避難のための車中泊とは、すなわち「マイカー車中泊」

避難のための車中泊 避難のための車中泊
「クルマ旅のプロ」がお届けする、車中泊による災害避難の手引き書
この記事には、車中泊とクルマ旅関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、災害時に車中泊による避難をお考えの人に向けたアドバイスをまとめています。
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィール
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィールと沿革です。

車中泊に関するノウハウも必需品も同じ

下の記事に記載しているのは、趣味やレジャーのために、現在乗っている乗用車で車中泊を始めたいという人に向けた入門ガイドだ。
現在乗っている乗用車で始める「車中泊クルマ旅入門」
「令和」の時代にマッチするスマートなマイカー車中泊を、クルマ旅のプロが解説します。
もちろん平穏な日々を想定しているので、食事に関しては少し違うが、実はそれ以外の内容は避難の車中泊とほとんど変わらない。
車中泊「やりたくてする車中泊」と「できることならやりたくない車中泊」に、同じ入門ガイドが使えるというのは何とも皮肉な話だが、言い換えれば普段から「マイカー車中泊」をしていれば、いざという時に慌てずに済むともいえる。

ここでは、唯一違う「食事」について補足しておこう。

車中泊の自炊

避難時に便利とされるパンやおにぎりなどの「調理済み食品」は、自主避難による緊急避難時に入手することは難しい。

そのため「避難の車中泊」中は、できるだけ簡単な調理で食事を作って命をつなぐ必要がある。

ということは、食糧のほかにコンロ・燃料・調理器具がなければならない。

収納ボックス

ただ何日間もそのまま過ごすわけではないので、極端に云えばこの程度の装備があれば何とかなる。

ハンゴウで湯煎

調理法は「湯煎」がベストだ。湯煎なら貴重な飲料水でなくても使えるし、カレーやおでんといった様々な食材が食べられる。

なお、クッカーは飯盒が意外なくらい役に立つ(笑)。

オートキャンプ

ちなみに理想の「避難のための車中泊」のイメージは、車内で寝て、車外で調理と食事ができるこのスタイル。つまり正確には「車中泊」ではなく「オートキャンプ」になる。

避難のための車中泊 目次

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました