ノーマルな乗用車の車中泊には、それに適した旅先がある。

ミニバン車中泊今から始める車中泊
クルマ旅のプロが実践する、ワンランク上の車中泊
このサイトでは、既に車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、20年以上の歳月をかけて培ってきた、オリジナルの車中泊ノウハウとそのアイデアを紹介しています。
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィール
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィールと沿革です。
スポンサード・リンク

キーワードは「ドライブ」と「街中観光」

キャンピングカー

結論から云うと、「車中泊」に関しては、乗用車はキャンピングカーの足元にも及ばない。

ゆえに乗用車での車中泊は、サービスエリアや道の駅に併設された温泉の休憩室などをうまく利用し、停まった車内にいる時間をできるだけ短くするほうがいい。

まさに夜は「クルマに戻って寝るだけ」というのがベストな作戦だ。

紅葉 ドライブ

だが乗用車には、キャンピングカーが大の苦手とする、ワインディングや街中が苦にならない利点がある。

つまり「車中泊」を切り離し、「クルマ旅」という観点立てば、その「適性」を引き出せる旅先はたくさん見つかる。

サービスエリア

たとえば、車中泊の時間を極力減らすために、金曜日は夕食と入浴を済ませてから自宅を出発し、眠気を感じたところでサービスエリアか道の駅に入って車中泊をする。

そして翌朝は目覚めたら速やかに目的地に移動し、そこでのんびりする。

デイキャンプ

湖畔や河原には、こういうことができる場所は簡単に見つかる。

特にキャンピングギアを持っているなら、車中泊地と憩いの場所を分けてしまえばいい。

陽が登れば、ワインディングの先にある絶景の展望台を目指そう。

そこはトラックやバンがついていけない乗用車の独壇場だ。

スポンサード・リンク

もうひとつの候補地は、自宅から100キロ圏内にある街中の観光地。

金沢

そこで生きるのは小回りが効くことだ。乗用車は地下だろうが立駐だろうが、どこにでも停められる。

しかしその当たり前さが、キャンピングカーにはない。

具体的には、ひとつひとつを歩いて周るには遠くて時間がかかるが、適度にコインパーキングが用意されている奈良や京都、関東なら湘南海岸や東伊豆のようなところが当てはまるだろう。

スポンサード・リンク

中高年のための車中泊入門

今から始める車中泊

中高年のための車中泊入門【令和の今から始める車中泊】
中高年のための車中泊入門【令和の今から始める車中泊】
車中泊ブームとは関係なく、これから車中泊の旅を始めたい中高年に向けてのアドバイスです。
車中泊向けに乗用車の寝心地を良くする方法
車中泊向けに乗用車の寝心地を良くする方法
今乗っている乗用車で車中泊ができるようにする方法をご紹介。
フルフラットシートのクルマを、改造なしに車中泊仕様にする方法
フルフラットシートのクルマを、改造なしに車中泊仕様にする方法
ミニバンなどの3列シートのクルマの寝心地を格段にアップする方法のご紹介
プロが車中泊にシュラフ(寝袋)を強く勧める理由
プロが車中泊にシュラフ(寝袋)を強く勧める理由
車中泊では布団より寝袋(シュラフ)がいい理由を、画像とともに詳しく解説。
令和の「車中泊・三種の神器」。まずはこれから揃えよう。
令和の「車中泊・三種の神器」。まずはこれから揃えよう。
これから車中泊を始める際に必要な「三種の神器」をご紹介。
乗用車(5・3ナンバー車)の車中泊仕様改造は、「やらない」が正解
乗用車(5・3ナンバー車)の車中泊仕様改造は、「やらない」が正解
ミニバンやワンボックカーを、車中泊仕様に改造したい方に向けての情報です。
ノーマルな乗用車の車中泊には、それに適した旅先がある。
ノーマルな乗用車の車中泊には、それに適した旅先がある。
キャンピングカーとは違う、普通車での車中泊に適した旅先をご紹介。
サービスエリアで車中泊をする時の注意点【クルマ旅のプロが解説】
サービスエリアで車中泊をする時の注意点【クルマ旅のプロが解説】
車中泊旅行者が一番安心して泊まれる「サービスエリア」に関する記述です。
車中泊に適した食事は?
車中泊に適した食事は?
キッチンやダイネットのない、未改造車での車中泊に適した食事に関する記述です。
車中泊のマナー10ヶ条
車中泊のマナー10ヶ条
さまざまなスタイルで車中泊を楽しむ人達に共通する、「心得」と「着眼点」に焦点を当てた提唱です。

車中泊の位置づけは「手段」。 「目的」は生活ではなく、クルマ旅やアウトドアを愉しむこと。

車中泊でクルマ旅プロの車中泊クルマ旅をご紹介。
車中泊でクルマ旅 オフィシャルサイト
クルマ旅専門家・稲垣朝則が、日本全国を車中泊で旅するために役立つ情報をお届けしています。
目指しているのは、景勝・グルメ・温泉などの情報に車中泊スポットをリンクした、実践的で役立つ「アラ還・車中泊旅行者」のための「るるぶ」。子育てから開放され、定年後の人生を意識し始める、筆者と同世代の車中泊旅行者に向けたコンテンツです。

この記事がよく読まれています。

車中泊クルマ旅は、日本の新しい「旅のカタチ」
自由奔放。行きたいところに、行きたい時に、居たいだけ。そんな車中泊でクルマ旅の紹介です。
「ワンランク上の車中泊」お勧めグッズ&アイデア集
「ワンランク上の車中泊」 グッズ・バイヤーズガイド 流通企業で10年間のバイヤー経験を持つ筆者が、実際に使用している車中泊グッズを、実践しているアイデアを含めて具体的にご紹介しています。 スポンサード・リンク (a...
車中泊旅行者が道の駅で捨てるゴミは、「家庭ゴミ」ではなく「旅行ゴミ」
クルマ旅のプロがまとめた、家庭ゴミと道の駅のゴミ箱設置の有無に関する記載です。
RENOGY(レノジー)リチウムイオン サブバッテリーの取り付けと載せ替える際の注意点と依頼先
車中泊で使用するサブバッテリーに、リチウムイオン・バッテリーを載せ替え、また新規搭載する際の留意点をご紹介。
オートパッカーの「プロモデル」キャンピングカー ”ハイエースWiz”
クルマ旅のプロが解説する、アネックス社のハイエース・キャンピングカーWizの詳しい実使用レポートです。
スポンサード・リンク
タイトルとURLをコピーしました