菅原道真公とゆかりの深い、太宰府と太宰府天満宮は全くの別物

太宰府天満宮が菅原道真を祀っていることは、受験経験のある日本人なら誰もが知っている話だと思うが、太宰府と道真公の関わり、もっといえば「そもそも太宰府とはなんぞや?」という話にまで遡ると、多分説明できる人は、地元の人間か先生と名がつく人だけに限られるかもしれない。

 

もともとの太宰府(だざいふ)は、大宰府(太ではなく、大)と書き、大宰は古代日本語では(おほ みこともち)と読む。

地方行政機関である大宰府政庁は、7世紀後半に地方政治の中心地と防衛・外交の拠点としての役割を担うべく創建された。大宝律令以前には、 吉備・周防・伊予にも置かれていたが、その後九州のみが残ったため、一般的に「大宰府」と言えばこの地を指すようになったという。

 かつて「遠の朝廷」と称された九州の「大宰府政庁」は、古くは那津(福岡市)にあり、筑紫太宰という官吏が置かれていた。しかし663年に起きた白村江の戦いで、唐と新羅の水軍に大敗を喫した大和朝廷は、来襲の危惧から水城を設け、大野城、基肄城(きいじょう)の間に大宰府政庁を築いた。

そこでは平城京や平安京と同じく条坊制が敷かれ、中心部には政庁の建物が立ち並び、律令制に基づき1,000人を超える官人が働いていたと考えられている。その後、大伴旅人や山上憶良などが顕官として派遣され、万葉集にも歌われる華やかな時代を迎える。

道真

さて。平安時代の前期に豊かな学才を備え、時の天皇から厚い信任を得て右大臣の位にまで登りつめた菅原道真が、左大臣藤原時平の政略により、身に覚えのない罪によって大宰府に突如左遷されたのは、それからおよそ100年近く後の901年。

太宰府長官職に当たる太宰権帥の地位にありながら、事実上は幽閉状態で、大宰府政庁には一度も登庁せず、与えられた官舎(南館)は床が朽ち、屋根は雨漏りするようなところであったという。そして2年後、道真公は失意のままにこの世を去る。

 忠臣であった味酒安行(うまさけやすゆき)が葬地を求め、牛車で棺を運んでいると、安楽寺の境内(今の本殿付近)で牛が伏して動かなくなった。それを天の啓示であると信じた安行は、この地を道真公の墓所として棺を埋葬し、祠を建てたのが太宰府天満宮の起源といわれている。

それから36年後の天慶2年(939年)。大宰府政庁は藤原純友の乱(天慶の乱)で焼き討ちにされ、威光が地に落ちる。その後なんとか復興を果たすものの、今度は朝廷そのものの翳りが顕著となり、大宰府政庁は衰退に歯止めがかからず、大宰権帥の位も形骸化、やがては中央から役人も赴任して来なくなった。

以降この地で、太宰府に代わって栄華を極めていくのが太宰府天満宮だ。なんと皮肉な話であろう。

【関連記事】

菅原道真公を祀る、黒田如水ゆかりの「太宰府天満宮」

「学問の神様」菅原道真を祀る京都の北野天満宮が、10倍面白くなる話

太宰府天満宮
〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺4丁目6−1
電話:092-922-7811(大宰府展示館)
※大宰府政庁跡から太宰府天満宮までは約3キロ。

 

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする