スポンサーリンク

災害後、すぐに売り切れてしまう商品リスト

避難のための車中泊
「クルマ旅のプロ」がお届けする、車中泊による災害避難の手引き書
この記事には、車中泊とクルマ旅関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、災害時に車中泊による避難をお考えの人に向けたアドバイスをまとめています。
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィール
クルマ旅専門家・稲垣朝則のプロフィールと沿革です。

軽度の災害直後にすべきは「買い出し」

このページでは、時間に多少は余裕が持てる「自宅待機と自主避難」についての話をしよう。

要は写真のように「自主避難するか、準備だけ整えてもう少し様子をみよう」という状況だ。

筆者は阪神淡路大震災も、北大阪地震も、関空の橋にタンカーが衝突した台風21号の時も、これから説明する方法で対応したが、どの災害でも一番多い被災者は、このカテゴリーの人々だと思う。

経験上、震度5を超える地震に見舞われると、その瞬間は何が起きたかわからず、気がつけば部屋には棚から落ちたものが散乱している。

道は分かれるのは、そこからだ。

クルマが出せる状態なら、すみやかに営業しているスーパーやホームセンターを探し、その時の状況に応じて必要なものを買い揃えよう。

狼狽しているうちに、必要なものは店頭から消える。また、片付けをするために閉店してしまう店もある。

極端に云えば、必要なものを手に入れてから、家の中を片付けてもかまわない。どうせ余震が来れば、またすぐ落ちる。加えて避難をやめても、買ったものはいずれ消費される。無駄ではなくラッキーと考えよう。

またそれは接近する台風やゲリラ豪雨時でも同じだ。冠水や積雪、時には倒木や土砂で道路が封鎖されたり、それが原因の渋滞で身動きできず、事実上「自宅に幽閉」されることも考えられる。

災害時は「早い行動」モノをいう。

災害時に店頭から売れてなくなるもの

筆者の経験上、災害が起きると店頭から売れてなくなるものは以下の通り。

1.水を含めた飲料
2.パンやおにぎりなどの調理済み食品
3.紙皿・紙コップ・割り箸
4.乾電池類
5.ウェットティッシュ
6.カセットガス・カートリッジ
7.インスタント食品(パックご飯・お餅・スープなど)
8.マヨネーズ・醤油・アジシオなどの調味料
9.下着類

これ以外では、冬ならカイロとマスク、夏は虫除け・虫刺され用の製品が挙げられるだろう。

これらは「阪神淡路大震災」と昨年発生した「大阪北部地震」、そして筆者も被災した「台風21号」でも共通していた。

避難のための車中泊 目次

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました