高山ラーメン「桔梗屋」の中高年食レポ

名物・特産品・地酒ほか
「クルマ旅のプロ」がお届けする車中泊グルメガイド
「クルマ旅専門家」・稲垣朝則が、20年以上かけて味わってきた全国のソウルフード&ドリンクを、そのレシピと老舗・行列店を交えてご紹介します。
「ニッポンのソウルフード」を味わい尽くす。
車中泊で日本各地のご当地グルメを味わいたい人に向けたガイドです。
スポンサード・リンク

どこかに懐かしさを感じる桔梗屋の「中華そば」は、関西在住の中高年が馴染めるお味。

高山ラーメン

まず、総花的に高山ラーメンの特徴を記すと、

醤油ベースの和風スープと、細いちぢれ麺の組み合わせで、麺は100㌘くらいで量的には少なく感じる。

本来高山では、「高山ラーメン」は「中華そば」の名前で親しまれてきた。市内にはかつて約50軒の店があったというが、現在は正統派と呼べる店は10軒ほどに減っているらしい。

老舗が集う「飛騨高山中華そば伝承会」では、その定義を以下のようにまとめている。

◯ かつお節・魚ダシ
◯ 醤油味
◯ 寸胴鍋スープで割らない
◯ 具は基本3種 (ネギ、チャーシュー、メンマ)
◯ 基本レンゲは使わない
◯ 鍋ラーメン (煮込み具合によって味が変化)
◯ 基本は平打ち細麺がスタンダード (オリジナル麺)
◯ チャーシューは基本は煮豚を使用

これ以上ウンチクを並べると、オリジナルの食レポから遠ざかるばかりなので(笑)、代表的なラーメン紹介サイトをリンクしておこう。続きに興味があればどうぞ。
高山ラーメン - 全国ご当地ラーメン
新横浜ラーメン博物館 高山ラーメン - 全国ご当地ラーメン

ちなみに若者には、アニメ映画『君の名は。』で主人公が食べていたことから、知名度が広まったそうだ。

スポンサード・リンク

さて。筆者が訪ねたのは「飛騨高山中華そば伝承会」に名を連ねる「桔梗屋」。

高山ラーメン桔梗屋

まさにイメージ通りの「中華そば」は、関西人の舌によくあう甘めのスープで、鶏がらのダシが色の薄い醤油とあいまって、ほどよいコクと旨味を醸し出していた。

麺も申し分なかったが、評判通り少なめ。少食の筆者でも「もう少しは欲しいな」と思う量だった。

だがそれゆえに、飲んだ後の〆には最適だと思う。

高山ラーメン桔梗屋

場所は写真の路地裏にあるため、観光客が適当に歩いて見つかるような店ではないが、昭和のラーメン屋らしい老舗の佇まいで、見た目の派手さよりも誠実な味へのこだわりが伝わってくる。

まさに表裏一体、中高年を喜ばしてくれる店だった。

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
スポンサード・リンク
なお「有名店」にこだわらないのなら、「道の駅ななもり清見」の向かいにもおいしい高山ラーメンの店がある。
高山ラーメン
また高倉健主演の映画「あなたへ」のロケが行われた、奥飛騨温泉郷に通じる国道158号沿いの「ドライブイン板倉」でも、同じ醤油系のおいしいラーメンが食べられる。
タイトルとURLをコピーしました