプサイトが理想

朱鞠内湖オートパッカー

車中泊キャンプ歴25年の現役のクルマ旅専門家が、車中泊キャンプのサイト選びの秘訣を紹介しています。

「正真正銘のプロ」がお届けする、リアル車中泊入門ガイド

この記事では、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、既に1000泊を超える車中泊旅行を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、四半世紀に及ぶ経験を元に、日本各地を車中泊でめぐるための「know-how」を紹介しています。

スポンサード・リンク

 

~ここから本編が始まります。~

最適なのは、綺麗なトイレと炊事場があるフリーサイト

美深アイランド

車中泊スポットで重要視しているのは「居心地」

車中泊キャンプの醍醐味は、”いいとこどり”

車中泊に合うのは、区画よりもフリーサイト

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
スポンサード・リンク

車中泊スポットで重要視しているのは「居心地」

道の駅 車中泊

読者の中には、「車中泊は道の駅で十分」と思っている人もいるだろう。

確かに、中に引きこもってしまえば、もはや外界のことなどまったく気にならなくなるキャンピングカーが、そういう気持ちになるのは分からなくもない。

しかしその是非を問う前に… 

ひとつ確認しておきたいことがある。

バンライフ

それは居心地…

本州では、道の駅での車中泊のマナーがよく話題にのぼる。

だが格安で質の高いキャンプ場があれば、それ以前に「どちらの居心地が良いか」という根源的なことが先行するはずだ。

そしてそれは、車中泊環境が理想的に整った北海道に行けば、誰もが気づくことだ。

オートキャンプ

筆者は車中泊を始めるまで、テントキャンプで家族と一緒にアウトドアや旅行を楽しんでいた。

車中泊&クルマ旅

自然の中に身を置き、日暮れから焚き火を囲んで、虫の声や小川のせせらぎをBGMに、野外料理を味わったり、お酒を飲むのは如何とも言い難い贅沢で、伴侶や気のおける仲間がいれば、なおさらだ。

ただ寝床がテントからクルマに変わろうとも、それができるキャンプサイトの居心地がいいことに変わりはない。

車中泊キャンプの醍醐味は、”いいとこどり”

テントキャンプ

テントキャンプの辛さは、設営と撤収に集約されている。

最初のうちは「それも楽しさの一部」と云ってられるが、100回も繰り返せば「苦痛」になるのが凡人だ(笑)。

だが、車中泊にはそれがない。

だからキャンプサイトは不要ともいえるのだが、視点を変えれば、それはテントキャンプから辛い要素だけが省かれた、まさに”いいとこどり”の合理的なキャンピングスタイルともいえる。

車中泊

車中泊の旅人が、積極的にキャンプ場を利用する・しないには、テントキャンプのキャリアが大きく起因している。

ゆえに、経験のない人にその良さを伝えることの難しさは承知だが、車中泊そのもの花を添えたいのであれば、一度はキャンプ場に足を運んでみるといい。

車中泊に合うのは、区画よりもフリーサイト

高規格オートキャンプ場

キャンプ場をよく知らない人は、車中泊にフィットするのは、俗に高規格と呼ばれる電源完備の区画オートキャンプ場だと思いがちだが、筆者はそうは思わない。

ハイエース 車中泊キャンプ

逆に車中泊キャンプには、自由度の高いフリーサイトのほうが合っている。

車中泊

なぜなら車中泊キャンプでは、普通車の場合はバックドア側のスペースを活用するほうがいいし、サイドオーニングを搭載したワンボックスカーやキャンピングカーは、スライドドア側のスペースを活用するほうがいい。

