京都・伏見の行列店「京の台所 月の蔵人(くらびと)」の1日限定40食「蔵人御膳」

月の蔵人 京都市内
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、全国各地からセレクトした「クルマ旅にお勧めしたい100の旅先」の中のひとつです。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
テーマはディスカヴァー・ジャパン 「日本クルマ旅先100選」
クルマ旅専門家・稲垣朝則がセレクトした、国内で車中泊クルマ旅にお勧めの「ベスト100エリア」をご紹介。
スポンサード・リンク

月桂冠の酒蔵をリノベーションした創作料理店

京の台所 月の蔵人

「京の台所 月の蔵人」は、月桂冠酒蔵群のひとつとして、1913年(大正2年)に建築された建物をリノベーションした創作料理店だ。外に行列がないので気づかないが、この界隈では「鳥せい」と肩を並べる人気の食事処だ。

桜の季節は、平日でもお昼は2時間待ちが当たり前。予約は欠かせない。

京の台所 月の蔵人

100年あまりを経た木造建築の重厚感あふれる店内。その半数以上がコース料理を頼むか、お酒をゆっくり嗜むのだから、回転が悪いのも頷ける。

スポンサード・リンク

ランチタイムのお勧めメニューは、1日限定40食の「蔵人御膳」。

蔵人御膳

京都らしく、おばんざいに刺身とてんぷらがついた、見目麗しい逸品だ。まさにデート、接待に最適!(笑)。

ざる豆腐

最初に配膳されるのは、手作りのざる豆腐。これをまずはそのまま、次に3種類の塩とダシ汁で味わう。

おばんざいは特に煮物が美味しいのだが、明らかに「歯触り」を意識した構成になっている点も見逃せない。これにデザートとコーヒーがついて、お値段は税込み2,030円。コスパは明らかに高い。

月の蔵人 駐車場

駐車場は2箇所に分かれているようだ。ただこちらが3台、あわせて10台とのことだけに、桜の季節は停められればラッキーと思ったほうがいい。

寺田屋からでも徒歩10分以内なので、その時期は周辺観光に食事時間を組み込んで行動されることをお勧めする。平日は11時過ぎなら待たずに席につけるだろう。

月の蔵人オフィシャルサイト
京の台所 月の蔵人
〒612-8047 京都府京都市伏見区上油掛町185-1
075-623-4630

月~金
ランチ 11:00~15:00
(L.O.14:30)
ディナー 17:00~23:00
(L.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)

土・日・祝
ランチ 11:00~16:00
ディナー 16:00~23:00
(L.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)

「徒歩でも使える」グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
タイトルとURLをコピーしました