スポンサーリンク

境港のベスト車中泊スポット 「鳥取県立・夢みなと公園」 

鳥取県立・夢みなと公園 無料駐車場
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊スポットガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
クルマ旅専門家・稲垣朝則の主な著書
車中泊の第一人者と呼ばれる稲垣朝則が、これまで執筆してきた書籍・雑誌と出演したTV番組等の紹介です。

温泉とお魚市場が隣接する絶好のロケーション

べた踏み坂

境港は鳥取県と島根県の県境に位置する町で、境水道大橋または、大根島に架かる「べた踏み坂」でお馴染みの江島大橋を渡れば、島根県の松江市(旧美保関町・旧八束町)になる。

水木しげるロード

付近には「日本の白砂青松100選」「日本の渚100選」に名を連ねる「弓ヶ浜」や、ゲゲゲの鬼太郎でお馴染みの「水木しげるロード」があり、鳥取県屈指と云える観光スポットだ。

今や有名な観光地の周辺なら、どこにでもありそうな道の駅だが、不思議なことに、米子から皆生(かいけ)温泉、境港の間にはまだ1軒もない。

代わりに車中泊スポットとして利用できるのが、これから紹介する「鳥取県立・夢みなと公園」の無料駐車場だ。

夢みなと公園

この公園は日帰り温泉を含む複合施設なので、幾つもの駐車場が点在し、トータルのキャパは相当大きい。ゆえに満車で泊まれないという心配はないと思う。

ただしその中で車中泊がしやすいのは、トイレに近いこの緑地公園の駐車場だろう。場所は写真の「境港さかなセンター」の隣になる。

夢みなと公園

「境港さかなセンター」の裏は、ご覧のように足場の良い「釣り場」になっており、車中泊で釣りを楽しむ人もよくここを利用している。

サゴシ

しかも釣れるのは、アジやイワシなどの小魚だけではなく、季節に応じてサゴシのような青物やアオリイカなどもヒットするから驚きだ。

みなと温泉 ほのかみ

こちらが一番奥にある日帰り温泉。かつては「みなと湯」だったが、管理業者が変わり、リニューアルされている。
みなと温泉 ほのかみ
営業時間:10:00~21:00(受付終了20:30)
休館日:毎月第3火曜日
料金:大人600円

境港さかなセンター

もちろん隣接する「境港さかなセンター」では、地元で水揚げされた魚介類が買えるほか、海鮮丼などが食べられる食堂も併設している。

ただし買い物や食事は、少しクルマを走らせたほうがいい(笑)。

PLANT-5

すぐ近くには本家本元の「境港水産物直売センター」や、巨大なスーパーマーケットがあり、飲食品は何でも揃う。また地元で人気の回転寿司屋もある。

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
タイトルとURLをコピーしました