軍師官兵衛の居城 中津城

中津城大分県の史跡
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊・歴史旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、日本全国で1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、「車中泊ならではの歴史旅」という観点から作成しています。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
車中泊クルマ旅で、日本の歴史舞台を訪ねてまわる
クルマ旅の専門家が、大河ドラマや映画に描かれた日本の歴史舞台を車中泊でめぐる旅をご紹介。
スポンサード・リンク

「中津城」は、軍師・官兵衛の知略が結集した名城

中津城のロケーション

現代の中津の名物は、お城よりやっぱりコレかな(笑)。さすがの歴女・歴男も、美味しいモノには敵わない。

ご承知の通り、大分県中津市は「からあげの聖地」として、日本唐揚協会から認定を受けている。

たしかに町を歩けば、あちこちに唐揚げ専門店があるのだが、その話はグルメのコーナーで、おいおい話すとしよう。

ところで、中津がどこにあるかをご存知だろうか?

中津市街

福岡との県境に近く、周防灘にポコンとはみ出すかたちの国東半島をはさんで、ちょうど別府と対称になるあたりに位置する中津市は、耶馬溪から流れ出た山国川の河口に広がる。

中津城

豊臣秀吉の九州平定により、この地を拝領した黒田勘兵衛(如水)は、その立地に着目し、ここに自らの居城を築くことを決意した。

高さ23メートル・5階5層の天守閣と、2階2層の櫓からなる中津城は、堀に海水を引いており、今治城・高松城と並ぶ日本三大水城の一つに数えられている。

中津城の見どころ

中津城の石垣

正確には黒田官兵衛が築城し、細川忠興が完成させたとされる中津城の見どころは、一般的にはこの断層のようになった石垣と云われている。勘兵衛が築いた石垣はロゴのある右側だ。

左の石垣に見られるように、この時代はまだ自然石を使う「野面積み」が当り前だったにもかかわらず、驚いたことに官兵衛は、四角に加工された石を利用して石垣を築いている。

これらの石は、もともと7世紀の古代遺跡とされる「唐原(とうばる)山城」にあったものを転用しているそうだが、なぜその時代に石が加工できたかは未だに不明のまま。

解明できているのは、唐原山城が石垣で区画された神籠石式山城(こうごいししきやましろ)のひとつで、記紀にも記載がなく、遺構でしかその存在を確認できない謎の山城だということ。

さすがの官兵衛も、その歴史的価値には気づかず、築城の効率を求めて古代の石垣を利用したのだろう。

それよりも、筆者が見てほしいのは、この景色。

官兵衛が中津城をわざわざ河口に築いた理由は、「情報戦で優位に立つ」という戦略と、そのために「海路」を活用するという戦術にあった。

ゆえに築城と同時に、大坂の情報を船をリレーして伝えさせる仕組みを構築している。

そのおかげで、3日後には城内で上方の様子を掌握していたというから驚きだ。

黒田官兵衛という男の才能は、戦略に戦術がピタッと合致している点に集約される。

例えば、籠城してなかなか敵が落ちないと見るや、近くの村を襲わせ、村民を生かしたまま城内へ匿わせるようにしむける。そうすると城内の食い扶持が増え、兵糧が早く尽きていくことになるわけだ。

なお中津城の入口付近には、そんな官兵衛のプロフィールを教えてくれる「黒田官兵衛資料館」が今も残されている。

放映されているVTRと、展示パネル、パンフレットのいずれをとっても、官兵衛のどこが優れているかを、単純明快に表現できているのが素晴らしい。

しかも入場は無料。大河ドラマ「軍師官兵衛」を見ていた人には、絶賛お勧めのスポットだと思う。

江戸時代の中津城

さて、ここからは「After黒田家」の話。

中津城の築城から約10年後に、関ヶ原の合戦が勃発する。

黒田家は息子の長政が東軍について活躍し、現在の福岡に加増移封されたため、代わって細川忠興が入城する。そう、あの明智光秀の娘・細川ガラシャの旦那様だ。

しかしその後、細川家は熊本城に転封され、小笠原家をはさんで、中津城主には徳川宗家と親戚関係にあたる、奥平家がおさまることになった。

法螺貝 長篠の戦い

奥平の名が知れ渡るきっかけとなったのは、織田・徳川連合軍が、武田軍を壊滅に追いやった「長篠の戦い」だ。

この激戦で、信長から最高武勲と讃えられたのが奥平家二代目の貞昌で、この時に「信」の一字を与えられ、以降、名を「信昌」と改名している。

奥平家の家系図

その後、信昌は家康の長女・亀姫を妻に迎え、徳川幕府創設に貢献。奥平家は譜代の名門の地位を確固たるものにした。

そのため、城内には奥平家ゆかりの品々が数多く展示されている。

白鳥鞘の鑓

写真は、家康から直々に拝領した、奥平家の家宝「白鳥鞘の鑓(やり)」。

穂先は源氏の弓の名手で頼朝の叔父にあたる、源為朝が使用した鏃(やじり)と伝えられている。

もともとは徳川家の家宝だったが、家康の曾孫にあたる当時六歳の奥平忠昌が、駿府で床に伏せた家康に初めて謁見した際に、この槍を所望し拝領したという。

分かるよ、その気持。誰でも孫は可愛いものだ(笑)。

中津城 アクセスマップ

グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
タイトルとURLをコピーしました