スポンサーリンク

”モダン”な京都のお花見スポット 蹴上インクライン

蹴上インクライン 京都市内
「正真正銘のプロ」がお届けする車中泊旅行ガイド
この記事は、車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、全国各地からセレクトした「クルマ旅にお勧めしたい100の旅先」の中のひとつです。
※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。
テーマはディスカヴァー・ジャパン 「日本クルマ旅先100選」
クルマ旅専門家・稲垣朝則がセレクトした、国内で車中泊クルマ旅にお勧めの「ベスト100エリア」をご紹介。

「水路と京都近代化の先駆け」で、都市景観100 選に選ばれた岡崎地区のランドマーク

インクライン

インクラインというのは、水運で使われた舟を、斜面に軌道を作って昇降運搬する装置のことだが、

京都に水運・給水・灌漑(かんがい)・発電などの目的で、琵琶湖の水を人工的に引き込んだ水路(琵琶湖疏水)があることをご存知だろうか。

琵琶湖疏水記念館

幕末の攘夷派と佐幕派の争いで荒廃した京都は、明治30年代になってもまだ上水道や満足な下水道がなかったため、飲料水が汚染され、伝染病が流行するなど、まちづくりの課題が急務だった。

そこで大規模な治水事業として、琵琶湖疏水が作られることになる。

インクライン

琵琶湖疎水上を運行してきた舟は、落差の大きい蹴上に入ると、インクラインで水から引き上げられ、南禅寺舟場まで運搬されていた。

ちなみにその計画に携わったのは、西郷隆盛の長男で2代目京都市長を務めた西郷菊次郎。

西郷どんが奄美大島に流された時に結ばれた、愛加那との間にできた息子だ。

蹴上インクライン

昭和23年に務めを終えた、全長582メートルに及ぶ世界最長のインクラインは、現在線路のみが残され、両脇には90本のソメイヨシノが植えられている。

アクセスは、京都市営地下鉄東西線の「蹴上駅」から徒歩3分。筆者が京都市内観光のベスト車中泊スポットに挙げている、キョウテク京阪三条駅パーキングにクルマを置き、そこから地下鉄に乗れば2駅目だが、ここへはクルマで行くほうが、その後の行動を考えるといいかもしれない。

というわけで、最寄りの駐車場情報を。

まずは市営の岡崎公園駐車場だが、残念ながら地下なので車高2.3メートル以上の車両は入庫できない。

今昔・平安神宮前パーキング

ハイルーフ車にお勧めなのは、平安神宮の神通道と仁王門通りの交差点近くにある、平面の「今昔・平安神宮前パーキング」だ。

トイレはないが、すぐそばに24時間営業のセブンイレブンがあり、ライトアップ後、車中泊することも可能だ。

料金は全日30分200円・平日日中最大料金1100円、夜間(20時~翌日8時)までは曜日にかかわらず600円と良心的。すぐ近くの「タイムズ平安神宮前」は30分で330円取られる。

ちなみに岡崎公園営駐車場の料金は、最初の1時間まで510円。以降30分ごとに210円。インクラインしか見ないのなら1時間もかからない。

今度は周辺の見どころについて。

岡崎公園

さきほど紹介した「今昔・平安神宮前パーキング」前の景観。

インクラインから疎水沿いに続く仁王門通りから見えているのは、京都市動物園の桜だ。

岡崎公園

「水路と京都近代化の先駆け」を基軸に掲げ、都市景観100 選に選ばれている岡崎地区は、古都京都のイメージとは異質の大きな建物が目立つ、広々とした空間で、クルマも走りやすい。

その景観を理解するうえで重要なのが平安神宮だ。

平安神宮 神通道

桓武天皇が唐の首都長安を参考に築いた当時の都の姿が、実はこの地に再現されている。

平安神宮

平安京大内裏の正庁を模した応天門など、朱塗りの建築が映える平安神宮は、平安遷都1100年祭(1895年・明治28)時に建立され、桓武、孝明の両天皇を祀っている。

毎年10月22日に催される華やかな時代祭は、この平安神宮の行事だ。

平安神宮 神苑

境内は桜の木が少ないが、東、中、西、南の4苑に別れた池泉回遊式庭園の神苑(有料)には、池に映り込む美しい枝垂れ桜があり、毎年ライトアップとともに「平安神宮紅しだれコンサート」が開催される。

平安神宮オフィシャルサイト

「徒歩でも使える」グーグルナビに早変わり!
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」の文字をタップし、続けて画面下の経路をタップ、さらに画面上の「出発地を入力」の欄をタップして「現在地」を選択し、一番下の開始をタップすれば、画面がそのままグーグルナビに切り替わります。
タイトルとURLをコピーしました