ユニフレームの折りたたみ炭火熾し 「チャコスタ」のお勧め利用法

チャコスタ車中泊キャンプのお勧めグッズ&アイデア集
クルマ旅のプロが実践する、ワンランク上の車中泊
このサイトでは、既に車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、20年以上の歳月をかけて培ってきた、オリジナルの車中泊ノウハウとそのアイデアを紹介しています。
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィール
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィールと沿革です。
スポンサード・リンク

「チャコスタ」は、ダッチオーブンの上火にも使えるスグレモノ

チャコスタ

チャコスタはユニフレームの製品名で、語源はチャコール・スターター。

類似品の中にはチムニー(煙突)・スターターと呼ばれるものもあるが、いずれも「火熾道具」を意味している。

サイズは2つ

ユニフレーム「チャコスタ」

かつてチャコスタには、2つのサイズがラインナップされていたが、一時はいずれでもない中間的なサイズ1本に集約化されていた。

しかし最近、再びラージサイズが発売され、2種類に戻っている。

ちなみにサイズは、以下のとおり。

チャコスタII
【組立時サイズ】約190×245(ハンドル含む)×H280(高さ)mm
【組立時サイズ】約190×280×30mm

チャコスタII ラージ
【使用時サイズ】約260×290(ハンドル含む)×280(高さ)mm

【収納時サイズ】約260×280×50mm

たたんで収納できるから便利

ユニフレーム「チャコスタ」

北海道にまで持参することができているのは、この機能のおかげだ。

LLBEANトートバッグ

ちなみに使い方はいたって簡単。この中に炭を縦にして詰め込み、下から火をつけてやるだけでいい。

ユニフレーム「チャコスタ」

コツは炭をランダムに入れるのではなく、一定方向にして「風通し」を良くすること。

後は「煙突効果」で空気の上昇気流が生じ、放っておいても炭が熾る。写真のように2階建てにしてやれば、よりいっそう効果的になる。

ダッチオーブンとユニフレーム「チャコスタ」

またダッチオーブンでローストチキンやローストビーフを作る際には、チャコスタに炭を入れたまま上に乗せるといい。

炭だけ置くと火力が衰えやすいが、チャコスタは先ほどの理由で最後まで強い火力が得られる。

そのうえ、乗せたり降ろしたりしやすく、キャンプオーブンのようなフリンジのないコンボクッカーでも、ロースト料理が可能になる。

スポンサード・リンク

リアル・オートキャンプ(車中泊キャンプ)

リアルオートキャンプ

車中泊の位置づけは「手段」。 「目的」は生活ではなく、クルマ旅やアウトドアを愉しむこと。

車中泊でクルマ旅プロの車中泊クルマ旅をご紹介。
車中泊でクルマ旅 オフィシャルサイト
クルマ旅専門家・稲垣朝則が、日本全国を車中泊で旅するために役立つ情報をお届けしています。
目指しているのは、景勝・グルメ・温泉などの情報に車中泊スポットをリンクした、実践的で役立つ「アラ還・車中泊旅行者」のための「るるぶ」。子育てから開放され、定年後の人生を意識し始める、筆者と同世代の車中泊旅行者に向けたコンテンツです。

この記事がよく読まれています。

車中泊クルマ旅は、日本の新しい「旅のカタチ」
自由奔放。行きたいところに、行きたい時に、居たいだけ。そんな車中泊でクルマ旅の紹介です。
「ワンランク上の車中泊」お勧めグッズ&アイデア集
「ワンランク上の車中泊」 グッズ・バイヤーズガイド 流通企業で10年間のバイヤー経験を持つ筆者が、実際に使用している車中泊グッズを、実践しているアイデアを含めて具体的にご紹介しています。 スポンサード・リンク (a...
車中泊旅行者が道の駅で捨てるゴミは、「家庭ゴミ」ではなく「旅行ゴミ」
クルマ旅のプロがまとめた、家庭ゴミと道の駅のゴミ箱設置の有無に関する記載です。
RENOGY(レノジー)リチウムイオン サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
車中泊で使用するサブバッテリーに、リチウムイオン・バッテリーを載せ替え、また新規搭載する際の留意点をご紹介。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
クルマ旅のプロが解説する、アネックス社のハイエース・キャンピングカーWizの詳しい実使用レポートです。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました