RVパークVISON 車中泊好適度をクルマ旅のプロがチェック! 2023年12月

RVパークVISON 三重県のお勧め車中泊スポット

車中泊旅行歴25年のクルマ旅専門家がまとめた、2023年12月時点の「RVパークVISON」の車中泊に関する記述です。

「正真正銘のプロ」がお届けする、リアル車中泊スポットガイド

車中泊

この記事は車中泊関連の書籍を10冊以上執筆し、1000泊を超える車中泊を重ねてきた「クルマ旅専門家・稲垣朝則」が、現地取材を元に「車中泊旅行における宿泊場所としての好適性」という観点から作成しています。

※ただし取材から時間が経過し、当時と状況が異なる場合がありますことをご容赦ください。

スポンサード・リンク

 

~ここから本編が始まります。~

日帰り入浴施設を併設する巨大リゾート施設・ヴィソンの一画にある「RVパークVISON」は、伊勢志摩リピーターにイチオシの車中泊スポット。

ヴィソン

RVパークVISON DATA

RVパークVISON
〒519-2170
三重県多気郡多気町ヴィソン672番1 本草1

☎0598-39-3900(車中泊予約係)
受付時間:9時~23時

「RVパークVISON」の筆者の歴訪記録

※記録が残る2008年以降の取材日と訪問回数をご紹介。

2023.12.11

※「RVパークVISON」での現地調査は2023年12月が最新です。

RVパークVISON

RVパークVISON

「RVパークVISON」のロケーション

RVパークVISON」の車中泊好適度

RVパークVISON」の詳細

「ヴィソン」の見どころ・食べどころ

無添加商店 尾粂(おくめ)

AT CHEF MUSEUM

アウトドアショップ Orange

マルシェ ヴィソン

RVパークVISON」の
お風呂&周辺買物施設

RVパークVISON」の
アクセスマップ

必要なものが勢揃い! 楽天市場の「車中泊グッズ」大特集 
スポンサード・リンク

 

RVパークVISON」のロケーション

RVパークVISON

2021年7月にオープンした、東京ドーム24個分の敷地を誇る「ヴィソン」は、敷地のみならず構想も内容も壮大で、実に様々な切り口がある。

VISON

そのため、ついつい魅力的な商業施設から紹介したくなるのだが(笑)、説明の入口を間違うと、本当に伝えたいことがボヤケてしまいそうに思える。

そこで当記事では、伊勢志摩観光時の車中泊スポットとしてみた「ヴィソン」の魅力から、話を進めていくことにしよう。

まず「ヴィソン」があるのは、「伊勢自動車道・勢和多気ジャンクション」のすぐ近くで、専用のスマートインターが用意されており、伊勢神宮の「内宮」から高速道路を利用すれば、約25キロ・20分ほどで到着できる。

二見ヶ浦

そのため、朝から伊勢神宮の「内宮」「外宮」と、夫婦岩で有名な「二見ヶ浦」を見たあと、昼過ぎに「ヴィソン」に移動して、ショッピングや、少し遅めの昼食を食べたり、カフェでのんびり寛ぎながら、リゾート気分を満喫することが可能だ。

VISON

特に伊勢志摩を旅したことがある人なら、「伊勢神宮」と「ヴィソン」の2ヶ所だけで、1泊2日をゆったりと過ごすのは、かなり斬新な旅に感じると思う。

その意味で「ヴィソン」での車中泊は、”伊勢志摩リピーター”向けと云えるだろう。

なお「ヴィソン」から志摩方面に行くには、一度伊勢に出たほうがスムーズだが、尾鷲・熊野方面には「紀勢自動車道」が通じており、スムーズに移動できる。

そのため、「ヴィソン」で食事と入浴を済ませた後、「道の駅 奥伊勢おおだい」で車中泊をする方法もある。

RVパークVISON」の車中泊好適度

RVパークに指定されているのは、「ヴィソン」の中でもっとも標高が高い場所にあるマップの「P8」で、日帰り入浴施設「本草湯」の近くだ。

ヴィソン

レストランやショップの並ぶゾーンまでは、「本草湯」の横にある屋外エスカレーターでアクセスすることができる。

RVパークVISON

「RVパークVISON」最大の特徴は、プライベートサイトとオープンサイトにある。

両者は事実上、車中泊限定の「高規格オートキャンプ場」で、区画内ではサイドオーニングが出せるだけでなく、BBQや焚き火まで可能だ。

RVパークVISON

こちらがサイドオーニングが展開できる、プライベートサイト。

ここではキャンピングカーでなくても、このような使い方が可能だ。

いっぽうこちらが、隣との間に仕切りのないオープンサイト。

バックドアキッチン

オープンサイトにはサイドオーニング用のスペースはないが、このようにバックドア下を利用することができる。

料金はプライベートサイトが5000円~7000円、オープンサイトは4000円~6000円とRVパークにしては高価だが、キャンプ場と思えば電源代込みでこの価格なら、筆者は納得できる。

RVパークVISON トイレ

ちなみに開業当初は「P8」の敷地内にトイレはなかったが、2023年12月に「本草湯」からいちばん遠い、プライベートサイトの18.19番の裏に完成している。

トイレの近くがいい人は、予約時にその旨を伝えた方がいいだろう。

RVパークVISON

なお「P8」は一般の駐車場も兼ねており、このクルマが停まっているスペースがフリーサイトで3000円~4000円になる。

ただ電源なしでこの料金は、明らかに高いと思う。

もしここしか空きがないのなら、筆者は前述した「道の駅 奥伊勢おおだい」まで移動して車中泊をする。

RVパークVISONの詳細

チェックイン:15時~23時
チェックアウト:~11時

●利用料金(税込)
プライベートサイト:5,000円~7,000円
オープンサイト:4,000円~6,000円
フリーサイト:3,000円~4,000円
※各サイトの詳細画像ページはこちら。

●トイレ:あり
※2023年12月16日より、RVパーク内に新設トイレ設置
●ダンプステーション:無料
●ごみ処理:有料
ゴミ処分費:45L指定ゴミ袋500円/1枚
●炊事場:無料

●電源:無料(電源20A✕2口)
※ただしプライベートサイト、オープンサイトのみで、フリーサイトはなし
●発電機:夜21時まで利用可

●ペット同伴:可 (要リード)
●Wi-Fi:無料

ネット予約ページはこちら

「VISON」の見どころ・食べどころ

ヴィソン

さて。

漢字で「美村」書く「ヴィソン」は、住所を見ればわかるように、奈良県の「明日香村」のような”市町村名”にもなっている。

というのは…

「ヴィソン」は単なる商業リゾート施設でなく、内閣府が進める国家戦略施策の「スーパーシティ特区」として、地域・事業者・国が一体となって様々な課題を解決するための取り組みを行っており、その壮大なコンセプトを背景に構成された魅力は、以下の動画を見るのが一番よく分かるし、これには天下の「星野リゾート」も、さすがにビックリしたに違いない(笑)。

ここからは筆者の印象に残ったお店をご紹介。もちろん全部は周れていない。

無添加商店 尾粂(おくめ)

無添加商店 尾粂(おくめ)

ミシュラン三つ星店からも愛される、明治4年創業の築地魚河岸「尾粂(おくめ)」の東海地方1号店。

無添加商店 尾粂(おくめ)

ダシにこだわったユニークな専門店で、珍しい試飲ができる。

自慢は世界初のオーダーメイドのだしパック(特許出願済)で、店内に用意された24種類の昆布や魚介から好みの素材を自由に選び、その場で配合→粉砕→充填して、「世界にひとつだけの○○家のだしパック」を作ってもらえる。

無添加商店 尾粂(おくめ)

人気は店内の無添加食材や調味料を使用した和定食が食べられる食事処で、ランチタイムは長蛇の列ができていた。

ここは、魚を焼くいい匂いに釣られるね。

AT CHEF MUSEUM

AT CHEF MUSEUM

アットシェフは、料理を作品に見立てた「食の美術館(フードコート)」で、和ヴィソンのダイニングホールを、2023年7月にリニューアルして誕生した。

ヴィソン

「ミシュラン」の星を持つシェフ7名を含む、全国の有名料理人18名が監修した料理が1品700円で味わえ、メニューは和洋中からスイーツまでバリエーションに富んでいる。

AT CHEF MUSEUM

ここでのお勧めは3枚2000円の”ちょっとお得なチケット”で、女性ならそこそこ満腹気分になれる量が食べられる。

AT CHEF MUSEUM

夫婦で都合6品注文した中で、もっとも印象に残ったのは、東京の神宮外苑前にあるベトナム料理店〈Ăn Đi(アンディ)〉の、内藤千博シェフによる「三重県産めかぶとあおさ海苔のグリーンカレー」だった。

海藻とハーブとスパイスの香りがうまく調和し、上品でほどよい辛さに仕上げられた、まさに”シェフの料理”という気がした。

ヴィソン

次点は「賛否両論」の笠原将弘シェフによる、三重県産の鶏ミンチを使用したそぼろと、炒り玉子を使った「鶏そぼろ丼」。

京料理かと思うほどの薄味ながら、まろやかな味わいが糸を引くのは、隠し味に豆乳を使用しているおかげのようだ。

ちなみに笠原シェフは、ヴィソンの本草湯の中に「笠庵」という店を構えている。

紹介した2品はボリュームもそこそこあり、フードコートのランチメニューという点にも配慮がなされている点も見逃せない。

AT CHEF MUSEUM

ただ… アットシェフの残念な点は、紙皿を使っていたことだ。

器の質感が料理を貶めているのは明らかで、コスト計算が料理を美味しく感じさせることより優先されるようでは、真の「食の美術館」とはいえまい。

またフードコートで水が有料というのも”常識外れ”。紙コップ1杯50円とはいえ、ここはそれに慣れたインバウンド向けの店ではないと思うし、そこまでコストカットを徹底されると興ざめする。

アウトドアショップ Orange

アウトドアショップ Orange

「オレンジ」は、和歌山県に本社がある関西屈指のアウトドアショップで、国内外の定番商品からガレージブランドまで、アウトドア用品が店内狭しと並んでいる。

ノースフェイスはもちろんチャムスなどのアパレルも充実しており、キャンプ好きならここで存分に時間を過ごせる。

マルシェ ヴィソン

マルシェ ヴィソン

朝採れ野菜のほかに、果実、松阪牛、伊勢海老や鮑(あわび)などの魚介など、三重周辺の新鮮な海の幸・山の幸を提供する店舗が集合した、豪華ラインナップの産直市場が「マルシェヴィソン」だ。

ヴィソン

「RVパークVISON」は、外部からの食材の持ち込みが禁止になっているが、値段さえ気にしなければ、必要なものはここで全部揃うと云っても過言ではない(笑)。

RVパークVISON」のお風呂&周辺買物施設

ヴィソン 本草湯

本草湯
RVパークから徒歩1.2分
☎0598-39-3900
大人800円
6時~24時

ヴィソン 駐車場割引券

「本草湯」の利用者は、2時間の無料駐車券がもらえる。

コンビニ
ローソンまで約2キロ

スーパーマーケット
「マックスバリュ多気店」まで約8キロ

「RVパークVISON」のアクセスマップ

マップをグーグルナビに切り替える方法
スマートフォンでご覧の方は、「拡大地図を表示」をタップし、画面が切り替わったら下の「ナビ開始」をタップするとナビゲーションが始まります。 高速道路か国道にするかを選びたい場合は、「ナビ開始」ボタンの左にある「経路」をタップすると表示されます。
普通車で電子レンジも冷蔵庫も使える、現代の車中泊に最適なポータブル電源は、EcoFlow RIVER 2 Pro!
スポンサード・リンク

 

伊勢神宮 車中泊参拝ガイド

車中泊で行く伊勢神宮

※記事はすべて外部リンクではなく、オリジナルの書き下ろしです。

おはらい町
日本人によく分かる「お伊勢参りの話」
伊勢神宮参拝時の留意点と外宮・内宮の見方・見どころをご紹介。
外宮
伊勢神宮最大の謎は外宮の存在。「豊受大神」の実像とは? 
伊勢神宮の「外宮」に祀られている「豊受大神」のルーツを詳しくご紹介。
伊勢神宮
大人の伊勢神宮との向き合い方
「考古学」と「歴史学」から見た、伊勢神宮の創建にまつわるお話です。
おかげ横丁
「おはらい町」と「おかげ横丁」の歴史と、お勧めのソウルフードをご紹介。
赤福本店
赤福本店 ”行く前に知っておきたい”いい話
「おはらい町通り」にある「赤福本店」の食レポと、その知られざる秘話をご紹介。
伊勢神宮の市営駐車場の詳細と個別車中泊事情
伊勢神宮周辺の市営駐車場とその車中泊事情を個別に詳しくご紹介。
伊勢神宮 B4駐車場
伊勢神宮参拝に使える車中泊スポット7選
伊勢神宮参拝の「前泊」と「後泊」に適した、7つの車中泊スポットを一挙公開。

伊勢志摩 車中泊旅行ガイド

車中泊で旅する伊勢志摩

車中泊で旅する伊勢志摩
最新情報満載! 伊勢志摩 車中泊旅行ガイド
松坂・伊勢・二見浦・鳥羽そして志摩半島をめぐる車中泊旅行ガイドのトップページです。
おはらい町
日本人によく分かる「お伊勢参りの話」
伊勢神宮参拝時の留意点と外宮・内宮の見方・見どころをご紹介。
おかげ横丁
伊勢神宮の「おはらい町」と「おかげ横丁」の見どころ
伊勢神宮「内宮」の門前町の見どころと食べどころをご紹介。
伊勢神宮 B4駐車場
伊勢神宮の参拝に利用できる車中泊スポット6選
伊勢神宮参拝の「前泊」と「後泊」に適した6つの車中泊スポットを一挙公開。
二見浦 夫婦岩
伊勢の二見浦の見どころ・アクセス・駐車場&車中泊事情
伊勢神宮にゆかりの深い、二見浦興玉神社と夫婦岩に関する記述です。
鳥羽の見どころと、クルマ旅での活かし方
二見浦から近い鳥羽の見どころと、関東方面からショートカットできるアクセスルートをご紹介。
鳥羽水族館 ラッコ
鳥羽水族館の”推し”は、ラッコとジュゴン。
希少海洋動物のラッコとジュゴンが見られる、鳥羽水族館を詳しくご紹介。
ともやま公園 桐垣展望台
クルマでめぐる志摩半島の見どころ
クルマでめぐる志摩半島の見どころを詳しくご紹介。
横山展望台
志摩半島のベスト絶景スポット「横山展望台」 リアルアクセスガイド
志摩半島屈指の絶景を誇る「横山展望台」への、マイカーアクセスを含めた、実戦に基づくリアルな観光情報です。
的矢かきテラス
伊勢志摩の絶品グルメに舌鼓! 的矢かきテラス(佐藤養殖場)
三重ブランド「的矢かき」が食べられる佐藤養殖場直営店「的矢かきテラス」の食レポです。
松阪城下町 中高年車中泊旅行者のための半日観光ガイド
冬の伊勢参りに抱き合わせたい松坂市内の見どころをご紹介。
松阪・伊勢・志摩半島 関連記事一覧
松阪・伊勢・志摩半島 関連記事一覧
これまでに取材してきた松阪・伊勢・志摩半島に関するすべての記事の一覧です。
タイトルとURLをコピーしました