RVパークの「使い勝手」は、正直云ってどうなの?

RVパーク エッセイ
この話は、「クルマ旅専門家」・稲垣朝則が、20年以上に及ぶキャリアを通じて、思い浮かんだことをエッセイに仕立てた記事のひとつです。
旅の空から 全国編
クルマ旅専門家・稲垣朝則が、車中泊の取材旅で書き残した忘備録と、旅でのエピソードを綴ったエッセイを収録しています。

車外での調理や食事は原則禁止

RVパークとは、日本RV協会が車中泊旅行者に、『快適に安心して車中泊ができる場所』を提供するために認定している、車中泊専用有料駐車場のこと。

2019年3月時点の提携施設数は、全国で123件となっている。

RVパーク 施設一覧

RVパークは、道の駅やリゾートホテル、あるいは日帰り温泉施設といった、さまざまな業種業態の駐車場の一画に設けられているのだが、現時点では「車中泊が公認されている駐車場」というレベルを大きく上回るものではないし、中には「ええ、ここなの?」というところがないわけでもない。

RVパーク山鹿温泉

写真は熊本県の人気温泉地のひとつ、山鹿温泉にあるRVパークで、緑のラインで囲まれた2台分の区画を、隣のハイエースのようにゆったり1台で利用できるようにしてある。

「パーク」とは公園ではなく、駐車場という意味なので、こういう施設も中にはある(笑)。ちなみに料金は高さ220cmまでの小中型車なら1泊1000円、それ以上は2300円だ。

RVパーク ねやフィッシングパーク太公望

いっぽう、こちらは石川県の能登島にある「RVパーク ねやフィッシングパーク太公望」。ほとんどオートキャンプ場に近いレイアウトで、当然休日はいつもほぼ満車の活況だ。

なぜなら、ここは電源を使用しなければ無料で泊まれる(笑)。ただし、駐車場では料理・食事ともに禁止。

Oh my God!!

筆者はこれまで、佐賀県の「RVパーク有田温泉」・山口県の」RVパーク道の駅阿武町」・奈良県の「RVパークロマントピア月ヶ瀬」・栃木県の「RVパーク那須塩原エヅリン」、そして北海道の「RVパーク知床清里町ウエネウサルみどり」で、実際に車中泊をしてきたほか、さらに10件以上のRVパークを見学に訪れているが、いずれも駐車場での調理・食事を禁じている。

RVパーク道の駅阿武町

区画内ではサイドオーニングを伸ばし、テーブルとイスを出してもかまわないとはいえ、そこで調理や食事ができないのなら、実質的には道の駅と変わらない。

しいて違いを挙げるとしたら、電源設備があることだろう。

RVパークの電源設備

基本的に電源の利用は別途料金になるが、料金は施設ごとに異なり、場合によってはキャンプ場のほうが安いこともある。

ちなみに、この機械が設置されているRVパークの電源使用料金は100円/1時間。サブバッテリーに充電したい場合は、1000円でも到底おぼつかない「破格」の料金設定には驚いた(笑)。

くるま旅クラブ会員カード

そして何よりRVパークは、年会費を払って「くるま旅クラブ」の会員にならなければ利用できないところが大半だ。

ただ、それでも京都のような観光都市の有料駐車場に泊まるなら、トイレがあって電源が使えるうえに、ゴミの廃棄までできるRVパークは、「利便性の高い施設」といえなくはない。

最後に。

キャンピングカー

そもそもRVパークは、「くるま旅クラブ」の実質運営母体のRV協会自体が、キャンピングカーディーラーの組合的な組織であるため、基本的にはキャンピングカー、それもどちらかといえば、バスコンやキャブコンを意識したものである感は拭えない。

画像出典:フジテレビ

「避難のための車中泊」で記しているが、これからの日本は災害時の避難方法として、車中泊を選択する人が増えると予想されている。

ということは「今日本でいちばん売れているコンパクトで低燃費のサポカー」で車中泊をする人が増えるということだ。

であれば、彼らにとって必要なのは、車外で自炊と食事ができる施設だろう。

その意味からすると、今のRVパークは「乗用車の車中泊旅行者」にとっては、「一番したいことができない有料施設」ともいえる。

大間崎テントサイト

キャンピングカーとミニバン車中泊の「両生類」とも云える筆者は(笑)、RVパークの恩恵に授かれなくもないが、「乗用車の車中泊旅行者」が望みたいのは、こういうリアル・オートキャンプ場だ。そしてそれは「理想の車中泊避難所」そのものでもある。

地方に作れば、ライダーやチャリダー、さらにバックパッカーも、こぞってやってくるに違いない。

タイトルとURLをコピーしました