バックドア(テールゲート)キッチンの使い方と作り方

リアゲートキッチンDIY
クルマ旅のプロが実践する、ワンランク上の車中泊クルマ旅
このサイトでは、既に車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、20年以上の歳月をかけて培ってきた、オリジナルの車中泊クルマ旅スタイル「Auto-Packer」を紹介しています。

オートパッカーのランドマーク装備

バックドアキッチン

バックドア(テールゲート)キッチンと呼ばれる機能は、もともと釣りやカヌー、あるいはスキーやサーフィンなどを楽しむ人々のクルマに搭載されてきた「伝統的なアイデア」で、筆者が編み出したわけではない。

バックドアキッチン

ここでいう「キッチン」とは、キャンピングカーのようにシンクまで備えたものではなく、冷蔵庫(クーラーボックス)と、鍋・食器・調味料などのクッキング用品を一式まとめて収納しているボックスと、調理ができる引き出し式のテーブルカウンターがセットになった、日曜大工レベルで作れる簡単なものだ。

だがこのバックドア・キッチンがあるだけで、オートパッカーの機動性は驚くほどアップする。

トラメジーノ

バックドアキッチンの最大の魅力は、上記の物々をクルマから降ろさずに調理ができる点にある。

それは労力とともに、スペースも省略できる合理的な機能で、コーヒーとホットサンドのようなゴミと洗い物の出ないメニューを選べば、デイキャンプ時にも大いに真価を発揮してくれる。

そこで作り方の前に、まずはその「詳しい使い方」から説明しよう。

バックドアキッチンの主な活用法

1.そのままオートキャンプ

2.食事を作って移動

3.お湯を沸かす

車中泊キャンプ

1.そのままオートキャンプ

フリーサイトや河川敷、湖畔などのキャンプができるところでは、クルマのバックドア付近にテーブルを広げて、そのままキャンプをする。

寝る前に撤収し、キャンピングギアが夜露に濡れたり、小動物にゴミを荒らされないようにする必要はあるものの、翌朝早く出発したい時に有効だ。

バックドアキッチン

2.食事を作って移動

道の駅で車中泊をしたり、キャンプができても現地到着が夜遅くなる日は、到着までに適当な場所を見つけて、調理を終わらせてしまう。

シャトルシェフ

メニューは、シチューやおでんなどの煮込み料理がお勧めで、2層になった真空保温調理鍋があれば、移動中でもこぼれる心配がなく、宿泊地に着いてお風呂からあがった頃に「食べ頃」になっている。

バックドアキッチン

3.お湯を沸かす

フィールドでちょっとお湯が沸かしたい時に重宝する。ただし冬は寒冷地用のガスが使える高出力のガス・ストーブが必要だ。普通のカセットガスコンロはこういうシチュエーションでは役に立たない。

ゲレンデ車中泊

これはゲレンデでのシーンだが、目的に応じてセットが組み替えられるのもバックドアキッチンのメリット。この時は冷蔵庫を降ろし、代わりにそのスペースにスキーウエアをハンギングしている。

バックドアキッチンの作り方

これは車種によって違うので、あくまでも大まかなアドバイスにしかならないが、ポイントが分かれば設計図は自作できると思う。

❶「三列シート」のミニバン

❷「二列シート」のミニバン・4ナンバーのワンボックスカー

❸軽自動車のワンボックカー

ミニバン改造

❶「三列シート」のミニバン

未改造のまま搭載するには、3列目シートの後のラゲッジスペースに、木でラックを組むのが基本。この場合、テーブルは床の高さになるため、調理は座って行う仕様になる。

ミニバン改造

室内側。ベッドに使えるのが「セカンドシートとサードシートの半分」なので、多少ベッドスペースは短くなるが、身長がそれほど高くなければ、いちばん簡単でお勧めのスタイルだ。

ミニバン改造

❷「二列シート」のミニバン・4ナンバーのワンボックスカー

写真は3列目シートを外した3ナンバーのミニバン・ボンゴフレンディーに搭載した、自作のバックドアキッチンの土台だ。引き出しの板にはステンレスシートを貼って、防水・耐熱加工を施している。

バックドアキッチン

荷物を積み込んだ状態。ブルーの箱は、AC/DC電源に加えて普通のカセットガスカートリッジで稼働するアウトドア冷蔵庫のモービルクール。スグレモノなので、このページにその詳細なインプレッションを記している。

その右の「押入れ三段ボックス」には、鍋やフライパンと食器、調味料などを収納し、さらに横には園芸用の小さなテーブルとキャンピングチェアが収まっている。なお、ストッパーのバーはフレンディーのオプションだが、これは登り坂を走る際のバックドア保護において非常に有効だった。

車中泊

フレンディーの車内側。オートフリートップ(ポップアップルーフ)という屋根裏部屋に荷物を置けるから、このように簡単な食事ができるスペースが確保できた。バックドアキッチンの車内側にはカウンターテーブルを設置していたが、車内で食事をする際にはこれが大いに役立った。

ただし既に登録済みのミニバンは、サードシートを外す前に「乗車定員変更」の改造申請を陸運局に出さなければならない。

だが現実はなかなかそれが許可されない。

筆者は新車購入時の初登録前にシートを外し、最初から5人乗りで登録したため、これができた。もちろん今でも、この方法なら同じことができる。
乗用車(5・3ナンバー車)の車中泊仕様改造は、「やらない」が正解
ミニバンやワンボックカーを、車中泊仕様に改造したい方に向けての情報です。

ハイエース改造

こちらはフレンディーで培ったアイデアを、4ナンバーのハイエース・スーパーGLに、ほとんどそのまま踏襲したバックドアキッチン。

ハイエース車中泊

それでも中は余裕の広さ。このスペースを見ると、いかにハイエースがオートパッカーに適したクルマであるかがよく分かる。

軽のワンボックス改造

❸軽自動車のワンボックカー

基本設計はフレンディーと同じで、キッチンは車検時に簡単に降ろせるよう、車体に固定せず載せているだけだ。

軽のワンボックス改造

軽自動車の場合、ラックの下段は寝る時の足置き場になる。こうすればかろうじて運転席・助手席を残したままで車中泊が可能だ。

ホームセンター

最後に、作業を簡単にするには、コンパネなどのカットをホームセンターで済ませてくることだ。そのためには正確な「設計図」を先に書くことが大事になる。

車中泊改造DIY

それを間違うと、こういう辛い作業が待っている(笑)。

Auto-Packer 目次

オートパッカー( Auto-Packer)
オートパッカー( Auto-Packer)
積んで・走って・遊んで・食って・寝る… 「オートパッカー」に関する記述です。
オートパッカーの真骨頂
オートパッカーの真骨頂
ワンランク上の車中泊クルマ旅スタイル「オートパッカー」の、リアルな旅の様子をご紹介。
オートパッカーの基本キャンプスタイル
オートパッカーの基本キャンプスタイル
クルマのリアとサイドを臨機応変に使い分ける「リアル・オートキャンプ」のご紹介。
オートパッカーの由来
オートパッカーの由来
稲垣朝則の車中泊旅行スタイル「オートパッカー」の由来に関するストーリーです。
求めていたのは、「プロモデル」と呼べるキャンピングカー
求めていたのは、「プロモデル」と呼べるキャンピングカー
クルマ旅のプロ・稲垣朝則が使用しているハイエースキャンピングカーの紹介です。
必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました