中高年のための車中泊入門【令和の今から始める車中泊】

車中泊入門今から始める車中泊
クルマ旅のプロが実践する、ワンランク上の車中泊
このサイトでは、既に車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、20年以上の歳月をかけて培ってきた、オリジナルの車中泊ノウハウとそのアイデアを紹介しています。
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィール
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィールと沿革です。
スポンサード・リンク

キーワードは、「キャリア」と「smart(スマート)」

道の駅 車中泊

現役のプロが解説する、中高年のための車中泊入門【目次】

クルマや世代は変われど、車中泊の基本は「普遍」

あえて「中高年車中泊」にしているわけ

車中泊に使えるクルマは?

とりあえず車中泊に必要なグッズは?

車中泊に適した場所は?

車中泊に適した食事は?

車中泊に適した旅は?

ビギナーが車中泊でやらないほうがいいことは?

スマート車中泊

「避難」のための車中泊

スポンサード・リンク

クルマや世代は変われど、車中泊の基本は「普遍」

ミニバン車中泊

年号が「令和」になったからといって、世の中はそんなに急には変われない。

筆者が車中泊を始めた「平成の初め頃」は、いわゆるミニバンがセダンやステーションワゴンに取って代わって一世風靡をした時代で、8人乗りのミニバンでマイカー車中泊を楽しむ人が大半だった。

もちろん今でもそういう人は多いし、居住空間から見れば「乗用車ではそれがベスト」と云っても過言ではあるまい。

電気自動車

しかし「平成の終わり頃」になると、マイカーの主役はサイズアップした軽自動車や、ハイブリットや電気で走るコンパクトカーに変わり、令和はさらに進化したサポカー全盛の時代になりそうだ。

あえて「中高年」を対象にしている理由

ゆるキャン

いったいいつまで続く、若者中心の「ソロキャン」「ゆるキャン」と呼ばれるキャンプのブーム(笑)。

その「火の粉」がテントキャンプのフィールドを焼き尽くし、いよいよ車中泊の世界に「飛び火」しつつあるのが「令和」だ。

カーネル

もともとは家族や夫婦の間で親しまれてきた車中泊だが、それもまた「お一人様」でやるものと云わんばかりにマスコミに露出し、いつのまにか「車中泊そのもの」が、違う景色に塗り替えられようとしている…

ただ、それはそれで構わない。

ポタ電

なぜなら、流派は違えど「車中泊をする人」が増えれば、マーケットが活性化され、いいモノが市場に送り込まれてくる。

リチウムイオン電池を使う「ポータブル電源」は、まさにそのいい例だろう。

だが筆者は、車中泊の旅を愉しむには、「元気」よりも「年季」のほうが大事だと思っている。

ファミリーキャンプ

たとえば、ファミリーキャンプを経験してきたことで、アウトドアグッズの良し悪しや車中泊での要不要の判断ができ、ネットで情報を見たとしても、ファッション性重視の広告には惑わされない(笑)。

宗像大社

たとえば慰安旅行などの「ツアー」を含めて、名勝・景勝と呼ばれるところを数多く周ってきたことで、日本の文化や歴史に対する教養が育まれ、本当に行く価値のある旅先がちゃんと選別できる。

筆者がこの記事を通じてアドバイスをしたいのは、車中泊を始める人の中でも、そういうキャリアを持つ人と、そうなりたいと思う人達だ。

よって本来は老若男女を問わない。

だがその主体になるのは、「演歌の良さが分かる年頃」だろう(笑)。

スポンサード・リンク

車中泊に使えるクルマは?

リーフ

極端に云えば、フルフラットにならなくても、大人が横たわれるレイアウトが取れれば車中泊はできる。

その意味では、現在乗っているクルマから車中泊を始めることは可能だ。

しかし、それでは長続きはしないだろう。

だからといって、キャンピングカーにいきなり手を出す必要もない。

PENDLETONのオーバーサイズ・パイル・ブランケット

いずれはそうしたい希望があるとしても、乗用車での経験を少しは積んでおくほうが、キャンピングカーの良さを根っこから理解できるし、クルマに自宅並みの便利さ・快適さを求めることもなくなる。

シャトル ホンダ

幸いにも今は、まったく改造せずに「完全フラット」を実現できる乗用車がHONDAから販売されている。

筆者は監修に携わってきたので、その実力をよく知っており、走行性能と就寝性の両立を求める人には自信を持ってお勧めする。

車中泊に必要なグッズは?

「車中泊の三種の神器」と呼ばれる、車中泊専用のマットとプライバシーを守るウインドウシェード、そしてスマホが充電できる電源があれば始められる。

それ以外については、「ワンランク上の車中泊」を参考にしていただくといい。

車中泊に適した場所は?

道の駅伊東マリンタウン 車中泊

高速道路のサービスエリア・ハイウェイオアシス・道の駅など、「道路利用者が休憩すること」を前提に作られた施設だ。

疑問を感じるなら、こう思えばいい。

500キロ以上離れた自宅に、マイカーで帰省する途中で日が暮れてしまった。長距離トラックの運転手と同じようにするのはマナー違反になるのだろうか?

もし「すべての車中泊」がマナー違反になるのなら、深夜にあれだけのトラックは停まっていないはずだ(笑)。

むしろ、それを許している方に「問題あり」ということになるのでは?

絶メシロード

写真は2020年にテレビ東京で放送された、車中泊のドラマ「絶メシロード」のロケシーンだが、舞台は東伊豆にある日本でも指折りの人気を誇る「道の駅 伊東マリンタウン」だ。

筆者はこのドラマの車中泊に関する監修をしているが、きちんと趣旨を説明すれば、これほどメジャーな道の駅でも撮影許可が降りる。

これに勝る「道の駅では車中泊ができる」という根拠はないだろう。

そういう意味では、道の駅での車中泊の可否を、いまさら掘り返すようにゴタゴタ書いているようなサイトは、きちんと車中泊の定義づけができていないか、たいした経験のない人たちがブームに便乗し、この世界に進出してきているだけに過ぎない。

その話は2007年の車中泊第一次ブームの際に「解決済み」。

10年以上前から、道の駅でもサービスエリアでも「安心」して車中泊ができることに変わりはない。

なお、最近はRVパークも増えてきたが、ここも道の駅と同じく、原則として車外にテーブルを出して調理や食事をすることはできない。

電源があるのは魅力だが、基本的にはキャンピングカーのための施設と考えたほうがいいだろう。

車中泊に適した食事は?

行列店のランチ

ゴミの出ない外食がベスト。

とりわけ一食は、有名店や郷土料理の店を取り入れたほうが、旅は華やかになる。また晩酌派には「駅弁」がお勧めだ。

とはいえ、中高年になると面倒臭さだけにとどまらず、健康の面からも車内調理がしたくなる。

だがそうするには、後述しているクルマの改造が不可欠だ。

マイカー車中泊に適した旅は?

磐梯吾妻スカイライン

乗用車を使う「車中泊」の強みは「走行性能」で、弱みはやはり「就寝性能の脆弱さ」にある。

つまりキャンピングカーで」とは真逆。

ということはキャンピングカーが苦手とするアクティブな旅が、ノーマル車での車中泊に適しているということになる(笑)。

ビギナーが車中泊でやらないほうがいいことは?

第一はクルマの改造だ。

車中泊をする前は、誰もが改造なんて思いもしないが、数回やれば「マイカー車中泊の限界」がわかる。

しかし、安易な改造は後悔のもとになるだけだろう。

次は真冬と真夏の車中泊だ。

真夏はカーエアコンという切り札があるが、基本的に長時間のアイドリングはマナー違反とされている。

また雪は気づかないうちにマフラーが埋まると、排気ガスが車内に逆流して「一酸化炭素中毒」となり、命を落とすこともある。

スポンサード・リンク

スマート車中泊

Nボックス 車中泊

さて。上の6つの骨子に共通するのが「スマート」さだ。

英語のsmartは、本来ならスマートフォンに使われている「頭のよい、賢明な、気のきいた」と和訳するのだが、そこから派生して「こざっぱりしている、シャレている、洗練されている」という意味でも使われている。

つまりここで紹介しているのは、クルマを改造することなく、日本のインフラをうまく活用しながら、乗用車ならではのクルマ旅を楽しむ「スマート車中泊」の入門情報でもある。

避難のための車中泊

画像出典:フジテレビ

実は「マイカー車中泊」は、地震などによる避難時にも役立つ場合がある。

着目すべき点は、楽しんでやっている車中泊が、なんとそのまま「避難時の予行演習」に通じていることだ。

以下のコーナーにその詳細をまとめているので、興味があればぜひ。

なお、ここまで紹介したレベルではなく、筆者が提唱している「ワンランク上の車中泊」をお望みなら、トップページがそのインデックスになっている。

スポンサード・リンク

中高年のための車中泊入門

今から始める車中泊

中高年のための車中泊入門【令和の今から始める車中泊】
中高年のための車中泊入門【令和の今から始める車中泊】
車中泊ブームとは関係なく、これから車中泊の旅を始めたい中高年に向けてのアドバイスです。
車中泊向けに乗用車の寝心地を良くする方法
車中泊向けに乗用車の寝心地を良くする方法
今乗っている乗用車で車中泊ができるようにする方法をご紹介。
フルフラットシートのクルマを、改造なしに車中泊仕様にする方法
フルフラットシートのクルマを、改造なしに車中泊仕様にする方法
ミニバンなどの3列シートのクルマの寝心地を格段にアップする方法のご紹介
プロが車中泊にシュラフ(寝袋)を強く勧める理由
プロが車中泊にシュラフ(寝袋)を強く勧める理由
車中泊では布団より寝袋(シュラフ)がいい理由を、画像とともに詳しく解説。
令和の「車中泊・三種の神器」。まずはこれから揃えよう。
令和の「車中泊・三種の神器」。まずはこれから揃えよう。
これから車中泊を始める際に必要な「三種の神器」をご紹介。
乗用車(5・3ナンバー車)の車中泊仕様改造は、「やらない」が正解
乗用車(5・3ナンバー車)の車中泊仕様改造は、「やらない」が正解
ミニバンやワンボックカーを、車中泊仕様に改造したい方に向けての情報です。
ノーマルな乗用車の車中泊には、それに適した旅先がある。
ノーマルな乗用車の車中泊には、それに適した旅先がある。
キャンピングカーとは違う、普通車での車中泊に適した旅先をご紹介。
サービスエリアで車中泊をする時の注意点【クルマ旅のプロが解説】
サービスエリアで車中泊をする時の注意点【クルマ旅のプロが解説】
車中泊旅行者が一番安心して泊まれる「サービスエリア」に関する記述です。
車中泊に適した食事は?
車中泊に適した食事は?
キッチンやダイネットのない、未改造車での車中泊に適した食事に関する記述です。
車中泊のマナー10ヶ条
車中泊のマナー10ヶ条
さまざまなスタイルで車中泊を楽しむ人達に共通する、「心得」と「着眼点」に焦点を当てた提唱です。

車中泊の位置づけは「手段」。 「目的」は生活ではなく、クルマ旅やアウトドアを愉しむこと。

車中泊でクルマ旅プロの車中泊クルマ旅をご紹介。
車中泊でクルマ旅 オフィシャルサイト
クルマ旅専門家・稲垣朝則が、日本全国を車中泊で旅するために役立つ情報をお届けしています。
目指しているのは、景勝・グルメ・温泉などの情報に車中泊スポットをリンクした、実践的で役立つ「アラ還・車中泊旅行者」のための「るるぶ」。子育てから開放され、定年後の人生を意識し始める、筆者と同世代の車中泊旅行者に向けたコンテンツです。

この記事がよく読まれています。

車中泊クルマ旅は、日本の新しい「旅のカタチ」
自由奔放。行きたいところに、行きたい時に、居たいだけ。そんな車中泊でクルマ旅の紹介です。
「ワンランク上の車中泊」お勧めグッズ&アイデア集
「ワンランク上の車中泊」 グッズ・バイヤーズガイド 流通企業で10年間のバイヤー経験を持つ筆者が、実際に使用している車中泊グッズを、実践しているアイデアを含めて具体的にご紹介しています。 スポンサード・リンク (a...
車中泊旅行者が道の駅で捨てるゴミは、「家庭ゴミ」ではなく「旅行ゴミ」
クルマ旅のプロがまとめた、家庭ゴミと道の駅のゴミ箱設置の有無に関する記載です。
RENOGY(レノジー)リチウムイオン サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
車中泊で使用するサブバッテリーに、リチウムイオン・バッテリーを載せ替え、また新規搭載する際の留意点をご紹介。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
クルマ旅のプロが解説する、アネックス社のハイエース・キャンピングカーWizの詳しい実使用レポートです。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました