スポンサーリンク

車中泊の達人

エッセイ
車中泊の達人
この話は、「クルマ旅専門家」・稲垣朝則が、20年以上に及ぶキャリアを通じて、思い浮かんだことをエッセイに仕立てた記事のひとつです。
旅の空から
クルマ旅専門家・稲垣朝則が、車中泊の取材旅で書き残した忘備録と、旅で思い浮かんだ出来事を綴ったエッセイ集。

達人が存在するのは、「車中泊」ではなくオートキャンプやクルマ旅の世界

北海道でロケをした筆者たちのクルマ旅の様子が、昨日(2014年8月1日)の読売テレビ「かんさい情報ネットten!」で放映された。

企画は「特集・車中泊にリゾート気分!お手軽に進化!最新アウトドア事情」というもので、他には伊勢志摩のオートキャンプ場にあるゴージャスなコテージと、滋賀県でのキャニオニングが組み込まれた構成である。

車中泊

そもそも車中泊というのは多面性を持つ宿泊手段で、2.3分の枠内で到底説明できるものではない。

それもあって、今回はテレビ局側の意向に合わすかたちで、淡々と「モデル業」をこなしてきた。ゆえに放映された内容については特に不満はないのだが…

番組で流れた「車中泊の達人」という紹介が気になった。

何度も書いているとおり、車中泊は「クルマ旅の宿泊手段のひとつ」で、「クルマの中で寝るだけの行為」にすぎない。ゆえに本来は難しいことは何ひとつなく、ましてやフル装備されたキャンピングカーを使えば、買った翌日から誰もが「車中泊の達人」になれる(笑)。

車中泊

マスコミは車中泊の達人に、「クルマの中で快適に眠るためのテクニック」のようなものを期待しているかもしれないが、車検がきちんと通る方法でのノウハウは既に確立されており、10年以上も前から多くのホームページや雑誌で紹介されている。

いまさらそれを「テクニック」と呼ぶこと自体がおこがましくて、還暦を過ぎた筆者には、もうバカバカしくてできない(笑)。

つまり、そんな薄っぺらい世界に「達人」が存在するわけはなく、無理に仕立てあげようとするから、話がおかしくなるのだ。

もし筆者が「達人」であるとしたら…

オートキャンプ

それは「リアル・オートキャンプ」と「クルマ旅」においてでだ。車中泊はそれに付随するひとつの要素にすぎない。

環境や状況に応じて最適といえる食事や滞在方法を選択し、かつ快適さを引き出すことは容易じゃない。まして、数多あるキャンピングギアを知ったうえで、そこそこ使いこなせるようになるには、かなりの投資と時間が必要だ。

キャンピングギア

筆者は既に20年以上そのことに人生を費やしてきた。経験値を高めるには、キャンプ用品メーカーに勤めるか、そうする以外に方法がないからだ。

キャンプ

例えば、テントやシェルターを張る場所を見れば、その人のキャンプ経験値が分かる。達人レベルにある人は、晴れていても水が流れこむような「低地」は選ばない。

北山崎

旅も同じだ。

「るるぶ」や「まっぷる」に出ている観光地には行きたくもないと嘯いてみたところで、いざ人前に立てば、その発言に深みがないことはすぐに分かる。

近頃は「でたとこ勝負」みたいな旅番組をよく見かけるが、旅には「お金」がかかるわけで、庶民の場合はそれが経費ではなく身銭だ。

バブルの頃なら話はわかるが、将来の不安に苛まれるファミリーやシルバー層に、そんなことをするために貴重な遊びの軍資金を使う、気持ちの余裕があるとは思えない。

世界遺産 厳島神社

過去に旅行誌が、手を変え、品を変えて紹介し続けてきた場所には、それなりの魅力と理由がある。

ゆえに流行っているのは、旅を「ネタ」にしたバラエティー番組であって、王道の旅番組とはまったくの別物だと筆者は思っている。

筆者も「独自性」が大事であることに異論はない。

だが、それがどれだけ素晴らしいのか、あるいは面白いのかを測る「ものさし」が自分の中になければ、それを人に伝えることは難しい。
しかもその「ものさし」は、一度や二度日本を駆け足でまわったくらいでは身につかない。

精度の高い「ものさし」なしで語る「独自性」に、どれだけの信ぴょう性があるというのか…

アフィリエイト目的のブロガーの中には、「車中泊」のごとき小さなマーケットなら、コンテンツの希薄さをSEOでカバーできると勘違いしている人もいるようだが、それは読者を冒涜する行為にほかならない。

感性

最後に、もうひとつ。

「感性」も達人には不可欠だ。誰もが見慣れた景色でさえ、感性次第でストーリー性のある違う景色に仕立てられる。

写真は今や富良野の代名詞となったファーム富田だが、その最高に美しい景観を見るにはどうすればいいのか…

そういうことを考える人間が、やがては達人の領域に到達する。加えて、そのファーム富田を「どう紹介するか」… そこに、その人の旅の経験値が反映されているはずだ。

タイトルとURLをコピーしました