そして、こういうトイレと炊事棟しかないような昔ながらのフリーサイトは、リーズナブルで予約も要らないところが多い。

そこで、そういうサイトの見つけ方についても触れておこう。

ただし長くなるので、別記事に仕立てている。

また興味があれば、以下の記事も参考にしていただきたい。

スポンサード・リンク

The Auto-Packer

Auto-packer

無敵の車中泊スタイル「Auto-Packer(オートパッカー)」 ~積んで・走って・食って・寝る~
無敵の車中泊スタイル「Auto-Packer(オートパッカー)」 ~積んで・走って・食って・寝る~
ワンランク上の車中泊クルマ旅スタイル「オートパッカー」の、リアルな旅の様子をご紹介。
Auto-Packer(オートパッカー) 名前の由来とストーリー
Auto-Packer(オートパッカー) 名前の由来とストーリー
稲垣朝則の車中泊旅行スタイル「オートパッカー」の由来に関するストーリーです。
「Auto-Packer」の車中泊キャンプは、”リアル・オートキャンプ”
「Auto-Packer」の車中泊キャンプは、”リアル・オートキャンプ”
クルマのリアとサイドを臨機応変に使い分ける「リアル・オートキャンプ」のご紹介。
「Auto-Packer」の車中泊スポットは、値頃で居心地のいいキャンプサイトが理想
「Auto-Packer」の車中泊スポットは、値頃で居心地のいいキャンプサイトが理想
車中泊キャンプで利用するサイト選びの着眼点をご紹介。
車中泊で使えるバックドア(テールゲート)キッチンの使い方と作り方
車中泊で使えるバックドア(テールゲート)キッチンの使い方と作り方
乗用車を車中泊仕様に改造する際の留意点【車中泊クルマ旅のプロが解説】
乗用車を車中泊仕様に改造する際の留意点【車中泊クルマ旅のプロが解説】
ミニバンやワンボックカーを、車中泊仕様に改造したい方に向けての情報です。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
アネックス社のハイエース・キャンピングカーWizの詳しい実使用レポートです。
ハイエース・キャンピングカーWiz プロモデル化へのカスタマイズ記録 2024年1月更新
ハイエース・キャンピングカーWiz プロモデル化へのカスタマイズ記録 2024年1月更新
ハイエース・バンコンキャンピングカーWizの改造内容をご紹介。
オートパッカー 関連記事一覧
オートパッカー 関連記事一覧
オートパッカーに関するすべての記事の一覧です。
普通車で扇風機・電気毛布はもちろん、電子レンジも冷蔵庫も使える、現代の車中泊に最適なポータブル電源は、EcoFlow RIVER 2 Pro!

「車中泊旅行者」のための”るるぶ”

車中泊でクルマ旅北海道から九州まで、日本全国の車中泊による旅行情報を収録。
車中泊でクルマ旅 【クルマ旅専門家・稲垣朝則オフィシャルサイト Since1999】
車中泊旅行歴25年のクルマ旅専門家・稲垣朝則がまとめた、「車中泊クルマ旅」に特化した、2023年9月現在の旅行情報サイトです。
目指しているのは、景勝・グルメ・温泉などの情報に車中泊スポットをリンクした、実践的で役立つ「車中泊旅行者」のための”るるぶ”。子育てから開放され、定年後の人生を意識し始める世代の車中泊旅行者に向けたコンテンツです。

この記事がよく読まれています。

404 NOT FOUND | 車中泊でクルマ旅 オフィシャルサイト
クルマ旅のプロが贈る、北海道から九州までの主な観光地で役立つ「車中泊クルマ旅」情報です。
車中泊のお勧めグッズ&アイデア 一覧
これまで取材してきた、車中泊のお勧めグッズとアイデアの一覧です。
【車中泊のゴミ対策】道の駅で車中泊旅行中に出るゴミを捨てるのはOK!<クルマ旅のプロが解説 2022年12月更新> 
【2022年12月更新】車中泊旅行歴25年のクルマ旅のプロがまとめた、道の駅での旅行ゴミの処分に関する記述です。
RENOGY(レノジー)リチウムイオン・サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
この道25年の現役クルマ旅専門家がまとめた、RENOGY(レノジー)のリチウムイオン・サブバッテリーの、取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先の情報です。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
車中泊旅行歴25年の現役のクルマ旅専門家・稲垣朝則が実践している、車中泊旅行スタイル「Auto-Packer(オートパッカー)」の、”プロモデル”として使われているハイエース・キャンピングカーWizの実使用レポートです。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました